145件中 21 - 30件表示
  • 警棒

    警棒から見た軽犯罪法軽犯罪法

    その機能・用法上、警察官や警備員が警棒を携帯していることが多い。基本的には殺傷力の低い護身用具として使われるが、扱いようによっては相手を死傷させかねない、れっきとした武器ともなる。日本では、警棒の購入や所有には法的規制は無いが、みだりに携帯すると違法(軽犯罪法違反など)とされる場合があり、充分な注意が必要である。なお、警察官や警備員の警棒操典では、使用に際しては過剰防衛にならないよう"首から下の部分"を、"殴る"のではなく"叩く・打つ"など、相手に与える打撃は制圧の為の必要最低限とする事が指導されている。警棒 フレッシュアイペディアより)

  • 廃道

    廃道から見た軽犯罪法軽犯罪法

    鉄道の廃線同様、廃道にも探訪・踏破しようという者がおり、現在では道路踏破趣味の一分野として成立している。これらの趣味者によって軽四駆やバイク、自転車、徒歩などで踏破した記録がWEBサイト等で公開されている。ただし廃道の中には道路管理者や所轄警察署によって「通行止」とされているところもあり、これを通行すると道路法違反、軽犯罪法違反などの不法行為に問われることもあり、万が一事故が起きても保険が適用されない場合もある。また通行止の標識・表示がなくても、管理されていない道路における全ての責任は自らが負わねばならない(仮に死亡や後遺障害が残るような事故を引き起こした場合も自己責任である)。廃道 フレッシュアイペディアより)

  • 日本人活動家尖閣諸島上陸事件

    日本人活動家尖閣諸島上陸事件から見た軽犯罪法軽犯罪法

    上陸した10人は無許可で上陸したとして軽犯罪法違反容疑で沖縄県警察八重山警察署で任意の事情聴取を1時間ほど受けたが、緊迫した雰囲気もなく調書も作成されなかった。「日本の領土を守るため行動する議員連盟」は8月上旬に政府に上陸許可を申請したが認められていなかった。日本人活動家尖閣諸島上陸事件 フレッシュアイペディアより)

  • いわき狂言強盗でっち上げ事件

    いわき狂言強盗でっち上げ事件から見た軽犯罪法軽犯罪法

    初動捜査を誤ったいわき東署は、主婦を完全に犯人扱いし、3日間にも及ぶ厳しい取り調べを行なった。主婦は当初から無実を訴えていたが、警察官は全く耳を貸さず、勝手に自白調書を書き上げていった。連日の厳しい取り調べに疲弊し、これ以上拘束されることを恐れた主婦は、渋々調書にサインし、やってもいない狂言強盗を認めた。自白調書を得たいわき東署は、主婦を軽犯罪法違反(虚偽申告)で検挙し、いわき区検察庁に送致した。その後、主婦はいわき簡易裁判所で科料3000円の略式命令を受けた。いわき狂言強盗でっち上げ事件 フレッシュアイペディアより)

  • 琵琶湖バラバラ殺人事件

    琵琶湖バラバラ殺人事件から見た軽犯罪法軽犯罪法

    2008年7月11日、大阪府泉佐野市の41歳無職の女が交際男性に腹を立て、交際男性を同事件の容疑者に仕立て上げる虚偽の通報があった。女は軽犯罪法違反(虚偽申告)の疑いで書類送検された。琵琶湖バラバラ殺人事件 フレッシュアイペディアより)

  • 太地いさな組合

    太地いさな組合から見た軽犯罪法軽犯罪法

    国会は、2011年3月24日の法務委員会で審議が行われるなど、シーシェパードが議論の対象となった。また、和歌山県議会はシーシェパードを非難し取り締まる決議をし、和歌山県や県知事はイルカ漁を支持する立場を鮮明にした。和歌山県警は2011年9月から2012年1月の間に軽犯罪法違反・和歌山県迷惑防止条例違反の疑いで、活動家に対して約25件の指導警告を行ったという。太地いさな組合 フレッシュアイペディアより)

  • 名誉学位

    名誉学位から見た軽犯罪法軽犯罪法

    学位は大学の教員ないし一定の社会的地位につく上での条件となる場合もあり、その表記方法は厳格であり、学位の詐称は学歴詐称即ち刑法246条1項、2項の詐欺罪に及び軽犯罪法第1条第15号の官公職、位階勲等、学位その他法令により定められた称号の詐称に該当し罰則の対象となる。学位は法的に保障された権威ある称号であるものの、その授受は国家など公的な機関を離れ、大学の裁量で行われる。詐称も発生しやすいので、自らの履歴において学位の取得を申告する場合、学位名称、専攻分野、授与機関名、学位番号を表記することが求められる。名誉学位 フレッシュアイペディアより)

  • 防犯装備

    防犯装備から見た軽犯罪法軽犯罪法

    日本では、防犯装備の購入は自由だが、正当な理由なく隠して携行すると軽犯罪法違法とされ、取り締まりを受ける場合がある。警棒については正当な理由なく隠匿し携行するといわゆる軽犯罪法や、生活安全条例などに違反する場合がある。これは同時に、適正とみなされる範疇での携行もあり、例えば現金輸送などの危険が伴う業務では、取締りの対象にならない場合もあり、それは状況によって司法官憲により違法か否かを判断される。後述するように、ある程度攻撃的な装備であっても、状況やそれら装備の性質にもよって、一般市民での携行も、必ずしも違法行為と判断されないケースもみられる。防犯装備 フレッシュアイペディアより)

  • 高山俊吉

    高山俊吉から見た軽犯罪法軽犯罪法

    『まんがでわかる軽犯罪法』(集英社、1984年10月)ISBN 4087810461高山俊吉 フレッシュアイペディアより)

  • トップレス

    トップレスから見た軽犯罪法軽犯罪法

    1964年には海外においてもトップレス流行の兆しがあることが知られており、日本においてもこれが現実化したため、7月20日には警察がこれを軽犯罪法第1条20号により取り締まる方針を出した。トップレス フレッシュアイペディアより)

145件中 21 - 30件表示

「軽犯罪法違反」のニューストピックワード