396件中 91 - 100件表示
  • 高橋勇丞

    高橋勇丞から見た軟式野球軟式野球

    愛媛県川之江市出身。川之江市立上分小学校3年時に軟式野球の「上分とどろき」で野球を始め、川之江市立川之江南中学校時代はボーイズリーグの「川之江ボーイズクラブ」に所属してエース投手として四国大会準優勝。済美高校では上甲正典監督の下、3年時には主将で3番打者として第76回選抜高等学校野球大会準々決勝の東北高校戦で真壁賢守から逆転サヨナラ3ラン本塁打を放つなど、同校の初出場初優勝に貢献。しかしその後、主将でありながら寮則に違反したとして公式戦出場はおろかベンチからも外された。夏の第86回全国高等学校野球選手権大会ではチームメイトとともにスタンドで明るくチームを応援する姿がテレビに映り、チームは準優勝した。秋に行われたのプロ野球ドラフト会議で阪神から7巡目指名を受け入団。高校通算37本塁打。高橋勇丞 フレッシュアイペディアより)

  • 梅村学人

    梅村学人から見た軟式野球軟式野球

    小学生時代はソフトボール部に所属、紀勢町立錦中学校に入学後軟式野球を始め、三重高校進学後硬式野球部に入部、1年秋からベンチ入りする。3年時にはエースとして第88回全国高等学校野球選手権大会に出場。三重大会では40回1/3を投げて59奪三振を記録、プロのスカウトも注目する投手のうちの1人だった。梅村学人 フレッシュアイペディアより)

  • 仁賀保グリーンフィールド

    仁賀保グリーンフィールドから見た軟式野球軟式野球

    2005年に改修され、秋田わか杉国体 (2007年)サッカー女子の部、男子少年の部の会場として使われた。サッカー・ラグビーの試合を中心に使われるが、軟式野球やソフトボールにも使われる場合があり、バックスタンドにバックネットが設えられてある。日本フットボールリーグ (JFL)所属ブラウブリッツ秋田のホームスタジアムである。ただし、現在Jリーグ ディビジョン2の昇格スペックにはあっていないため、改修されない限りJ2昇格後にリーグ公式戦で使用されることはない。仁賀保グリーンフィールド フレッシュアイペディアより)

  • 川崎貴弘

    川崎貴弘から見た軟式野球軟式野球

    小学2年からソフトボールを始める。橋北中学校時代は軟式野球部に所属。高校は県内屈指の進学校である津東高校で、全国的には無名であったが、練習試合ではノーヒットノーラン、2年時の夏の大会初戦では5回参考記録ながら完全試合を達成している。最後の夏は4回戦で敗退。2011年のドラフト会議で中日ドラゴンズから5位指名を受け、入団。背番号は51。川崎貴弘 フレッシュアイペディアより)

  • 植村祐介

    植村祐介から見た軟式野球軟式野球

    大阪府茨木市に生まれ、小学校1年の時に地元の軟式野球チーム・安威インディアンズで野球を始める。野球人生のスタートは捕手であった。茨木市立北中学校では2年の練習中に北照高校の河上敬也監督の目に留まり、北海道小樽市へ野球留学する。植村祐介 フレッシュアイペディアより)

  • 大分県立四日市高等学校

    大分県立四日市高等学校から見た軟式野球軟式野球

    大分県立四日市高等学校(おおいたけんりつ よっかいちこうとうがっこう)は、大分県宇佐市大字四日市にあった全日制普通科高等学校である。2007年(平成19年)4月に旧大分県立宇佐高等学校と統合され、新たに大分県立宇佐高等学校となった。軟式野球の強豪校として有名で、2度の全国制覇を果たしている。大分県立四日市高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 出雲ドーム

    出雲ドームから見た軟式野球軟式野球

    現在、出雲ドームは軟式野球、ラグビー、サッカー、ソフトボールなどの屋外球技を始めとした各種スポーツイベントやコンサート(出雲ドーム2000人の吹奏楽など)、プロレス興行などに使われている。また、毎年10月に開催される出雲全日本大学選抜駅伝競走(出雲駅伝)のゴール地点にもなっている。出雲ドーム フレッシュアイペディアより)

  • 阿波球場

    阿波球場から見た軟式野球軟式野球

    徳島県西部では数少ないナイター設備を有しているが、硬式野球公式戦の夜間開催には対応していないため、軟式野球や少年野球の大会使用が主な用途となっている。阿波球場 フレッシュアイペディアより)

  • ソフトボール審判員

    ソフトボール審判員から見た軟式野球軟式野球

    なお、審判の技術面については軟式野球や硬式野球の審判員と共通する部分が多い。ソフトボール審判員 フレッシュアイペディアより)

  • 大西正樹

    大西正樹から見た軟式野球軟式野球

    明石市立二見北小学校3年時にソフトボールを始め、当初は外野手だったが「サウスポーがいない」という理由から投手にコンバートされた。その後、地元の少年軟式野球クラブチーム二見フレンズに入部。明石市立二見中学校野球部では高校でチームメイトとなる明石市立大久保中学校の有元一真と何度も投げ合ったという。神戸国際大学附属高等学校に進学後は1年時から公式戦で登板し、2年夏も控え投手として投げ兵庫大会4強入りに貢献。3年生が引退した秋にはエースとなり、有元との2枚看板で若竹竜士擁する育英高等学校とは地区予選、県大会決勝、近畿大会決勝で対戦しいずれも勝利。新チーム結成以降、明治神宮野球大会準決勝で山口俊擁する柳ヶ浦高等学校に敗れるまで公式戦無敗だった。の第77回選抜高等学校野球大会に出場。準決勝で柴田亮輔、斎賀洋平擁する愛工大名電高校に敗れたものの、夏春連覇がかかっていた駒大苫小牧高校を二回戦で完封するなど、チームの4強入りに貢献した。夏は兵庫大会準優勝。同年の高校生ドラフト3巡目で福岡ソフトバンクホークスに指名され入団。大西正樹 フレッシュアイペディアより)

396件中 91 - 100件表示

「軟式野球」のニューストピックワード