112件中 41 - 50件表示
  • 踊る!さんま御殿!!

    踊る!さんま御殿!!から見たラサール石井ラサール石井

    2012年1月31日放送分で、ラサール石井はバツアリ芸能人としてオファーを受けたが、収録直前に再婚をしたことを明らかにした。理由は、「孤独死をしたくなかった。」だった。この発言で受賞となった。その際、「ラサールさんには新婚ぽいものを送っておきます。」とナレーションが入った。踊る!さんま御殿!! フレッシュアイペディアより)

  • 踊る!さんま御殿!!

    踊る!さんま御殿!!から見た大岩賞介

    構成:大岩賞介 / 岩立良作、藤沢めぐみ、山田美保子、安達元一、小野高義、石塚祐介、久保貴義、坂田康子踊る!さんま御殿!! フレッシュアイペディアより)

  • 踊る!さんま御殿!!

    踊る!さんま御殿!!から見た福士睦

    ディレクター:福士睦、清水星人、三浦伸介、東井文太、栗原甚、浜田和宏、守屋隆広、小林正典、矢野昭彦、奥陽介、畑村陽平、藤村利晴踊る!さんま御殿!! フレッシュアイペディアより)

  • 踊る!さんま御殿!!

    踊る!さんま御殿!!から見た山本真純

    ナレーション:松本志のぶ・山本真純(共に当時日本テレビアナウンサー)、延友陽子(日本テレビアナウンサー)、新千恵子(森富美(日本テレビアナウンサー)が夏休み時の代理で担当)踊る!さんま御殿!! フレッシュアイペディアより)

  • 踊る!さんま御殿!!

    踊る!さんま御殿!!から見た宮崎哲弥

    自身も2度出演したとこのある評論家の宮崎哲弥は本番組について、司会のさんまが番組中に行う「ネタふり」に対して出演者(特に芸人)が過敏に反応し適切な対応ができなければ2度とオファーが来ないため、極めて緊張感の高い現場であると述べている。踊る!さんま御殿!! フレッシュアイペディアより)

  • 踊る!さんま御殿!!

    踊る!さんま御殿!!から見た秋野太作秋野 太作

    ゲストは若手・ベテラン、ジャンルを問わず幅広く出演している。また声優のように顔出しでテレビ出演する機会が少ない分野からの出演もある。このうち舞台を中心に活躍している個性派俳優がこの番組をきっかけにしてブレイクしたケースが多いことでも知られている。過去に、温水洋一、酒井敏也、伊藤俊人などがこの番組をきっかけにしてブレイクした。また、黒沢年雄、秋野太作、志垣太郎らベテラン俳優がバラエティで活躍するきっかけともなった。杉田かおるやWink活動停止後の相田翔子がバラエティにひっぱりだこになるきっかけも、この番組である。これらの事例から、若手タレントからは登龍門と例えられる。踊る!さんま御殿!! フレッシュアイペディアより)

  • 踊る!さんま御殿!!

    踊る!さんま御殿!!から見た桜田和之

    チーフプロデューサー:桜田和之(初代) → 安岡喜郎(2代目) → 菅賢治(3代目) → 大野彰作(4代目) → 竹内尊実(5代目)踊る!さんま御殿!! フレッシュアイペディアより)

  • 踊る!さんま御殿!!

    踊る!さんま御殿!!から見た松本志のぶ松本 志のぶ

    ナレーション:松本志のぶ・山本真純(共に当時日本テレビアナウンサー)、延友陽子(日本テレビアナウンサー)、新千恵子(森富美(日本テレビアナウンサー)が夏休み時の代理で担当)踊る!さんま御殿!! フレッシュアイペディアより)

  • 踊る!さんま御殿!!

    踊る!さんま御殿!!から見た小川通仁

    総合演出:小川通仁・伊藤慎一(共に日本テレビ)踊る!さんま御殿!! フレッシュアイペディアより)

  • 踊る!さんま御殿!!

    踊る!さんま御殿!!から見た吉川圭三

    スーパーバイザー:吉川圭三(2010年2月23日- 、1997年10月 - 2007年6月、2009年7月7日 - 2010年2月16日までは企画監修)踊る!さんま御殿!! フレッシュアイペディアより)

112件中 41 - 50件表示

「踊る!さんま御殿!!」のニューストピックワード