145件中 61 - 70件表示
  • はさみ

    はさみから見た軽犯罪法軽犯罪法

    日本においては、所持には法律による規制がある。正当な理由を持たずに隠して携帯することは軽犯罪法に抵触するため、科料、勾留されることがある。はさみ フレッシュアイペディアより)

  • ヌンチャク

    ヌンチャクから見た軽犯罪法軽犯罪法

    日本では携帯すると軽犯罪法に触れる恐れがあり、海外でも単独所持を法律で禁じている国(カナダなど)もある。ロッククライミングに使う、2つのカラビナを短いザイルで結んだ用具(クイックドロー)をその形状から「ヌンチャク」とも呼ぶ。1990年代に樋口裕乗(ヌンチャク健康法、スポーツ吹矢、魔法の指笛、ゴム銃メンコ射撃創始者)が作った竜音棍は空洞の発音器が棍についていて振ると「ヒューヒュー」と鳴るが、構造はぴよぴよヌンチャクと変わらない。竜音棍112式はX字型に上下に片手で4種の振り方を行い、エル字型などのアクセサリーを先行させて振るなどを時間表式にして112の振り方が容易に理解できるようにした長棍式武道健康法である。これは振り方が理解しやすく普及可能と思われるが、短棍のフリースタイルは難しくて主にショーマンを志す若者に人気がある。ヌンチャク フレッシュアイペディアより)

  • ニセ電話事件

    ニセ電話事件から見た軽犯罪法軽犯罪法

    また刑事事件としてはニセ電話の声の主が鬼頭と判断され、官職詐称の罪(軽犯罪法違反)で鬼頭は渋谷区検から起訴された。簡裁事件としては吉永祐介東京地方検察庁特捜部副部長らが立ち合ったり冒頭陳述が行われる等の異例の対応がされ、声紋鑑定書が出されるなどした結果、1977年6月9日に鬼頭に拘留29日の有罪判決が言い渡され、1981年11月20日に最高裁で有罪判決が確定した。ニセ電話事件 フレッシュアイペディアより)

  • 琴櫻傑將

    琴櫻傑將から見た軽犯罪軽犯罪法

    2009年4月20日、成徳小学校の銅像の頭部に女性用下着が付いているのを倉吉市長が発見。倉吉警察署は軽犯罪として捜査すると共に、市と連携して再発防止に努めている。琴櫻傑將 フレッシュアイペディアより)

  • 護身術

    護身術から見た軽犯罪法軽犯罪法

    日本では、防犯グッズであっても、人の生命を害したり、人の身体に重大な害を与えるような攻撃性のある器具を正当な理由がなく持ち歩けば軽犯罪法1条2号に違反する。これらの器具には例えばスタンガン・特殊警棒が該当する。防犯ブザーや警笛など、攻撃性のない防犯器具はそもそも軽犯罪法1条2号には該当しない。催涙スプレーに関しては、護身用として携帯し軽犯罪法違反で起訴されたが最高裁で無罪とされた判例がある(催涙スプレー参照)。護身術 フレッシュアイペディアより)

  • 落書き

    落書きから見た軽犯罪法軽犯罪法

    日本の法令では文化財保護法違反、建造物損壊罪、器物損壊罪、軽犯罪法違反、落書防止条例違反などに問われる。落書き フレッシュアイペディアより)

  • ステルスマーケティング

    ステルスマーケティングから見た軽犯罪法軽犯罪法

    また、実際には購入していないのに購入したと体験談を偽って口コミサイトやブログに掲載する行為は、「人を欺き、又は誤解させるような事実を挙げて広告をした」に該当するとして軽犯罪法に抵触する可能性がある。ステルスマーケティング フレッシュアイペディアより)

  • 刃物

    刃物から見た軽犯罪法軽犯罪法

    第1条 左の各号の一に該当する者は、これを拘留又は科料に処する(軽犯罪法第一条)刃物 フレッシュアイペディアより)

  • ペニーオークション詐欺事件

    ペニーオークション詐欺事件から見た軽犯罪法軽犯罪法

    逮捕者が運営していたペニオクサイトを、ステマ投稿していた数人の芸能人は、警察から事情聴取を受けた。警察は、ブログで嘘の投稿をしていた芸能人の立件も検討したが、ペニオクサイトの実態を知らなかったため、詐欺罪等には当たらないと判断され、消費者に誤解を与える虚偽の説明をしたことを「人を欺き、又は誤解させるような事実を挙げて広告をした」に該当するとして、軽犯罪法を適用することについても、公訴時効(1年)が成立したため、立件できなかった。ペニーオークション詐欺事件 フレッシュアイペディアより)

  • 没収

    没収から見た軽犯罪法軽犯罪法

    なお、拘留または科料のみに当たる罪(侮辱罪、軽犯罪法違反など)については、特別の規定がない限り、犯罪組成物件以外は没収できない(刑法20条)。没収 フレッシュアイペディアより)

145件中 61 - 70件表示

「軽犯罪法違反」のニューストピックワード