145件中 41 - 50件表示
  • アーミーナイフ

    アーミーナイフから見た軽犯罪法軽犯罪法

    アーミーナイフを日常的に持ち歩くことは、日本国内では『正当な理由』が無い場合、違法と警察官が判断する可能性がある。アーミーナイフの刃渡りは、概ね5 - 6 cm程度もしくはそれ以下なので、日本でも銃砲刀剣類所持等取締法第2条2項「刃渡り6センチメートル以上を有するナイフなどを正当な理由なく持ち歩いてはならない」に関しては問題ないが、軽犯罪法第1条第1項の「正当な理由がなくて刃物、鉄棒その他人の生命を害し、又は人の身体に重大な害を加えるのに使用されるような器具を隠して携帯していた者は、拘留または科料に処する」に、また多くの都道府県の迷惑防止条例では、「何人も、公共の場所又は公共の乗物において、正当な理由がないのに、刃物、鉄棒、木刀その他人の身体に危害を加えるのに使用されるような物を、公衆に対し不安を覚えさせるような方法で携帯してはならない」に、それぞれ抵触する可能性がある。アーミーナイフ フレッシュアイペディアより)

  • クリシー=ス=ボワ

    クリシー=ス=ボワから見た軽犯罪軽犯罪法

    地名はローマ時代のクレッピウス (Cleppius) に由来。第二次世界大戦後に、フランスの旧植民地からの移民を受け入れるために開発され、大規模な団地群が林立するようになった。移民系住民を中心とした貧困や就職難から軽犯罪が横行するようになり、「危険なバンリュー」とみなされている。クリシー=ス=ボワ フレッシュアイペディアより)

  • 勲章 (日本)

    勲章 (日本)から見た軽犯罪法軽犯罪法

    勲章と同一又は類似の商標は商標登録することができない(商標法4条1項1号)、資格がないにもかかわらず勲章若しくは勲章に似せて作った物を用いた者は拘留又は科料に処される(軽犯罪法1条15号)など、勲章に関わる法的規制もいくつかある。勲章 (日本) フレッシュアイペディアより)

  • トウガラシスプレー

    トウガラシスプレーから見た軽犯罪法軽犯罪法

    所持や販売については、明確に規制されていないが、正当な理由の無い携帯は軽犯罪法や生活安全条例違反となる場合がある。航空機には、危険物として持ち込むことが出来ない。トウガラシスプレー フレッシュアイペディアより)

  • 懐中電灯

    懐中電灯から見た軽犯罪法軽犯罪法

    2017年には、正当な理由なく懐中電灯を隠して持ち歩く行為により、軽犯罪法違反容疑で逮捕された事例がある。懐中電灯 フレッシュアイペディアより)

  • 関ジャニ戦隊∞レンジャー

    関ジャニ戦隊∞レンジャーから見た軽犯罪軽犯罪法

    ブラック。エイトレンジャーのリーダー。元ギャンブル依存症。5年前は生真面目な性格だったが、現在はちょっとした軽犯罪でも見逃す様になった。しかし根本的には変わっておらず、行方不明となった桃子を探している。キャプテンシルバー・横峯正義は実父。「復讐からは何も生まれない」を信条とする博愛精神の持ち主。関ジャニ戦隊∞レンジャー フレッシュアイペディアより)

  • 監視

    監視から見た軽犯罪軽犯罪法

    最近にわかに行われている町内会や地域社会における軽犯罪(窃盗、ひったくり、未成年者の喫煙行為、ゴミの不法投棄など)防止の見回りも一種の「監視」である。監視 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤公一

    加藤公一から見た軽犯罪法軽犯罪法

    路上喫煙防止に熱心で「歩きタバコ禁止法」(軽犯罪法の一部を改正する法律案)などの議員立法の提出者となっている。加藤公一 フレッシュアイペディアより)

  • 浮浪罪

    浮浪罪から見た軽犯罪法軽犯罪法

    なお警察犯処罰令は、1948年(昭和23年)、軽犯罪法の施行と伴に廃止された。軽犯罪法法第1条第4号に浮浪罪相当の処罰規定が現存するものの、刑罰は拘留又は科料と軽罰となっている。浮浪罪 フレッシュアイペディアより)

  • 1948年の政治

    1948年の政治から見た軽犯罪法軽犯罪法

    軽犯罪法公布(施行2日)。1948年の政治 フレッシュアイペディアより)

145件中 41 - 50件表示

「軽犯罪法違反」のニューストピックワード