前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
113件中 1 - 10件表示
  • 屋外排泄

    屋外排泄から見た軽犯罪法軽犯罪法

    便所が無かった原始時代においてはごく自然なことであり、違反でも何でもなかった。しかし、近代化に伴い公衆衛生(疫病の防止)の観点から法令で禁止されることとなった。日本では軽犯罪法にて取り締まられているが、守られていないことも多い。屋外排泄 フレッシュアイペディアより)

  • 死体遺棄

    死体遺棄から見た軽犯罪法軽犯罪法

    なお、埋葬義務がない者であっても、自己の占有する場所内に死体があることを知りながら公務員(警察官等)に速やかに通報せず放置していた場合には、軽犯罪法違反に問われる(軽犯罪法1条18号・19号)。死体遺棄 フレッシュアイペディアより)

  • おたく狩り

    おたく狩りから見た軽犯罪法軽犯罪法

    警視庁の生活環境課と地域指導課は、ウェブサイト「刃物の話」にて、イラストを使ったやや子供向けの説明を行っている。ここで警視庁は、例示した電気街に新作のゲームソフトを買いに行く相談をしている少年たちの会話の中で、強盗行為としての「オタク狩り」に言及している。さらに少年たちの会話は続き、「(たとえ護身用であれ)正当な理由もなしにカッターナイフを持ち歩くのは、銃刀法や軽犯罪法に違反するため、警察による取締りの対象になる」と解説されている。この点は、次節に示す意味合いでのおたく狩りとも関係している。おたく狩り フレッシュアイペディアより)

  • 児童ポルノ

    児童ポルノから見た軽犯罪法軽犯罪法

    単に姿態をとらせるだけのヌード写真(児童エロチカの一部)や、あるいは姿態をとらせていないヌーディズムの写真などについても扱いが分かれる。姿態をとらせることがない児童の盗撮行為については、盗撮して所持すること自体は児童ポルノ製造にあたらず、上記の提供や頒布等を行なった場合にはじめて処罰対象となるとの学説が示されている(盗撮行為が軽犯罪法違反や迷惑防止条例違反に問われる可能性はある)。児童ポルノ フレッシュアイペディアより)

  • 催涙スプレー

    催涙スプレーから見た軽犯罪法軽犯罪法

    有害玩具の一種とみなされることもある。これにより、警察官の職務質問などの際に発見された場合、軽犯罪法違反や迷惑防止条例違反の疑いをかけられ、最悪の場合は現行犯として取り締まりをうける場合がある。催涙スプレー フレッシュアイペディアより)

  • 乞食

    乞食から見た軽犯罪法軽犯罪法

    乞食行為、つまり物乞いの行為は軽犯罪法で原則禁止されているほか、市町村など自治体でも独自の条例を設けて禁じているケースがある。乞食 フレッシュアイペディアより)

  • ナイフ

    ナイフから見た軽犯罪法軽犯罪法

    刃物は人間の生活に欠くことのできない便利な道具であり、ことナイフはその汎用性故に様々な利便性がある。また作りによって刃物は美術品たりえる存在であるが、これと同時に銃器や刀剣の個人所有に対する制限の多い日本においては、刃物類が一般個人が入手できる武器にもなりうる側面がある。なお刃物全般に関しては、国内では銃刀法により、これの所有・運搬・携帯には、厳しい制限がある。以下に挙げるのは、日本国内で刃物を持つ人間が、最低限守る必要のある決まりである。なおこれに対して、状況によって扱いが変化する例も見られ、微罪・別件逮捕だとして批判する声もある(軽犯罪法・職務質問を参照)。通常、ナイフ(飛び出しナイフを除く)は刀剣類ではなく、その他の刃物に分類される。ナイフ フレッシュアイペディアより)

  • 大阪府警察

    大阪府警察から見た軽犯罪法軽犯罪法

    2012年(平成24年)6月25日、南署刑事課の30歳の男性巡査長が、自宅マンションの隣室に住む女性の下着姿を盗撮。またこの巡査長は、同年5月から8月にかけて、繰り返し盗撮していたことも明らかとなった。府警は同年11月1日に、この巡査長を軽犯罪法違反の容疑で書類送検し、停職1か月の処分とした。大阪府警察 フレッシュアイペディアより)

  • 軽犯罪

    軽犯罪から見た軽犯罪法軽犯罪法

    軽犯罪 フレッシュアイペディアより)

  • 高山俊吉

    高山俊吉から見た軽犯罪法軽犯罪法

    『まんがでわかる軽犯罪法』(集英社、1984年10月)ISBN 4087810461高山俊吉 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
113件中 1 - 10件表示

「軽犯罪法違反」のニューストピックワード