転落事故 ニュース&Wiki etc.

「転落事故」Q&A

  • Q&A

    視覚障害者が8、10月に駅ホームから転落死する事故が相次いだことを受け、 国土交通省…

    [続きを読む]

    回答数:3質問日時 - 2016年12月1日 09:32

  • Q&A

    【障害者雇用】って、 どちらかと言うと交通事故とか転落事故などの後天的な障害者の為で…

    [続きを読む]

    回答数:6質問日時 - 2016年11月28日 00:56

  • Q&A

    東京の電車事情について。 この前、家の近くの本屋で「首都圏中学の受験本」というもの立…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年11月27日 12:32

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「天窓」のつながり調べ

  • キューポラ (ISS)

    キューポラ (ISS)から見た天窓

    設計と製造はイタリアのアレーニア・アエロナウティカ社が行い、直径は約2m、高さは約1.5mである。横窓が6枚と天窓があり、それぞれの窓には流星塵やスペースデブリによる損傷を防ぐための開閉式のシャッターが取り付けられている。キューポラには、熱制御システム、音声端末装置、電力供給端末、ビデオインタフェース、MIL-STD-1553バスインターフェイスを持つ。また、カナダアーム2を制御する2台のロボットアーム操作盤(Robotic Work Station:RWS)のうちの1台がデスティニーから移設される。(キューポラ (ISS) フレッシュアイペディアより)

  • 千利休

    千利休から見た天窓

    利休は茶室の普請においても画期的な変革を行っている。草庵茶室の創出である。それまでは4畳半を最小としていた茶室に、庶民の間でしか行われていなかった3畳、2畳の茶室を採りいれ、躙り口(潜り)や下地窓、土壁、五(四)尺床などを工夫した。なかでも特筆されるべきは「窓」の採用である。師の紹鷗まで茶室の採光は縁側に設けられた2枚引きあるいは4枚引きの障子による「一方光線」により行われていたが、利休は茶室を一旦土壁で囲いそこに必要に応じて窓を開けるという手法を取った(「囲い」の誕生)。このことにより茶室内の光を自在に操り必要な場所を必要なだけ照らし、逆に暗くしたい場所は暗いままにするということが可能になった。後には天窓や風呂先窓なども工夫され一層自在な採光が可能となった。設計の自由度は飛躍的に増し、小間の空間は無限ともいえるバリエーションを獲得することとなった。利休の茶室に見られる近代的とも言える合理性と自由さは、単に数奇屋建築にとどまらず、現代に至るまで日本の建築に大きな影響を及ぼしてきた。(千利休 フレッシュアイペディアより)

「天窓」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「転落事故」のニューストピックワード