145件中 51 - 60件表示
  • 遺棄罪

    遺棄罪から見た軽犯罪法軽犯罪法

    本罪の行為は「遺棄」である。本条の「遺棄」は移置に限られるとする説によれば、保護義務のない者が自己の占有する場所内に、老幼、不具若しくは傷病のため扶助を必要とする者がいることを知りながら、速やかにこれを公務員に申し出なかった者については軽犯罪法により処罰されることになる(軽犯罪法1条18号)。遺棄罪 フレッシュアイペディアより)

  • ナックルダスター

    ナックルダスターから見た軽犯罪法軽犯罪法

    コンパクトなものはポケットに収まるサイズで、「ペーパーウエイト」「(文房具の)ペンホルダー」「ベルトのバックル」「ウエイトトレーニング用の軽量ダンベル」などの名目で販売されていることもある。一見したところでは指輪にしか見えないものもあるが、携帯所持していると、軽犯罪法や迷惑防止条例の凶器携帯によって検挙される場合がある。ナックルダスター フレッシュアイペディアより)

  • 蒲田警察署

    蒲田警察署から見た軽犯罪法軽犯罪法

    2010年(平成22年)4月 地域課の警部補が証拠隠滅教唆をして停職、書類送検。2008年(平成20年)11月、刃渡り6センチを超えるカッターナイフを所持していた銃刀法違反現行犯で逮捕した男に、刃を折るよう指示し罪状を軽犯罪法違反に軽減した疑い。上司の地域課長(当時)も監督責任を問われて減給10パーセント1ヶ月。蒲田警察署 フレッシュアイペディアより)

  • 消火妨害罪・水防妨害罪

    消火妨害罪・水防妨害罪から見た軽犯罪法軽犯罪法

    作為ではなく不作為による妨害も含まれると考えられているが、多くの論者が念頭においている不作為の事例は消防職員が主体となる不作為である。一般人による協力義務違反は原則として本罪を構成せず、軽犯罪法1条8号の成立が問題となるにとどまると考えられている。消火妨害罪・水防妨害罪 フレッシュアイペディアより)

  • 勲等

    勲等から見た軽犯罪法軽犯罪法

    戦後、金鵄勲章が廃止され、あわせて通常の叙勲(現職官吏等への叙勲)もしばらく停止されたことから昭和30年代まで生前叙勲は行われなかった。池田勇人内閣の時に戦後初めて勲章制度の運用が復活したうえで今日に至る。なお、勲等に叙す慣習がなくなった今日でも勲等を詐称することは位階・学位その他法令に定めた称号、あるいは外国においてそれらに準ずるものを含めて軽犯罪法第1条15号において違法とされ、違反した場合、拘留又は科料に処せられる。勲等 フレッシュアイペディアより)

  • 武器

    武器から見た軽犯罪法軽犯罪法

    迷惑防止条例や軽犯罪法では正当な理由がなく刃物や武器の類を所持していた者に刑事罰を規定している条項があり、判断基準があいまいなため、通常では武器と認識されない刃渡りの短いツールナイフやカッターにも適用される場合がある。別件逮捕の手段としても用いられるためこれを非難する意見がある。武器 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂英二

    小坂英二から見た軽犯罪法軽犯罪法

    2012年8月19日、頑張れ日本!全国行動委員会、国会議員らと共に尖閣諸島での慰霊祭に参加。その際、水島総やその他の地方議員らと共に上陸が禁止されている魚釣島に上陸。軽犯罪法違反の疑いで1時間ほどの任意聴取を受けたが、逮捕されなかったため、調書は作成されなかった。小坂英二 フレッシュアイペディアより)

  • 心霊スポット

    心霊スポットから見た軽犯罪法軽犯罪法

    興味本位で敷地や建造物に不法侵入する者がいるが、騒いだり建造物や器物の損壊に及んだりして近隣住民に被害を及ぼす事例も起こっている。許可なく私有地に侵入することは住居侵入罪が成立(廃業した施設で廃墟化していても運営母体や管理会社などにより看守されていることもある)し、無人で看守されていない建物等への侵入であっても軽犯罪法により、いずれも処罰の対象となる。また、地元住民も寄り付かないような場所の場合、もし何らかの事故・事件が発生したとしても発見や救助が遅れる可能性があり、危険である。心霊スポット フレッシュアイペディアより)

  • 死体売買

    死体売買から見た軽犯罪軽犯罪法

    死体を盗むことはコモン・ローにおいては重罪ではなく軽犯罪であり、罰金か懲役程度で、流刑や死罪になることはなかった。当局が必要悪には目をつぶる傾向にあったため、これは危険を冒しても十分儲かる商売だった。死体売買 フレッシュアイペディアより)

  • 鹿島港

    鹿島港から見た軽犯罪法軽犯罪法

    港の南側に伸びる鹿島港南防波堤(通称・南堤)は全長4kmの長さがあり、「釣りの穴場」として釣りマニアに人気がある。しかし高波で釣り人が攫われるなどして68名が死亡している。施錠された鉄条網付きゲートで封鎖されているが、釣りマニアは梯子を持参したり登山用の道具を使用したり鉄条網を破壊するなどして、不法侵入を繰り返している。そのためゲートも年々強化され、現在のものは高さ3メートルに達しているが、2012年(平成24年)には、鹿嶋警察署により十数人が軽犯罪法違反で摘発されている。鹿島港 フレッシュアイペディアより)

145件中 51 - 60件表示

「軽犯罪法違反」のニューストピックワード