112件中 81 - 90件表示
  • 踊る!さんま御殿!!

    踊る!さんま御殿!!から見た裏番組

    番組自体は1999年頃から人気が安定し始め、視聴率も20%を超える回も出るようになった。現在は14 - 18%で概ね好調をキープしている。2013年2月19日放送の3時間スペシャルでは他局の裏番組を大きく引き離す19.5%の高視聴率を記録した。踊る!さんま御殿!! フレッシュアイペディアより)

  • 踊る!さんま御殿!!

    踊る!さんま御殿!!から見たパカパカ

    「ひとこと体験談募集中」のお知らせで、ナレーションが「採用された方には……」の直後に賞金5万円を意味する「5」が画面に現れ、その背景が白と黒で交互に点滅する演出(パカパカ技法)を行っていたが、2004年2月に民放連により使用が禁止されている表現であることが判明し、「5」だけが動く演出に変更された。踊る!さんま御殿!! フレッシュアイペディアより)

  • 踊る!さんま御殿!!

    踊る!さんま御殿!!から見たROCKETMAN SHOW!!

    ふかわりょうは「何か目立つもの」として、自身の名前が入った帽子が贈られたと自身のラジオ『ROCKETMAN SHOW!!』にて明かした。踊る!さんま御殿!! フレッシュアイペディアより)

  • 踊る!さんま御殿!!

    踊る!さんま御殿!!から見た行列のできる法律相談所

    2005年9月27日の3時間スペシャルには、『行列のできる法律相談所』、『ぐるぐるナインティナイン』、情報・報道・スポーツ番組(『おもいッきりテレビ』、『ザ・ワイド』、『真相報道 バンキシャ!』など)の出演者が参加。司会者同士の共演機会が少ない、さんまと島田紳助との共演(フジテレビの『FNS25時間テレビ』以来2ヶ月ぶり)、みのもんたとの共演(フジテレビの『27時間テレビ』以来3年2ヶ月ぶり)があった。踊る!さんま御殿!! フレッシュアイペディアより)

  • 踊る!さんま御殿!!

    踊る!さんま御殿!!から見た呪い

    岡村隆史はさんまに向かって「(さんまさんが)死なないかな」との発言で受賞したことから、「賞状とワラ人形と呪いの本と釘が送られてきた」と『ナインティナインのオールナイトニッポン』で報告した。踊る!さんま御殿!! フレッシュアイペディアより)

  • 踊る!さんま御殿!!

    踊る!さんま御殿!!から見た午後は○○おもいッきりテレビ

    2005年9月27日の3時間スペシャルには、『行列のできる法律相談所』、『ぐるぐるナインティナイン』、情報・報道・スポーツ番組(『おもいッきりテレビ』、『ザ・ワイド』、『真相報道 バンキシャ!』など)の出演者が参加。司会者同士の共演機会が少ない、さんまと島田紳助との共演(フジテレビの『FNS25時間テレビ』以来2ヶ月ぶり)、みのもんたとの共演(フジテレビの『27時間テレビ』以来3年2ヶ月ぶり)があった。踊る!さんま御殿!! フレッシュアイペディアより)

  • 踊る!さんま御殿!!

    踊る!さんま御殿!!から見たさんま・所のオシャベリの殿堂

    元々は、同局で放送されていた同じくさんま司会のトークバラエティ番組『恋のから騒ぎ』の芸能人版というコンセプトで当番組がスタートした。番組タイトル名の「踊る!」は以前、同局で放送されていた、さんまと所ジョージ司会のトークバラエティ番組『さんま・所のオシャベリの殿堂』で、さんまのしゃべる様子を所が「さんちゃんのトークは、いつも踊ってるねぇ〜」と表現したことに由来する。踊る!さんま御殿!! フレッシュアイペディアより)

  • 踊る!さんま御殿!!

    踊る!さんま御殿!!から見たNTSC

    2009年10月からは当番組の前に放送されている『SUPER SURPRISE』→『火曜サプライズ』が放送時間を2分短縮する関係から、19:56放送開始となった。現在は字幕放送であるが、開始当初はリアルタイム字幕放送を採用し、字幕は音声認識で表示されていた。また、司会の明石家さんまの声のみ黄色の字幕で表示される。一部系列局では再放送を土日昼間を中心に行っている。2010年4月27日放送分から地上アナログ放送では画角16:9のレターボックス放送に移行した。踊る!さんま御殿!! フレッシュアイペディアより)

  • 踊る!さんま御殿!!

    踊る!さんま御殿!!から見た声優

    ゲストは若手・ベテラン、ジャンルを問わず幅広く出演している。また声優のように顔出しでテレビ出演する機会が少ない分野からの出演もある。このうち舞台を中心に活躍している個性派俳優がこの番組をきっかけにしてブレイクしたケースが多いことでも知られている。過去に、温水洋一、酒井敏也、伊藤俊人などがこの番組をきっかけにしてブレイクした。また、黒沢年雄、秋野太作、志垣太郎らベテラン俳優がバラエティで活躍するきっかけともなった。杉田かおるやWink活動停止後の相田翔子がバラエティにひっぱりだこになるきっかけも、この番組である。これらの事例から、若手タレントからは登龍門と例えられる。踊る!さんま御殿!! フレッシュアイペディアより)

  • 踊る!さんま御殿!!

    踊る!さんま御殿!!から見た火曜サプライズ

    2009年10月からは当番組の前に放送されている『SUPER SURPRISE』→『火曜サプライズ』が放送時間を2分短縮する関係から、19:56放送開始となった。現在は字幕放送であるが、開始当初はリアルタイム字幕放送を採用し、字幕は音声認識で表示されていた。また、司会の明石家さんまの声のみ黄色の字幕で表示される。一部系列局では再放送を土日昼間を中心に行っている。2010年4月27日放送分から地上アナログ放送では画角16:9のレターボックス放送に移行した。踊る!さんま御殿!! フレッシュアイペディアより)

112件中 81 - 90件表示

「踊る!さんま御殿!!」のニューストピックワード