113件中 101 - 110件表示
  • おたく

    おたくから見た軽犯罪法軽犯罪法

    アニメコンベンションにおいては、Fan-cos や Reenactment (史的事実再現)と呼ばれるコスプレが行われる。SFやファンタジー映画の公開に観客がコスプレをしてくることが一般的であるように、ファン大会会期中、会場外でもコスプレを行うことが許されており、会場となる地域の市民もそれをイベント的なものとして受け止めている。コスプレ自体は日本でもファン活動として一般的だが、日本では会場外でコスプレ衣装のまま行動するのは「禁忌」という暗黙のルールが存在する。軍装や警察官のスタイルをする者もおり、これが軽犯罪法(第1条第15項)に抵触するためである。おたく フレッシュアイペディアより)

  • 琴櫻傑將

    琴櫻傑將から見た軽犯罪軽犯罪法

    2009年4月20日、成徳小学校の銅像の頭部に女性用下着が付いているのを倉吉市長が発見。倉吉警察署は軽犯罪として捜査すると共に、市と連携して再発防止に努めている。琴櫻傑將 フレッシュアイペディアより)

  • 田代まさし

    田代まさしから見た軽犯罪法軽犯罪法

    『HAMADA COMPANY』の最後の出演から間もない2001年12月9日、田代は近所の男性宅風呂を覗いたとして軽犯罪法違反容疑で現行犯逮捕された。さらに自宅から覚醒剤が発見され、覚醒剤所持・使用容疑で12月11日、再逮捕された。これを受け、当時田代の所属していたエムティエムプロダクションは同年12月11日付で田代を契約解除した。田代まさし フレッシュアイペディアより)

  • 警棒

    警棒から見た軽犯罪法軽犯罪法

    その機能・用法上、警察官や警備員が警棒を携帯していることが多い。基本的には殺傷力の低い護身用具として使われるが、扱いようによっては相手を死傷させかねない、れっきとした武器ともなる。日本では、警棒の購入や所有には法的規制は無いが、みだりに携帯すると違法(軽犯罪法違反等)とされる場合があり、充分な注意が必要である。なお、警察官や警備員の警棒操典では、使用に際しては過剰防衛にならないよう“首から下の部分”を、“殴る”のではなく“叩く・打つ”など、相手に与える打撃は制圧の為の必要最低限とする事が指導されている。警棒 フレッシュアイペディアより)

  • ストーカー

    ストーカーから見た軽犯罪法軽犯罪法

    日本ではかつて、ストーカー行為は極端にエスカレートになると名誉毀損罪や脅迫罪で取り締まれる事例もあるが、そこまでエスカレートする前段階では拘留や科料しか罰が規定されていない軽犯罪法違反くらいでしか取り締まりができない事例があり、それでは不十分としてストーカー規制法が2000年(平成12年)に制定された。また地方自治体でもストーカー行為を刑事罰に規定した迷惑防止条例が制定される例もでてきた。また、ストーカー規制法以外につきまとい行為を規制する法律としては、配偶者暴力防止法、児童虐待防止法、暴力団対策法がある。ストーカー フレッシュアイペディアより)

  • 奈良県警察

    奈良県警察から見た軽犯罪法軽犯罪法

    2007年(平成19年)10月7日、求人情報誌を持っていた無職の男を「職業に就く意思がないままうろついた」として軽犯罪法違反(浮浪)容疑で現行犯逮捕し、翌日釈放した2分後に覚せい剤取締法違反(使用)容疑した。その後、男は覚せい剤取締法違反(使用)の罪で起訴されたが、2009年3月3日の大阪高裁における控訴審判決で、懲役3年の一審(奈良地裁)判決が破棄(逆転無罪)された。奈良県警察 フレッシュアイペディアより)

  • 兵庫県警察

    兵庫県警察から見た軽犯罪法軽犯罪法

    6月 - 佐用署が軽犯罪法違反容疑で逮捕した被疑者が、同署の取調室内の机の内部に覚醒剤を隠したが、同県警は翌年2010年4月まで、約10ヵ月間気付かず放置していた。当該の被疑者が2010年4月に岡山県警に別の覚せい剤取締法違反事件で逮捕された際、「佐用署の机に覚醒剤を隠した」と供述したことで発覚した。同署は5月10日に、この被疑者を覚せい剤取締法違反容疑で改めて逮捕した。兵庫県警察 フレッシュアイペディアより)

  • 割れ窓理論

    割れ窓理論から見た軽犯罪軽犯罪法

    落書き、未成年者の喫煙、無賃乗車、万引き、花火、爆竹、騒音、違法駐車など軽犯罪の徹底的な取り締まり割れ窓理論 フレッシュアイペディアより)

  • 職務質問

    職務質問から見た軽犯罪法軽犯罪法

    2007年(平成19年)10月7日、求人情報誌を持っていた無職の男性が、奈良県生駒市のパチンコ店駐車場に駐車していた乗用車に乗ろうとしていた際、奈良県警察の警察官から職務質問を受け、「職業に就く意思がないままうろついた」などとして軽犯罪法違反(浮浪)容疑で現行犯逮捕された。尿検査で覚醒剤反応が出たことから、翌日釈放した2分後に覚せい剤取締法違反(使用)容疑で逮捕された。その後、男は覚せい剤取締法違反(使用)の罪で起訴されたが、2009年(平成21年)3月3日、大阪高等裁判所は男性が就職活動中であったこと及びマンションを賃借していた事実があることから、奈良県警の逮捕は「浮浪」の要件を満たさない違法な逮捕に当たると認定。覚せい剤使用についても違法逮捕中に行われた尿検査の証拠能力が無効とされ、懲役3年の一審・奈良地方裁判所の判決が破棄され無罪となった。職務質問 フレッシュアイペディアより)

  • 静岡県警察

    静岡県警察から見た軽犯罪法軽犯罪法

    2012年8月23日、静岡南署の30歳代の男性巡査が、静岡市駿河区内で発生した器物損壊事件の現場に向かう途中で、公園で少女が襲われているとの内容の虚偽の110番通報を行った。同署は、当該の巡査の携帯電話に返信したところ、巡査が虚偽の110番をしていたことが明らかになった。県警は同年11月22日に、この巡査を軽犯罪法違反容疑で静岡地検に書類送検した上、減給10分の1とした。静岡県警察 フレッシュアイペディアより)

113件中 101 - 110件表示

「軽犯罪法違反」のニューストピックワード