軽犯罪法違反 ニュース&Wiki etc.

軽犯罪法(けいはんざいほう、昭和23年5月1日法律第39号)とは、さまざまな軽微な秩序違反行為に対して拘留、科料の刑を定める日本の法律である。 (出典:Wikipedia)

「軽犯罪法違反」Q&A

  • Q&A

    近所の路上を歩行中、咳や喉払いをした際に唾と痰が出てしまい、鞄からポケットティッシュ…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年11月30日 12:12

  • Q&A

    知らない女性に性器を見せています いきなりの場合と声を掛けての場合があります。 捕…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年11月22日 00:56

  • Q&A

    窃盗って軽犯罪なんですか? http://headlines.yahoo.co.jp…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年11月16日 23:24

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「軽犯罪法」のつながり調べ

  • 排尿

    排尿から見た軽犯罪法

    尚、予想できない渋滞の発生時など許されることもあるが、これは極めて稀有なケースで、基本的には軽犯罪法違反である。また、場所によっては刑法142条の「浄水汚染」(付近に飲料水として使用されている井戸などがあった場合)、同第261条「器物損壊等」(他人の所有物などに放尿した場合)、同第174条「公然わいせつ」(人々が集合したり往来のある場所などで陰部を露出して放尿した場合)によって処断される可能性もあり、更に公衆衛生上も好ましくないため認められる行為ではない。男女の性別も問われない。(排尿 フレッシュアイペディアより)

  • 放送問題用語

    放送問題用語から見た軽犯罪法

    やや関連する、「乞食」は通常使われない言葉となっている。「現在の日本においては、生活保護が行き届いているために物乞いで生計を立てる人は理論的に存在しない。よってこれは死語であり、存在しないものを指す言葉は放送に用いるべきではない」という理論に基づくという見解がある。しかし軽犯罪法第1条22項には「こじきをし、又はこじきをさせた者」と明確にあることから、該当する違法行為があり、これを報道する必要がある場合などでは使用される。また物乞いで生計を立てる乞食は古くから存在した事実であり、史実として使用する必要がある場合などでも使用される。必要ならば「物乞い」と言い換える。(放送問題用語 フレッシュアイペディアより)

「軽犯罪法違反」のニューストピックワード