34件中 11 - 20件表示
  • マウロ・ゴメス

    マウロ・ゴメスから見た車上狙い車上狙い

    は春季キャンプに先立ち1月25日に日本到着の予定であったが、その出発前、ドミニカの自宅駐車場に停めていた自家用車が車上狙いに遭い、車内に置いていたパスポートやビザを入れたバッグが盗まれた。阪神球団の渉外担当がドミニカへ渡ってパスポートやビザの再発給を手配し、2月8日にキャンプへ合流したが、2年連続でのキャンプ遅刻となった。公式戦には開幕から4番・一塁手として出場。4月21日の対DeNA戦(横浜スタジアム)では、来日後最長の5試合連続打点を記録した。しかしシーズンを通じて好不調の波が激しく、レギュラーシーズン全143試合に出場しながら17本塁打・72打点・打率.271で終了。特に13試合に出場した東京ドームでの対巨人戦の成績は打率.188・本塁打0・打点0にとどまった。不振の中にあった9月2日の対広島東洋カープ戦(甲子園)では、試合前のフリー打撃練習中に、気分転換のつもりで私物のドローンを操作し、グラウンド上の選手・コーチや報道関係者の至近距離をおよそ10分にわたって飛ばすという一件があった。人物や施設への損害はなかったが、当時日本各地でドローンの無断飛行が問題になっていたことを背景に、周辺が住宅街である甲子園で、練習中に飛ばしたことを問題視した阪神球団から厳重注意を受けた。この試合では4番・一塁手としてスタメン起用されたが4打数無安打3三振で、翌9月3日の同カードで来日後初めて4番から5番に降格した。チームのレギュラーシーズン3位で臨んだ巨人とのクライマックスシリーズ ファーストステージでは、第2戦(10月11日)の1回表に菅野智之から2点本塁打を放ち、東京ドームでこの年自身唯一の打点を記録。続くマット・マートンも菅野からソロ本塁打を放ったため、外国人選手だけによるNPBポストシーズン史上初の2者連続本塁打となった。シリーズ終了後の12月4日、球団は契約2年目の選択権を行使し、残留させることを発表した。マウロ・ゴメス フレッシュアイペディアより)

  • 怒羅権

    怒羅権から見た車上狙い車上狙い

    中国人の経営する店へみかじめ料を要求して刃物で恫喝、パチンコの裏ロム、ハイウェイカードやクレジットカードの偽造、振り込め詐欺、偽装結婚や不法就労、覚せい剤の密売、窃盗(自動販売機、車上狙い、貴金属)などの犯罪行為を行っている。02年9月には、住吉会系暴力団の幹部が歌舞伎町の喫茶店で中国人に射殺され報復とみられる事件が相次いだ。怒羅権 フレッシュアイペディアより)

  • ビバリーヒルズ高校白書

    ビバリーヒルズ高校白書から見た車上狙い車上狙い

    大火事に巻き込まれその影響で新興宗教にハマったり、当時付き合っていた恋人の影響でコカイン中毒になるなど何かと苦難が多い人物でもある。シリーズ後半では車上狙いに撃たれ記憶喪失になったり、レイプ被害に遭うなど壮絶な体験を重ねてきた。シーズン9ではビバリーヒルズに戻ってきたディランと、当時付き合っていたマットとの間で揺れ動く。結果的にはディランとヨリを戻してシリーズは終了した。ビバリーヒルズ高校白書 フレッシュアイペディアより)

  • カーナビゲーション

    カーナビゲーションから見た車上荒らし車上狙い

    モニターをカーオーディオなどを収めるための1DINスペースに取り付ける形式である。性能はオンダッシュ型と同等。純正および市販のカーオーディオと組み合わせて使う。オンダッシュ型でもそうだが一部の機種では標準でFMモジュレーターを内蔵しており純正カーオーディオでCD/DVDなどの音声をFM電波で出力できるものもある。未使用時・駐車時はモニターを格納できるので、車上荒らしに遭いにくいといわれていたが、オンダッシュ型に比べて高価であったために狙われることも少なくなかった。カーナビゲーション フレッシュアイペディアより)

  • 制服捜査

    制服捜査から見た車上狙い車上狙い

    だが、町の有力者らに、大城が町に来て以来傷害・車上荒らしなど犯罪が増えている、大城に前科があるせいだ、町から追い出せと要求される。川久保は大城のことを庇うが、非番で札幌の家族の元へ行っていた間に事態は急展開していた。制服捜査 フレッシュアイペディアより)

  • 松本秀夫

    松本秀夫から見た車上荒らし車上狙い

    ショウアップナイターの解説者だった森中千香良には新人時代から非常に世話になっており、松本がまだマイカーを持っていないころ、森中が所有していた外国車「ジャガー」(実際には森中名義の車ではなく森中も借りている車だった)を『モリチュウレンタカー』と称して乗り回していた。この車は基本的に森中本人が使わなければいつ使ってもOKで、ガソリンを満タンにして返すことがルールだった。松本はレギュラーガソリンを満タンにして返したのだが、後にこの車はハイオク仕様車だったことを知り、青ざめる。このほか、同じく森中からジャガーを借りている最中に、駐車場で車上荒らしに遭ってフロントガラスを割られてしまい、これを松本ではなく別の発見者が警察に通報し、警察がジャガーの所有者である森中に連絡し、森中が松本に「松! ガラス割られとるでぇ!!」と最後に知らされた。松本秀夫 フレッシュアイペディアより)

  • ジャニーズ事務所 過去のバックバンド

    ジャニーズ事務所 過去のバックバンドから見た車上狙い車上狙い

    本名・徳永淳。愛称・徳ちゃん。1954年8月4日生まれ。長崎県出身。 「中井昭・高橋勝とコロラティーノ」、「スーパーエイジス」を経て、アニメーションに加入した。 1977年には、事務所の先輩である「ハイソサエティー」の峯井貴史と共に、「黒沢明とロス・プリモス」に加入し、コーラス&ドラムを担当。名前も本名の「徳永淳」に改名した。 また、「とんちんかんず」1というバンドのリーダーとしても活動しており、そちらでは昔の芸名「徳永じゅん」を名乗っている。 この他、目黒区鷹番の学芸大学西口商店街にて、『ビンボー』2という名のスナックも経営している。尚、2006年10月12日に車上荒らしの被害に遭い、ニュースになっている。 同日午前4時頃、スナック『ビンボー』の近くにある世田谷区下馬のコインパーキングにベンツを停めて離れ、約2時間20分後に戻った際、助手席の窓ガラスが割られており、車内から現金約3000円とキャッシュカード類の入ったセカンドバッグが盗まれていた。このバッグの中には、徳永が作曲した「ご当地ソング」の依頼者ら約400人の連絡先などをメモした大切な手帳も含まれていた。 徳永はスナック経営の傍ら、1999年から日本全国各地の「ご当地ソング」作りを始めた。「地域活性化の手助けになれば」と、報酬を貰わず、CDの売り上げ利益のほとんども福祉施設などに寄付していた。主な作品は「近江の人」(滋賀)「湘南物語」(神奈川)「ウエルネス都城」(宮崎)「安芸のふるさと話」(広島)など。 ライフワークと心に決めたご当地ソングは既に100曲を超え、A4判の手帳には、交流を深めた人たちの連絡先や電話した日付、曲の評判や反響、CDの追加注文状況まで、事細かく書き込んでおり、事件後に改めて手帳を作り直そうと試みているが、記録した約400人の内の1割も成果が上がっていない。徳永は、「ご当地ソングを巡る交流は、私の生活の一部。手帳だけでも返してほしい」と訴えている。ジャニーズ事務所 過去のバックバンド フレッシュアイペディアより)

  • BECK (漫画)

    BECK (漫画)から見た車上狙い車上狙い

    車上狙いを繰り返す不良少年だった過去があり、それが原因で、バンドを様々な問題に巻き込む事になる。現在でも、借りた金は返さない、女は泣かせる等、いわゆるロクデナシ男であるが、音楽のことになると決して妥協を許さない。自由自在の多彩なテクニックとエモーショナルな音色は評価が高い。精神的に不安定になると、他人に対して攻撃的になり、仲間にも本心ではないにしろ、きつい言葉を投げかけてバンド内でも衝突を起こした。親友のエディが死去した際は酒浸りになり、かなり荒れた生活を送るも、エディの墓に参った際、ジム・ウォルシュと出会い、生前のエディの伝言を伝えられ再起した。以後は酒を控えていると語っている。BECK (漫画) フレッシュアイペディアより)

  • コンビニエンスストア

    コンビニエンスストアから見た車上狙い車上狙い

    駐車場を持つ店舗では、夜間の敷地内での事故防止や車両へのいたずら・車上狙い・不法投棄などの犯罪を防止する観点から、駐車場全体を照らせる最低限の夜間照明設備が設けられている。また、駐車場内の片隅や店舗建物脇に郵便ポストを設置している店舗も多く見られる。また、道路に面した位置にコンビニチェーンのロゴマークと酒・たばこなどの取扱やATMの設置を示す合成樹脂製の自立型の電照式看板が設置されている。コンビニエンスストア フレッシュアイペディアより)

  • コンビニエンスストア

    コンビニエンスストアから見た車上荒らし車上狙い

    また、上述したように店内の対策は充実しているものの、他方で特に駐車場の防犯体制については脆弱な店舗が多い。屋外に防犯カメラや照明を設置してあっても駐車場全域をカバーしていなかったり、さらにはそもそも駐車場に向けたカメラがなく防犯体制は店内の店員による窓ガラス越しの目視のみ、という店舗も珍しいものではない。また、コンビニ店舗建物の脇や裏側、大型トラック用などとして店舗の背後や隣接地に特に後付けで設置された駐車場など、敷地内に防犯の目が全く行き届いていない死角を抱える店舗はさして珍しいものではなく、かくして、このような場所が当て逃げ・車上荒らし・恐喝・強盗(ひったくり)・暴行・廃棄物の不法投棄などといった犯罪行為の現場となったり、さらに悪い場合は温床となるケースも見られている。コンビニエンスストア フレッシュアイペディアより)

34件中 11 - 20件表示

「車上荒らし」のニューストピックワード