145件中 91 - 100件表示
  • 微罪逮捕

    微罪逮捕から見た軽犯罪法軽犯罪法

    1970年代の日本では新左翼の運動が盛んであり、連合赤軍によるあさま山荘事件や東アジア反日武装戦線による連続企業爆破事件など、過激派によるテロ事件が続発していたため、警察当局はそれらに対して適法手段による徹底弾圧で臨んでいた。過激派を中心とする新左翼党派のメンバーは、路上で唾を吐いた(軽犯罪法違反)、赤信号で横断歩道を渡った(道路交通法違反)容疑などで逮捕されたり、捜査員が意図的にぶつかり公務執行妨害で逮捕を行なう転び公妨などに遭ったりすることが多々あった。赤軍メンバーの行為だけ逮捕につながっていることから、赤軍組織や当時の社会はこれを揶揄して「赤軍罪という罪名が存在する」などと評するほどであった。微罪逮捕 フレッシュアイペディアより)

  • 働かない権利

    働かない権利から見た軽犯罪法軽犯罪法

    日本では一般論として働かない権利を主張するとその人が置かれている環境によっては違法性が疑われる可能性が高まる。一つに軽犯罪法違反で、第1条第4項「生計の途がないのに、働く能力がありながら職業に就く意思を有せず、且つ、一定の住居を持たない者で諸方をうろついたもの」に反すると疑われる可能性が高まり、その刑罰として拘留又は科料が定められている(但し国民の権利を必要以上に侵害しないように同法第4条にて歯止めがかかっている)。もう一つに障害年金や生活保護を受けているケースでは最悪国に対する詐欺罪が成立する可能性が高まる(生活保護であるなら生活保護法4条1項に定める補足性の要件を満たすと嘘の申告をした疑い)。働かない権利 フレッシュアイペディアより)

  • おたく

    おたくから見た軽犯罪法軽犯罪法

    アニメコンベンションにおいては、Fan-cos や Reenactment (史的事実再現)と呼ばれるコスプレが行われる。SFやファンタジー映画の公開に観客がコスプレをしてくることが一般的であるように、ファン大会会期中、会場外でもコスプレを行うことが許されており、会場となる地域の市民もそれをイベント的なものとして受け止めている。コスプレ自体は日本でもファン活動として一般的だが、日本では会場外でコスプレ衣装のまま行動するのは「禁忌」という暗黙のルールが存在する。軍装や警察官のスタイルをする者もおり、これが軽犯罪法(第1条第15項)に抵触するためである。おたく フレッシュアイペディアより)

  • ニコラ・サルコジ

    ニコラ・サルコジから見た軽犯罪軽犯罪法

    2002年5月、ラファラン内閣の内務・治安・地方自由相として入閣、久々の表舞台となったが、サルコジ自身は首相職を望んでいたため、ますますシラクとの関係が微妙なものとなった。2003年3月19日に治安回復を目指し、軽犯罪の厳罰化と街娼の取り締まりなどを目的としたサルコジ法を施行させる。サルコジ内務相の強硬な治安政策によって、国内の犯罪発生件数は激減し、実績を買われたサルコジは一躍、優秀な政治家になる。2004年、経済・財務・産業相に異動。同年11月29日、RPRの流れを組む国民運動連合 (UMP) の党首選挙において、85%の得票率で党首に選出される。シラクはサルコジの権力増大を恐れ、サルコジは財務相を辞任する。ニコラ・サルコジ フレッシュアイペディアより)

  • 児童ポルノ

    児童ポルノから見た軽犯罪法軽犯罪法

    単に姿態をとらせるだけのヌード写真(児童エロチカの一部)や、あるいは姿態をとらせていないヌーディズムの写真などについても扱いが分かれる。児童に姿態をとらせることがなく提供目的でもなく児童ポルノの盗撮行為については、盗撮して所持すること自体は児童ポルノ製造にあたらず、上記の提供や頒布等を行なった場合にはじめて処罰対象となるとの学説が示されている(盗撮行為が軽犯罪法違反や迷惑防止条例違反や建造物等侵入罪に問われることはある)。2014年の法改正により、提供目的が無い児童への盗撮行為についても児童ポルノ製造に該当して、処罰できるようになった。児童ポルノ フレッシュアイペディアより)

  • 1948年

    1948年から見た軽犯罪法軽犯罪法

    軽犯罪法公布(施行2日)1948年 フレッシュアイペディアより)

  • 告訴・告発

    告訴・告発から見た軽犯罪法軽犯罪法

    告訴・告発等により公訴の提起があった事件について、被告人が無罪又は免訴の裁判を受けた場合において、告訴や告発をした側に故意又は重過失があったときは、その者が訴訟費用を負担することがある(183条)。また虚偽告訴罪及び軽犯罪法1条16号の構成要件を充足した場合は刑事責任を問われる可能性もある。告訴・告発 フレッシュアイペディアより)

  • 被害届

    被害届から見た軽犯罪法軽犯罪法

    告訴・告発とは違い被害届は犯人処罰をそれ自体では求めないものであるが(そのため、それらより警察において微罪処分、検察において起訴猶予処分を行われやすいとされる)、。また、虚構の犯罪の公務員への申出である事から、軽犯罪法1条16号について要件を満たす事になる。被害届 フレッシュアイペディアより)

  • ニコニコ生放送

    ニコニコ生放送から見た軽犯罪法軽犯罪法

    皇居のお堀に入浴剤を入れる(軽犯罪法違反で書類送検)。ニコニコ生放送 フレッシュアイペディアより)

  • 割れ窓理論

    割れ窓理論から見た軽犯罪軽犯罪法

    落書き、未成年者の喫煙、無賃乗車、万引き、花火、爆竹、騒音、違法駐車など軽犯罪の徹底的な取り締まり割れ窓理論 フレッシュアイペディアより)

145件中 91 - 100件表示

「軽犯罪法違反」のニューストピックワード