590件中 51 - 60件表示
  • さいたま市岩槻川通公園野球場

    さいたま市岩槻川通公園野球場から見た軟式野球軟式野球

    2002年、当時の岩槻市に岩槻市川通公園野球場(いわつきし・?)として竣工。同市の市の花であった(さいたま市に編入合併後は区の花として再指定)ヤマブキに因み「やまぶきスタジアム」の愛称が付与された。2004年には彩の国まごころ国体の軟式野球競技の会場として使用された。2005年4月1日、岩槻市がさいたま市に編入合併したのに伴い、現名称となった。さいたま市岩槻川通公園野球場 フレッシュアイペディアより)

  • ボルチモア・チョップ

    ボルチモア・チョップから見た軟式野球軟式野球

    現代の硬式野球においては戦術としては廃れており、偶然打球が高くバウンドした結果、内野手がジャンプしても届かず後方に逸らしてしまい、安打となることが時折見られる程度(初期の人工芝球場では叩きつけた打球が高くバウンドしやすかったことから「人工芝ヒット」とも称されたが、人工芝の技術の向上で天然芝やベアグラウンドのように大きく弾むことはなくなった)であるが、打球が大きくバウンドしやすい軟式野球においては基本的な戦術として日常的に用いられている。ボルチモア・チョップ フレッシュアイペディアより)

  • 関東大学女子軟式野球連盟

    関東大学女子軟式野球連盟から見た軟式野球軟式野球

    関東大学女子軟式野球連盟(かんとうだいがくじょしなんしきやきゅうれんめい)とは、関東地域に所在の大学に所属する女子軟式野球部で構成された大学野球リーグである。関東大学女子軟式野球連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 若竹竜士

    若竹竜士から見た軟式野球軟式野球

    豊中市立新田小学校1年時に4歳上の兄(後述)の影響で軟式野球を始め、小学校6年間投手だった。豊中市立第四中学校入学後に硬式野球を始め、ボーイズリーグの「大淀ボーイズ」では内野手も務めたが中学3年時から再び投手に専念した。同学年で「箕面スカイラーク」に所属していた岡田貴弘とは小学生時代から何度も対戦していた。若竹竜士 フレッシュアイペディアより)

  • 尾山敦

    尾山敦から見た軟式野球軟式野球

    故障が原因となってプロでは一軍登板のないまま引退した。その後、郷里の富山県に戻って北陸流通に入社し、軟式野球を始めた。には新世紀・みやぎ国体に出場し、成年一般Bで優勝している。その後も軟式野球を続け、には秋田わか杉国体で成年一般Aの監督兼選手とともに、富山県選手団の旗手を務めた。尾山敦 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤薬品工業

    佐藤薬品工業から見た軟式野球軟式野球

    佐藤薬品工業株式会社(さとうやくひんこうぎょう、SATO YAKUHIN KOGYO CO,.LTD. )は、奈良県橿原市に本社を置く製薬会社である。軟式野球部の活躍でも知られる。佐藤薬品工業 フレッシュアイペディアより)

  • 大村節二

    大村節二から見た軟式野球軟式野球

    元全播磨硬式野球団の創設者で、オーナー。兵庫県野球連盟副会長も務めるなど、同県のアマチュア野球界の功労者と報じられている。特に社会人野球のクラブチームへの貢献は大きい。軟式野球を引退した中学生にも指導を行うなど、多くの選手を育てている。大村節二 フレッシュアイペディアより)

  • ゼビオドリームカップ

    ゼビオドリームカップから見た軟式野球軟式野球

    ゼビオドリームカップは、ゼビオグループと株式会社TBSラジオ&コミュニケーションズが主催する、全国規模の軟式野球大会。ゼビオドリームカップ フレッシュアイペディアより)

  • 川口短期大学

    川口短期大学から見た軟式野球軟式野球

    体育系:バドミントン・バスケットボール・フットサル・軟式野球・バドミントン・テニスほか 川口短期大学 フレッシュアイペディアより)

  • 森和樹

    森和樹から見た軟式野球軟式野球

    野田市立二川小学校2年時から、「関宿メッツ」に所属し軟式野球を始める。野田市立二川中学校時代は、軟式野球部に所属し、遊撃手と一塁手兼控え投手としてプレー。森和樹 フレッシュアイペディアより)

590件中 51 - 60件表示

「軟式野球」のニューストピックワード