145件中 31 - 40件表示
  • ネット乞食

    ネット乞食から見た軽犯罪法軽犯罪法

    2015年には物乞いを動画サイトの生放送で配信した高松市の23歳(当時)の無職の男が軽犯罪法違反で書類送検された。ネット乞食 フレッシュアイペディアより)

  • BNE (アーティスト)

    BNE (アーティスト)から見た軽犯罪法軽犯罪法

    なお、公共の施設にステッカーを貼り付けることは公共のマナーに反するうえ、軽犯罪法、道路交通法にも抵触する。東京都の場合、「屋外広告物条例」の第7条第2項に禁止物件として「電柱、街路灯柱及び消火栓標識」、「アーチの支柱及びアーケードの支柱」と明記されている(ただし罰則規定は無い)。悪質な場合は器物損壊罪、建造物等損壊罪となる。BNE (アーティスト) フレッシュアイペディアより)

  • 現行犯

    現行犯から見た軽犯罪法軽犯罪法

    軽犯罪法違反(拘留は罰金以下の罪である)現行犯 フレッシュアイペディアより)

  • 長崎国旗事件

    長崎国旗事件から見た軽犯罪法軽犯罪法

    右翼団体に所属する日本人の28歳の製図工の男が乱入し、会場内に掲げられていた五星紅旗を引きずり降ろした上、毀損した。ただし旗自体は破れていなかった。犯人はすぐに警察に拘束されたが、事情聴取のうえで器物破損で書類送検された。結局1958年12月3日になって軽犯罪法第一項の「みだりに他人の看板を取り除いた」ことによる科料500円の略式命令となった。長崎国旗事件 フレッシュアイペディアより)

  • 凶器

    凶器から見た軽犯罪法軽犯罪法

    軽犯罪法 - 「刃物、鉄棒その他人の生命を害し、又は人の身体に重大な害を加えるのに使用されるような器具を隠して携帯した行為」について、拘留、科料。凶器 フレッシュアイペディアより)

  • 外国国章損壊罪

    外国国章損壊罪から見た軽犯罪法軽犯罪法

    日中国交正常化前の1958年(昭和33年)5月に、長崎市で開催された切手展覧会の会場に掲揚されていた中華人民共和国の五星紅旗を男性が引きずり下ろし侮辱した行為。警察が軽犯罪法違反で科料500円という処分と事実上不問にしたため(当時国交のあった中華民国・中国国民党政権の要請もあったという)、中華人民共和国側が反発し、日中間の商取引契約が、既成立も含め取り消される外交的対抗措置に出た。外国国章損壊罪 フレッシュアイペディアより)

  • カッターナイフ

    カッターナイフから見た軽犯罪法軽犯罪法

    カッターナイフは、小刀など他の実用目的の小型刃物に比べて、刃体の長さが製品によっては新品時に8ないし9センチメートルと長いため、軽犯罪法違反にとどまらず銃刀法違反に抵触する場合がある。この関係で、職務質問で刃渡り8センチメートルのカッターナイフを見つけて所持者を交番に連行したものの、銃刀法違反事件として処理する手間を嫌うあまり、警察官が刃を机に押し付けて折って5センチメートルにし、軽犯罪法違反事件として処理したという不正事件の例もある。カッターナイフ フレッシュアイペディアより)

  • コーヴ・ガーディアンズ

    コーヴ・ガーディアンズから見た軽犯罪法軽犯罪法

    和歌山県警は2011年9月から2012年1月の間に軽犯罪法違反・和歌山県迷惑防止条例違反の疑いで、活動家に対して約25件の指導警告を行った。コーヴ・ガーディアンズ フレッシュアイペディアより)

  • 位階

    位階から見た軽犯罪法軽犯罪法

    軽犯罪法では、位階を詐称した者は、拘留又は科料に処すると定める(1条15号)。位階 フレッシュアイペディアより)

  • 浮気調査

    浮気調査から見た軽犯罪法軽犯罪法

    また、浮気調査は「尾行・張り込み」が前提となるので、調査相手に発覚する事があれば、以後の調査の継続が困難又は不可能となるばかりでなく、業者にとっても、軽犯罪法の「つきまとい行為」に該当する可能性も生じるなど調査には慎重性と技術力が求められている。浮気調査 フレッシュアイペディアより)

145件中 31 - 40件表示

「軽犯罪法違反」のニューストピックワード