113件中 91 - 100件表示
  • 芦田均

    芦田均から見た軽犯罪法軽犯罪法

    2月21日の首班指名選挙は、衆院は芦田216、吉田180の僅差だった。参議院では芦田102、吉田104で逆転された。衆参両院の議決が異なったため両院協議会が開かれたが不調に終わり、衆議院の優位性の憲法規定により芦田内閣は発足した。だが、対する民主自由党は、芦田内閣に反対する田中角栄・原健三郎・佐々木秀世・小平久雄・中山マサなど幣原派の若手議員を糾合して社会党を上回る第1党に成長した。芦田は内閣を組織するに至ったが、当時の政府の課題‐食糧問題の解決、インフレーションの克服、生産の増強、失業の解決など‐はいずれも占領政策の枠内でしか動けないことを十分に知っていた。芦田は当時こう書いている。「私の見る所によれば、占領軍治下における政府としては、誰が政局を担当しても、連合国の占領政策の線に沿って政治を行う以外に道はない」。芦田内閣時代に多くの重要法案が制定された。中小企業庁設置法、石炭庁設置法、国家行政組織法、建設省設置法、海上保安庁法、水産庁設置法、教育委員会法、日本学術会議法、地方財政法、検察審査会法、軽犯罪法、警察官職務執行法、経済調査庁法などである。芦田均 フレッシュアイペディアより)

  • 位階

    位階から見た軽犯罪法軽犯罪法

    軽犯罪法では、位階を詐称した者は、拘留又は科料に処すると定める(1条15号)。位階 フレッシュアイペディアより)

  • 性犯罪

    性犯罪から見た軽犯罪法軽犯罪法

    色情狙いの窃盗(下着泥棒など) 、公然わいせつ、児童への性的行為(児童福祉法、児童ポルノ禁止法)、淫行(青少年保護育成条例、いわゆる淫行条例)、のぞき・つきまとい(軽犯罪法・ストーカー規制法)、盗撮(迷惑防止条例)、卑猥な行為(迷惑防止条例)性犯罪 フレッシュアイペディアより)

  • 爵位

    爵位から見た軽犯罪法軽犯罪法

    一連の華族・朝鮮貴族制度が成立する中、日本の軍部の力が強化されていった。それにより従来の華族の有様も大きく変わり、明治維新の元勲とその子孫で構成された勲功華族に戦功を挙げた高級軍人が次々叙爵され、帝国軍人として華族となった者が増加していった。しかし、日本と米英両国との間に起きた太平洋戦争にて敗戦すると、進駐軍のGHQの占領統治の下で民主化が進められた結果、華族は解散へと向かい1947年(昭和22年)5月3日、日本国憲法施行に伴い、華族制度と共に日本の爵位は廃止されることとなった(法の下の平等を定め貴族の存在を認めない第14条に基づく)。以降、日本国内において爵位が国の制度や社会に果たす役割は完全に消滅したといえる。しかし、戦後も国内外で功績ある日本国民に対して諸外国から爵位に叙せられる例がある。なお、正式な爵位・称号を授かってもいないのにこれを詐称することは軽犯罪法第1条の15に禁ずる行為となる。爵位 フレッシュアイペディアより)

  • ほしの あき

    ほしのあきから見た軽犯罪法軽犯罪法

    自身のブログで2010年12月27日にペニーオークションサイト「ワールドオークション」を利用し、空気清浄機「プラズマクラスター」を1,080円で落札したと事実と異なる嘘の掲載をし、2012年12月7日にこのサイト運営者が詐欺容疑で逮捕され、ほしのも京都、大阪両府警から事情聴取を受けた。この取り調べの際、ほしのは「落札は嘘で、友人である松金ようこから『サイトの運営者から30万円をもらえる。アルバイトをしないか』と誘われた。サイトは利用しておらず、落札商品はその際無償でもらったもの」と説明した。報道後、所属事務所を通じてペニーオークションの仕組みについてまったく理解していないと主張。2012年12月13日付のブログにおいて「軽率な行動をとってしまったことを深く反省しております」と謝罪したものの実質的に詐欺の片棒を担いだ結果となった。所属事務所は「被害に遭われた方がいらっしゃるので今後の対応や謝罪について、現金や商品の返却も含め検討しています」。また「ブログの内容は本人に任せていたので管理不足でした」と話した。この報道を受け、誘ったとされる松金ようこも事実である事を認めて謝罪している。また、小森純など他のタレントが自身のブログを閉鎖することを発表している中、ほしのは2013年1月8日、 28日ぶりにブログを更新し、「今後は気を引き締めて、良識ある言動をしていくように努めていきますのでどうぞよろしくお願い致します」と、以前のような頻繁な更新への布石とも思われる内容のブログを、28日ぶりに更新した。2013年2月7日、京都、大阪両府警は詐欺容疑での立件を見送る方針を固めたことが判明した。また、両府警は軽犯罪法の適用も検討したが、同法の時効(1年)が既に成立しており、立件は見送られた。しかしながら、レギュラー番組を抱える関西テレビなどは今後の番組復帰については未定としている。ほしのあき フレッシュアイペディアより)

  • ナックルダスター

    ナックルダスターから見た軽犯罪法軽犯罪法

    コンパクトなものはポケットに収まるサイズで、一見したところでは指輪にしか見えないものもあるが、携帯所持していると、軽犯罪法の凶器携帯によって検挙される場合がある。ナックルダスター フレッシュアイペディアより)

  • 7月20日

    7月20日から見た軽犯罪法軽犯罪法

    1964年 - トップレス水着が軽犯罪法に反する旨を警察庁が通達。7月20日 フレッシュアイペディアより)

  • サバイバル

    サバイバルから見た軽犯罪法軽犯罪法

    ナイフ : 刃物の類いは、すこぶる基本的な道具であるため、様々な局面で役立つ。手や爪や歯が役立たないほど丈夫な物を壊して移動経路を作るのに使える他、様々な道具を作るのに役立つ。ただし、この道具の設計・強度・構造を無視して、例えば切っ先で何かをこじ開けたり、柄頭をハンマー代わりにして何かを叩いたりするなどの、あまり無理な使い方はすべきでない。煉瓦やタイルの目地を壊して外部に脱出する際などは、高価なナイフなど使わずに、「安物」の出刃包丁の切っ先で目地を壊した方が安上がりだし理に適う。ただ、ナイフを使用する際は、怪我をしない・させないため細心の注意が不可欠である。特に厳しいサバイバル状況下では、十分な治療を受けにくく傷口が化膿・壊死するなど、小さな怪我も命取りになりかねない。そのため、これら刃物を日頃より研ぎ方も含めて扱い慣れておき、手に馴染ませておけば不慮の怪我を負う(負わせる)確率も下がるだろう。刃物を持つ以上はメンテナンスが必要なので、できれば砥石に関する知識も日頃より一教養として身に付けておくと良いだろう。なお日本国内における銃刀法・軽犯罪法、あるいは旅客機搭乗の際には手荷物に刃物の類が持ち込めないなど、法令や規則により刃物の所有・所持や携帯が制限される場合もあり、平時からサバイバル状況に備えてナイフを持つことは無理な場合もある。その一方、身の回りの物品を加工したり石器の作り方など、ナイフの代用品を自ら作り出す知識も、サバイバル状況において役立てられた事例も見られる。サバイバル フレッシュアイペディアより)

  • 窃視

    窃視から見た軽犯罪法軽犯罪法

    日本の軽犯罪法第1条23号は、「正当な理由がなくて人の住居、浴場、更衣場、便所その他人が通常衣服をつけないでいるような場所をひそかにのぞき見た者」は「これを拘留又は科料に処する。」と定めている。窃視 フレッシュアイペディアより)

  • はさみ

    はさみから見た軽犯罪法軽犯罪法

    日本においては、所持には法律による規制がある。正当な理由を持たずに隠して携帯することは軽犯罪法に抵触するため、科料、勾留されることがある。はさみ フレッシュアイペディアより)

113件中 91 - 100件表示

「軽犯罪法違反」のニューストピックワード