113件中 51 - 60件表示
  • 勲章 (日本)

    勲章 (日本)から見た軽犯罪法軽犯罪法

    勲章を受章した後に「死刑、懲役又ハ無期若ハ三年以上ノ禁錮」に処せられるなど、勲章褫奪令(明治41年勅令第291号)に定められた事由が生じたときには、勲章を褫奪(ちだつ、剥奪)される。同令では、法令により拘禁されている間は勲章を佩用できないことなども定める。また、本人またはその親族が受けた勲章は財産としての差押が禁じられ(民事執行法131条10号、国税徴収法75条1項9号)、勲章と同一又は類似の商標は商標登録することができない(商標法4条1項1号)、資格がないにもかかわらず勲章若しくは勲章に似せて作った物を用いた者は拘留又は科料に処される(軽犯罪法1条15号)など、勲章に関わる法的規制もいくつかある。勲章 (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 警備業務検定

    警備業務検定から見た軽犯罪法軽犯罪法

    検定合格者は当該警備業務に従事する際には有資格者であることを表すバッジ(通称「QGバッジ」、QGとはQualified・Guard:「資格ある警備員」の意)を着用することができる。警備業務検定は前述の通り国家資格であり、バッジのデザインも警備員等の検定等に関する規則第16条で定められている物なので、もし無資格者がこのバッジを着用した際には軽犯罪法第15条に抵触する違法行為となる。なお、このバッジは各都道府県の警備業協会を通して社団法人全国警備業協会より自費で購入するものであり、有資格者であっても着用義務は無い。バッジの着用はあくまでも警備員本人の任意である。しかし国家資格の有資格者を表すという側面から、購入に際しては所定のバッジ購入申請用紙に必要事項を記載し合格証明書のコピーを添付しなければならない。また、バッジの裏面には1個ごとに異なるシリアルナンバーが刻印されている。警備業務検定 フレッシュアイペディアより)

  • ゴールドコースト (クイーンズランド州)

    ゴールドコースト (クイーンズランド州)から見た軽犯罪軽犯罪法

    サウスポート裁判所が軽犯罪、2億5000万オーストラリアドルまでの民事問題を扱う。起訴犯罪、刑事事件の判決、2億5000万オーストラリア・ドル以上の民事事件はクイーンズランド州最高裁判所(ブリスベン、ジョージストリート)で扱う。補助的に下級判事裁判所がクーランガッタにある。ゴールドコースト (クイーンズランド州) フレッシュアイペディアより)

  • ドッキリ

    ドッキリから見た軽犯罪法軽犯罪法

    強盗、暴力団、高額な品物の破損事故など(もちろんウソの演技)のトラブルに巻き込まれた出演者の反応を窺う。110番通報されると虚偽申告(軽犯罪法第1条第16項違反)に発展してしまうので、その前にネタばらしがされる。ドッキリ フレッシュアイペディアより)

  • 名誉学位

    名誉学位から見た軽犯罪法軽犯罪法

    学位は大学の教員ないし一定の社会的地位につく上での条件となる場合もあり、その表記方法は厳格であり、学位の詐称は学歴詐称即ち刑法246条1項、2項の詐欺罪に及び軽犯罪法第1条15項の官公職、位階勲等、学位その他法令により定められた称号の詐称に該当し罰則の対象となる。学位は法的に保障された権威ある称号であるものの、その授受は国家など公的な機関を離れ、大学の裁量で行われる。詐称も発生しやすいので、自らの履歴において学位の取得を申告する場合、学位名称、専攻分野、授与機関名、学位番号を表記することが求められる。名誉学位 フレッシュアイペディアより)

  • ポイ捨て

    ポイ捨てから見た軽犯罪法軽犯罪法

    ポイ捨て(ポイすて)は、ごみの不適切な処理方法の一つで、対象物が小さい場合の俗称である。シンガポールでは違法行為として罰金刑の対象となる。日本においても各種法令(軽犯罪法など)に抵触する違法行為である。また、ごみ等の路上投棄が多いことから、ポイ捨てを禁止する条例を定めた自治体がある。ポイ捨て フレッシュアイペディアより)

  • 小坂英二

    小坂英二から見た軽犯罪法軽犯罪法

    東京都荒川区議会議員(2003年4月初当選、2012年現在3期目)。2012年8月19日には尖閣諸島に無許可で上陸した軽犯罪法違反の疑いで1時間ほどの任意聴取を受けたが、調書は作成されず、司法処分は受けなかった(日本人活動家尖閣諸島上陸事件)。2012年9月29日に所属していた日本創新党が日本維新の会への合流を理由に解散した後も、荒川区議会における一人会派として日本創新党を称している。小坂英二 フレッシュアイペディアより)

  • 特殊警棒

    特殊警棒から見た軽犯罪法軽犯罪法

    外国製の特殊警棒には前述の基準を超えた長さや重さの物も存在しており、日本国内でも護身用や防犯用という名目で一般向けに市販されている。これらの物は購入や所持自体は合法であるが、みだりに持ち歩くと凶器を携帯しているとして軽犯罪法違反や、凶器準備集合罪の疑いが生じる。そのために警察への提出(没収)を求められたり、警察官の判断によっては現行犯として拘束され、送検もしくは書類送検されることがありうるので、日頃から誤解を招く行為や不審な行動をとって職務質問などを受けるようなことが無いように生活する事が大切である。特殊警棒 フレッシュアイペディアより)

  • 落書き

    落書きから見た軽犯罪法軽犯罪法

    日本の法令では文化財保護法違反、建造物損壊罪、器物損壊罪、軽犯罪法違反、落書防止条例違反などに問われる。落書き フレッシュアイペディアより)

  • 住居侵入罪

    住居侵入罪から見た軽犯罪法軽犯罪法

    他人の自動車の中や列車の中に入っても住居侵入罪は成立しないことになる。また、住居等の付属地であっても囲みのないところに入ったり囲みの有無にかかわらず空き地に入っても住居侵入罪は成立しない。もっとも、別に軽犯罪法1条1号または32号違反が成立することはある。住居侵入罪 フレッシュアイペディアより)

113件中 51 - 60件表示

「軽犯罪法違反」のニューストピックワード