145件中 111 - 120件表示
  • 学位

    学位から見た軽犯罪法軽犯罪法

    日本などでは軽犯罪法第1条15にて「官公職、位階勲等、学位その他法令により定められた称号若しくは外国におけるこれらに準ずるものを詐称し、又は資格がないのにかかわらず、法令により定められた制服若しくは勲章、記章その他の標章若しくはこれらに似せて作つた物を用いた者」を拘留又は科料に処すると規定している。学位 フレッシュアイペディアより)

  • ザ・グレート・サスケ

    ザ・グレート・サスケから見た軽犯罪法軽犯罪法

    週刊新潮によると、イオンド大学は米国の大学を自称しているが、学校法人ではなく、東京に本社を置く株式会社である。株式会社から授与された学位は正式な学位ではないため、使用した場合は軽犯罪法の称号詐称に問われる可能性が強い。そのため、前述のようなコメントとなったのである。なお、イオンド大学は、いわゆるディプロマミルのひとつとしてアメリカ合衆国内で認識されているパシフィック・ウエスタン大学と同様、オレゴン州やミシガン州などで公的な使用が禁じられている学位の発行元の一つとしてリストに掲載されている。日本国外の大学であるからと言って、日本国内で学位が通用しないという訳ではない。ザ・グレート・サスケ フレッシュアイペディアより)

  • 犯罪予告

    犯罪予告から見た軽犯罪法軽犯罪法

    上記4項目に当てはまらなくても、悪戯目的でやった場合 - 軽犯罪法違反(業務妨害)犯罪予告 フレッシュアイペディアより)

  • 田代まさし

    田代まさしから見た軽犯罪法軽犯罪法

    『HAMADA COMPANY』の最後の出演から間もない2001年(平成13年)12月9日、田代は近所の男性宅風呂を覗いたとして、軽犯罪法違反容疑で現行犯逮捕された。さらに自宅から覚醒剤が発見され、覚せい剤取締法違反容疑(使用・所持)で12月11日、再逮捕された。これを受け、当時田代の所属していたエムティエムプロダクションは同年12月11日付で田代を契約解除した。田代まさし フレッシュアイペディアより)

  • 屁

    から見た軽犯罪軽犯罪法

    明治6(1873)年2月8日、東京・押上の土手において放屁した女を邏卒が連行し、罰金75銭を支払わせた。これに憤慨した女は罰金額が法外であるとして警視庁に抗議。明治5(1872)年の東京違式詿違条例では立小便や落書きといった現在の軽犯罪にあたる行為などを規制していたが、放屁に関する規定はなく罰金刑は不当なものであった。このことは当時の新聞で議論を呼び、放屁の規制も条例に加えるべきとする意見と生理現象であり規制すべきでないとする意見とに分かれた。のちに司法卿の江藤新平は通達を出し、放屁は規制の対象外として罰金も返還された。 フレッシュアイペディアより)

  • ストーカー

    ストーカーから見た軽犯罪法軽犯罪法

    日本では、つきまとい行為を既存の法律が対象としていなかったため、警察の民事不介入により取り締まることができなかった。ただし、つきまとい行為から一歩踏み出してエスカレートした場合は軽犯罪法違反、さらに名誉毀損罪や脅迫罪で取り締まることは可能だった。警察が対応できる段階的な凶悪化を呈さず、つきまとい行為が殺人に直結してしまった桶川ストーカー殺人事件を機に、議員立法でストーカー規制法が2000年(平成12年)に制定された。また地方公共団体でもストーカー行為を刑事罰に規定した迷惑防止条例が制定される例もでてきた。なお、ストーカー規制法以外につきまとい行為を規制する法律としては、刑法、配偶者暴力防止法、児童虐待防止法、暴力団対策法、軽犯罪法がある。ストーカー フレッシュアイペディアより)

  • 銃砲刀剣類所持等取締法

    銃砲刀剣類所持等取締法から見た軽犯罪法軽犯罪法

    なお、軽犯罪法第1条第2号に「正当な理由がなくて刃物、鉄棒その他人の生命を害し、又は人の身体に重大な害を加えるのに使用されるような器具を隠して携帯していた者」について、拘留または科料に処せられる事となっている。銃砲刀剣類所持等取締法 フレッシュアイペディアより)

  • 特殊警棒

    特殊警棒から見た軽犯罪法軽犯罪法

    外国製の特殊警棒には前述の基準を超えた長さや重さの物も存在しており、日本国内でも護身用や防犯用という名目で一般向けに市販されている。これらの物は購入や所持自体は合法であるが、みだりに持ち歩いたり、護身用だけの理由などだと凶器を携帯しているとして軽犯罪法違反や、凶器準備集合罪の疑いが生じる。そのために警察への提出(没収)を求められたり、警察官の判断によっては現行犯として拘束され、送検もしくは書類送検されることがありうるので、日頃から誤解を招く行為や不審な行動をとって職務質問などを受けるようなことが無いように生活する事が大切である。特殊警棒 フレッシュアイペディアより)

  • 不正乗車

    不正乗車から見た軽犯罪法軽犯罪法

    基本的には鉄道営業法(第29条)違反となるが、親告罪となっている(同法第30条の2)。2010年ごろからは、有効なきっぷを所持しない者が入ることを禁じた場所へ入ったものとして軽犯罪法(第1条第32号)違反で警察が検挙する例が見られる。不正乗車 フレッシュアイペディアより)

  • 別件逮捕

    別件逮捕から見た軽犯罪法軽犯罪法

    求人情報誌を持っていたのに「職業に就く意思がないままうろついた」として軽犯罪法違反容疑で奈良県警に現行犯逮捕され、その2分後、覚醒剤使用で別件の覚せい剤取締法違反容疑で起訴された男性の控訴審で、大阪高等裁判所は2009年3月3日、懲役3年の奈良地方裁判所の一審判決を破棄して無罪を言い渡した。大阪高等裁判所の古川博裁判長は、浮浪(軽犯罪法違反)容疑での逮捕は「働く能力がありながら職業に就く意思がない」とする軽犯罪法の要件を満たさず違法と認定し、覚醒剤使用については「違法な別件逮捕中に収集された証拠で無効」と判断した。別件逮捕 フレッシュアイペディアより)

145件中 111 - 120件表示

「軽犯罪法違反」のニューストピックワード