113件中 11 - 20件表示
  • 捨て看板

    捨て看板から見た軽犯罪法軽犯罪法

    設置については軽犯罪法に触れるほか、各地方自治体で規制する条例が制定しており、設置している現場を押さえられた場合、現行犯で逮捕される可能性が高い。このため設置は、夜間、広告店の従業員や何も知らされていないアルバイトを動員して行われることが多い。捨て看板 フレッシュアイペディアより)

  • いわき狂言強盗でっち上げ事件

    いわき狂言強盗でっち上げ事件から見た軽犯罪法軽犯罪法

    初動捜査を誤ったいわき東署は、主婦を完全に犯人扱いし、3日間にも及ぶ厳しい取り調べを行なった。主婦は当初から無実を訴えていたが、警察官は全く耳を貸さず、勝手に自白調書を書き上げていった。連日の厳しい取り調べに疲弊し、これ以上拘束されることを恐れた主婦は、渋々調書にサインし、やってもいない狂言強盗を認めた。自白調書を得たいわき東署は、主婦を軽犯罪法違反(虚偽申告)で検挙し、いわき区検察庁に送致した。その後、主婦はいわき簡易裁判所で科料3000円の略式命令を受けた。いわき狂言強盗でっち上げ事件 フレッシュアイペディアより)

  • 盗撮

    盗撮から見た軽犯罪法軽犯罪法

    このような盗撮行為は、軽犯罪法や各地方自治体の迷惑防止条例などで取り締まりの対象となっており、特に、近年は、増加する盗撮被害に合わせて、取り締まりや罰則を強化する動きがある。ATMや貴重品ロッカーに隠しカメラを取り付けた問題では、建造物侵入罪で捜査されている。現在は公の場所でしか取り締まる事は出来ないが、2006年7月6日に奈良県で公の場所以外での盗撮を禁止しようとする条例を検討するとの発表があった。これは、奈良県警の警察官が救急車内で女性の下着を盗撮したが、「救急車内は公の場所では無い」という理由から立件されなかったためである。2008年2月、三重県警の巡査がトイレにビデオカメラを設置して盗撮したことが発覚した際には、「飲食店のトイレは迷惑防止条例適用の条件となる『公共の場所』には入らない」(本部生活環境課)との見解が示され、罪が軽い軽犯罪法が適用された。盗撮 フレッシュアイペディアより)

  • 有害玩具

    有害玩具から見た軽犯罪法軽犯罪法

    強化プラスチックや金属製の伸縮式スチールパイプ棍棒で、合法的な防犯グッズのひとつとされているが、扱いようによって相手を死傷させられる武器になる。各国の警察組織が採用しているものを輸入して販売する業者もあるが、中には粗雑で安価なコピー商品も売られており、簡単に壊れるものもある。重量はその製品にもより異なるが、三段伸縮式のものではおおむね300グラムから400グラム程度と木刀(装飾用ではなく武術用のもの)よりも軽量とはいえ、それでも人を打ち据えれば骨折させることもある。護身用にと持ち歩く手合いもいるが、たとえ護身用であれ、常時携帯するのは軽犯罪法に抵触する。無闇に乱用すれば怪我人を出すので、責任力も無く未成熟な児童や成人らによる所持は(当人にとっても)危険である。有害玩具 フレッシュアイペディアより)

  • 外国国章損壊罪

    外国国章損壊罪から見た軽犯罪法軽犯罪法

    日中国交正常化前の1958年(昭和33年)5月に、長崎市で開催された切手展覧会の会場に掲揚されていた中華人民共和国の五星紅旗を男性が引きずり下ろし侮辱した行為。警察が軽犯罪法違反で科料500円という処分と事実上不問にしたため(当時国交のあった台湾の中華民国国民党政権の要請もあったという)中国側が反発し、日中間の商取引契約が既成立も含め取り消される外交的対抗措置に出た(詳細は長崎国旗事件を参照)。外国国章損壊罪 フレッシュアイペディアより)

  • BNE (アーティスト)

    BNE (アーティスト)から見た軽犯罪法軽犯罪法

    なお、公共の施設にステッカーを貼り付けることは公共のマナーに反するうえ、軽犯罪法、道路交通法にも抵触する。東京都の場合、「屋外広告物条例」の第7条第2項に禁止物件として「電柱、街路灯柱及び消火栓標識」、「アーチの支柱及びアーケードの支柱」と明記されている(ただし罰則規定は無い)。悪質な場合は器物損壊罪、建造物等損壊罪となる。BNE (アーティスト) フレッシュアイペディアより)

  • 鬼頭史郎謀略電話事件

    鬼頭史郎謀略電話事件から見た軽犯罪法軽犯罪法

    取材源を秘匿にしたまま報道することは、謀略事件に加担することになるとして、同年10月22日、報道関係者は取材源が鬼頭であることを公開した上で謀略事件として報道。同年11月12日、鬼頭は参議院で証人喚問されるも、刑事訴追のおそれを理由として宣誓を拒絶する。この証言拒否は議院証言法違反で告発されたが、1977年(昭和52年)3月21日に不起訴処分となった。鬼頭は1977年2月2日に裁判官弾劾裁判所に訴追され、3月23日に罷免される。また謀略電話事件で官職詐称の罪で起訴され、拘留29日の有罪判決を受ける。鬼頭史郎謀略電話事件 フレッシュアイペディアより)

  • 凶器

    凶器から見た軽犯罪法軽犯罪法

    現代の日本において、凶器となり得る銃砲や刀剣・刃物類の所持・取り扱いについては銃砲刀剣類所持等取締法や軽犯罪法により厳しく規制されている。軽犯罪法(同法第1条2号および3号)では、凶器携帯について「正当な理由がなくて刃物、鉄棒その他人の生命を害し、又は人の身体に重大な害を加えるのに使用されるような器具を隠して携帯していた者」に対し拘留又は科料を処するというもので、例えば自動車のグローブボックスの中にカッターナイフを入れていた場合、「凶器を隠して携帯した」と警察に判断されることがある。また、アクセサリ等に見せかけて(隠さずに)公然と携帯した場合でも迷惑防止条例(公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例等)に抵触する場合がある。凶器 フレッシュアイペディアより)

  • 別件逮捕

    別件逮捕から見た軽犯罪法軽犯罪法

    求人情報誌を持っていたのに「職業に就く意思がないままうろついた」として軽犯罪法違反容疑で奈良県警に現行犯逮捕され、その後、別件の覚せい剤取締法違反容疑で起訴された男性の控訴審で、大阪高等裁判所は2009年3月3日、懲役3年の奈良地裁の一審判決を破棄して無罪を言い渡した。大阪高等裁判所の古川博裁判長は、浮浪(軽犯罪法違反)容疑での逮捕は「働く能力がありながら職業に就く意思がない」とする軽犯罪法の要件を満たさず違法と認定し、覚せい剤使用については「違法な別件逮捕中に収集された証拠で無効」と判断した。別件逮捕 フレッシュアイペディアより)

113件中 11 - 20件表示

「軽犯罪法違反」のニューストピックワード