113件中 41 - 50件表示
  • ディプロマミル

    ディプロマミルから見た軽犯罪法軽犯罪法

    ディプロマミルの発行した学位を使用していた場合、軽犯罪法第1条15項(称号詐称の罪)で処罰される可能性が弁護士によって指摘されている。ディプロマミル フレッシュアイペディアより)

  • アーミーナイフ

    アーミーナイフから見た軽犯罪法軽犯罪法

    ただ日常的に持ち歩くことは、日本国内では違法とされる可能性が高い。アーミーナイフの刃渡りは概ね5?6cm程度もしくはそれ以下なので日本でも銃砲刀剣類所持等取締法第2条2項「刃渡り6cm以上を有するナイフなどを正当な理由なく持ち歩いてはならない」に関しては問題ないが、「携帯すべき正当な理由がない」と判断された場合軽犯罪法第一条第一項「正当な理由がなくて刃物、鉄棒その他人の生命を害し、又は人の身体に重大な害を加えるのに使用されるような器具を隠して携帯していた者は、拘留または科料に処する」に抵触する。また工具の付属した物では特殊開錠用具の所持の禁止等に関する法律に抵触する可能性もある。アーミーナイフ フレッシュアイペディアより)

  • バンリュー

    バンリューから見た軽犯罪軽犯罪法

    石油ショックによって移民を必要とした好景気は終わり、1980年代以降、フランスの若い世代全体に新規の求職がない状態が続き、とりわけ人種の違う移民2、3世の若者は求職で合格をもらうことが困難で失業率が増加した。非行化が進む移民2、3世の少年達によって軽犯罪が増加した結果、バンリューの団地はフランス社会から貧困で危険な地域だと見られるようになった。またバンリューの少年達は各地で増加する軽犯罪や落書き、野蛮な振る舞いの主要因とみなされるようになった。こうした犯罪増加と移民への危険視をうけて、ジャン=マリー・ルペン率いる極右政党「国民戦線」は、法律や刑罰の厳格な執行や、移民の制限という綱領をかかげ、1990年代初頭にかけて躍進した。1990年代からバンリュー問題は社会問題となり、特にバンリューの若者の荒廃したありようを描いた映画『憎しみ』(1995年)はフランス社会に衝撃を与えた。バンリュー フレッシュアイペディアより)

  • ポータブルトイレ

    ポータブルトイレから見た軽犯罪法軽犯罪法

    予想外の渋滞に巻き込まれ、催した際には、道端で用を足しても罪(軽犯罪法違反)にはならないが、公衆衛生上好ましいことではなく、その上恥ずかしく、良いとは言い難い(野外排尿)。特に子供の「トイレ」は突発的に来るので、携帯トイレを用意しておいた方が良い。ポータブルトイレ フレッシュアイペディアより)

  • 放送問題用語

    放送問題用語から見た軽犯罪法軽犯罪法

    やや関連する、「乞食」は通常使われない言葉となっている。「現在の日本においては、生活保護が行き届いているために物乞いで生計を立てる人は理論的に存在しない。よってこれは死語であり、存在しないものを指す言葉は放送に用いるべきではない」という理論に基づくという見解がある。しかし軽犯罪法第1条22項には「こじきをし、又はこじきをさせた者」と明確にあることから、該当する違法行為があり、これを報道する必要がある場合などでは使用される。また物乞いで生計を立てる乞食は古くから存在した事実であり、史実として使用する必要がある場合などでも使用される。必要ならば「物乞い」と言い換える。放送問題用語 フレッシュアイペディアより)

  • 信用毀損罪・業務妨害罪

    信用毀損罪・業務妨害罪から見た軽犯罪法軽犯罪法

    軽犯罪法 - 悪戯などで業務を妨害した場合、軽犯罪法31条に該当する信用毀損罪・業務妨害罪 フレッシュアイペディアより)

  • 死体売買

    死体売買から見た軽犯罪軽犯罪法

    死体を盗むことはコモンローにおいては重罪ではなく軽犯罪であり、罰金か懲役程度で、流刑や死罪になることはなかった。当局が必要悪には目をつぶる傾向にあったため、これは危険を冒しても十分儲かる商売だった。死体売買 フレッシュアイペディアより)

  • ショーン・テイラー

    ショーン・テイラーから見た軽犯罪軽犯罪法

    2005年、彼は70タックル、2サック、2インターセプト、2ファンブルフォース、1ファンブルリターンタッチダウンをあげる活躍を見せ、この頃から彼のハードヒットはNFLの中でも知られるようになった。この年のフィラデルフィア・イーグルスとのホームゲームではチームメートのクリントン・ポーティスと共にドレスコードに違反して5000ドルの罰金を受けた。またレイトヒットが少なくとも7回あった。2006年1月7日のタンパベイ・バッカニアーズとのプレーオフではファンブルリカバータッチダウンをあげたがマイケル・ピットマンの顔につばを吐き退場処分及び17,000ドルの罰金を受けている。この年2度にわたる軽犯罪により、18ヶ月の保護観察を受けることとなった。ショーン・テイラー フレッシュアイペディアより)

  • マグライト

    マグライトから見た軽犯罪法軽犯罪法

    日本の場合、大型のモデルを正当な理由なく隠して携帯していると軽犯罪法違反に問われる可能性がある。マグライト フレッシュアイペディアより)

  • 排尿

    排尿から見た軽犯罪法軽犯罪法

    尚、予想できない渋滞の発生時など許されることもあるが、これは極めて稀有なケースで、基本的には軽犯罪法違反である。また、場所によっては刑法142条の「浄水汚染」(付近に飲料水として使用されている井戸などがあった場合)、同第261条「器物損壊等」(他人の所有物などに放尿した場合)、同第174条「公然わいせつ」(人々が集合したり往来のある場所などで陰部を露出して放尿した場合)によって処断される可能性もあり、更に公衆衛生上も好ましくないため認められる行為ではない。男女の性別も問われない。排尿 フレッシュアイペディアより)

113件中 41 - 50件表示

「軽犯罪法違反」のニューストピックワード