113件中 21 - 30件表示
  • 微罪逮捕

    微罪逮捕から見た軽犯罪法軽犯罪法

    1970年代の日本では新左翼の運動が盛んであり、連合赤軍によるあさま山荘事件や東アジア反日武装戦線による連続企業爆破事件など、過激派によるテロ事件が続発していたため、警察当局はそれらに対して適法手段による徹底弾圧で臨んでいた。過激派を中心とする新左翼党派のメンバーは、路上で唾を吐いた(軽犯罪法違反)、赤信号で横断歩道を渡った(道路交通法違反)容疑などで逮捕されたり、捜査員が意図的にぶつかり公務執行妨害で逮捕を行なう転び公妨などにあう事が多々あった。赤軍メンバーであるからに逮捕されることから、赤軍組織や当時の社会はこれを揶揄して「赤軍罪という罪名が存在する」などと評するほどであった。微罪逮捕 フレッシュアイペディアより)

  • 江の島虚偽通報事件

    江の島虚偽通報事件から見た軽犯罪法軽犯罪法

    江の島虚偽通報事件(えのしまきょぎつうほうじけん)とは2002年(平成14年)に神奈川県で発生した虚偽通報(軽犯罪法違反)事件である。罪状自体は軽微なものであったが、虚偽内容が「工作員とみられる不審者が潜水艦で夜間海岸に上陸した」というものであり、”有事”まで想定して武力行使までも検討する騒動になったため物議をかもした。江の島虚偽通報事件 フレッシュアイペディアより)

  • 長崎国旗事件

    長崎国旗事件から見た軽犯罪法軽犯罪法

    右翼団体に所属する日本人の28歳の製図工の男が乱入し、会場内に掲げられていた五星紅旗を引きずり降ろした上、毀損した。ただし旗自体は破れていなかった。犯人はすぐに警察に拘束されたが、事情聴取のうえで器物破損で書類送検された。結局1958年12月3日になって軽犯罪法第一項の「みだりに他人の看板を取り除いた」ことによる科料500円の略式命令となった。長崎国旗事件 フレッシュアイペディアより)

  • 勲等

    勲等から見た軽犯罪法軽犯罪法

    戦後、金鵄勲章が廃止され、あわせて通常の叙勲(現職官吏等への叙勲)もしばらく停止されたことから昭和30年代まで生前叙勲は行われなかった。池田勇人内閣の時に戦後初めて勲章制度の運用が復活したうえで今日に至る。なお、勲等に叙す慣習がなくなった今日でも勲等を詐称することは位階・学位その他法令に定めた称号、あるいは外国においてそれらに準ずるものを含めて軽犯罪法第1条15項において違法とされ、違反した場合、拘留又は科料に処せられる。勲等 フレッシュアイペディアより)

  • 浮気調査

    浮気調査から見た軽犯罪法軽犯罪法

    また、浮気調査は「尾行・張り込み」が前提となるので、調査相手に発覚する事があれば、以後の調査の継続が困難又は不可能となるばかりでなく、業者にとっても、軽犯罪法の「つきまとい行為」に該当する可能性も生じるなど調査には慎重性と技術力が求められている。浮気調査 フレッシュアイペディアより)

  • 栄章

    栄章から見た軽犯罪法軽犯罪法

    なお、日本などでは勲章は外国からの叙勲を除き、現職公務員が受章することはなく、褒章もほぼそれと同じであるのに対して、それに準ずる表彰記章・記章等は現職在任中に受章の道が開かれており、所属庁の制式に基づき佩用することが許されているのが一般的である。民間人の場合、受章並びに佩用に制限はないが、受章をしていない者が法令や条例で公的に定められた記章を公に佩用することは軽犯罪法及び政令等の違反となる。栄章 フレッシュアイペディアより)

  • ニコラ・サルコジ

    ニコラ・サルコジから見た軽犯罪軽犯罪法

    2002年5月、ラファラン内閣の内務・治安・地方自治相として入閣、久々の表舞台となったが、サルコジ自身は首相職を望んでいたため、ますますシラクとの関係が微妙なものとなった。2003年3月19日に治安回復を目指し、軽犯罪の厳罰化と街娼の取り締まりなどを目的としたサルコジ法を施行させる。サルコジ内務相の強硬な治安政策によって、国内の犯罪発生件数は激減し、実績を買われたサルコジは一躍、優秀な政治家になる。2004年、財務相に異動。同年11月29日、RPRの流れを組む国民運動連合 (UMP) の党首選挙において、85%の得票率で党首に選出される。シラクはサルコジの権力増大を恐れ、サルコジは財務相を辞任する。ニコラ・サルコジ フレッシュアイペディアより)

  • 儀式

    儀式から見た軽犯罪法軽犯罪法

    軽犯罪法(昭和23年5月1日法律第39号)では「公私の儀式に対して悪戯などでこれを妨害した者」(同法第1条第24号)または「教唆し、又は幇助した者」(同法第3条)は拘留又は科料に処せられることがある。儀式 フレッシュアイペディアより)

  • 監禁

    監禁から見た軽犯罪法軽犯罪法

    また、監禁罪には至らなくとも、他人の行動の自由を妨げる行為は軽犯罪法による処罰の対象となり、また迷惑防止条例等の法令に抵触する可能性が大きい。ただしこれらの法令は正当な現行犯逮捕を妨げるものではない。監禁 フレッシュアイペディアより)

  • 少年保護事件の係属

    少年保護事件の係属から見た軽犯罪法軽犯罪法

    司法統計によれば、家裁の新受人員でいえば、事件態様別では犯罪少年が98%強、触法少年が0.1%弱、ぐ犯少年が1%強というのが20世紀末から21世紀初頭にかけての一貫した傾向である。また、係属態様別では検察官の送致(そのほとんどが犯罪少年の送致である。)が92%強、他の家裁からの移送・回付が5%前後、司法警察員からの送致(その多くが道路交通法違反被疑事件と軽犯罪法違反被疑事件)が2%強で、その他の係属態様はごくわずか(比較的多いのが、司法警察員及び児童相談所長によるぐ犯通告)というのが20世紀末から21世紀初頭にかけての一貫した傾向である。少年保護事件の係属 フレッシュアイペディアより)

113件中 21 - 30件表示

「軽犯罪法違反」のニューストピックワード