113件中 61 - 70件表示
  • トップレス

    トップレスから見た軽犯罪法軽犯罪法

    1964年には海外においてもトップレス流行の兆しがあることが知られており、日本においてもこれが現実化したため、7月20日には警察がこれを軽犯罪法第1条20号により取り締まる方針を出した。トップレス フレッシュアイペディアより)

  • TOKMA

    TOKMAから見た軽犯罪法軽犯罪法

    この行為に対し9月28日、沖縄県警察八重山警察署は軽犯罪法違反容疑で那覇地方検察庁石垣支部に書類送検したが、不起訴処分となった。不起訴となったものの、軽犯罪法違反で書類送検されたことに政治的な問題意識を感じ、政治家を志すようになった。TOKMA フレッシュアイペディアより)

  • 浮浪罪

    浮浪罪から見た軽犯罪法軽犯罪法

    なお警察犯処罰令は、1948年、軽犯罪法の施行とともに廃止された(もっとも同法第1条第4号に浮浪罪相当の処罰規定が現存する)。浮浪罪 フレッシュアイペディアより)

  • 警察犯処罰令

    警察犯処罰令から見た軽犯罪法軽犯罪法

    警察犯処罰令(けいさつはんしょばつれい、明治41年9月29日内務省令第16号)は、警察犯に対する処罰を定めた規定である。同令附則により同年10月1日施行。戦後、日本国憲法施行の際現に効力を有する命令の規定の効力等に関する法律第1条の4により法律に改められた後、軽犯罪法附則第2項により、廃止された。警察犯処罰令 フレッシュアイペディアより)

  • 勾留

    勾留から見た軽犯罪法軽犯罪法

    被疑者が定まった住居を有しない(同項1号)ことである。刑法、暴力行為等処罰に関する法律及び経済関係罰則の整備に関する法律の罪については30万円以下の罰金、拘留又は科料に当たる事件(過失傷害(刑法209条)など)については、住居不定でなければ、被疑者を勾留することができない(刑事訴訟法207条1項、60条3項)。これら以外の法令の罪については、2万円以下の罰金、拘留又は科料に当たる罪(軽犯罪法1条各号所定の罪など)についても、同様である(刑事訴訟法207条1項、60条3項かっこ書)。勾留 フレッシュアイペディアより)

  • 菊花紋章

    菊花紋章から見た軽犯罪法軽犯罪法

    また旭日章が司法機関紋章であり使用できない(軽犯罪法による規制)ため、探偵業者が権威を表現するために自社の表号として使用する例がある。漫画家の魔夜峰央は、かつて絵の背景に菊の花をあしらった模様を頻繁に描いていたが、これが菊花紋章に酷似しており、宮内庁から注意をされて以後、描画を差し控えている。菊花紋章 フレッシュアイペディアより)

  • 警察

    警察から見た軽犯罪軽犯罪法

    また警察は、結果的に罰金を科すといった内容の召喚状を発行することで、軽犯罪を取り締まる責務を負っている(道路交通法違反が典型的)。時に警察は、法的な違反が生じていない場合でさえ、社会秩序の維持のため、業務を行うことがある。例えば、あるオーストラリアの管轄区では、酔って公共の場で迷惑行為を働く者を、アルコールの影響から回復するまで「drying-out centre(泥酔者保護施設 日本の「保護所」―所謂“トラ箱”に相当)」で保護する業務を行っている。また、大規模な集会やデモなどに公安機能を提供するのも警察の役割である。警察 フレッシュアイペディアより)

  • 虚偽告訴罪

    虚偽告訴罪から見た軽犯罪法軽犯罪法

    本罪は目的犯であり、「人に刑事又は懲戒の処分を受けさせる目的」が必要である。なお、本罪は虚偽の申し出による被害者が存在する点で、虚偽の申し出における告訴・告発の対象が存在せず、また事件も存在しない虚偽申告(軽犯罪法第1条第16号)と異なる。虚偽告訴罪 フレッシュアイペディアより)

  • 冤罪事件及び冤罪と疑われている主な事件

    冤罪事件及び冤罪と疑われている主な事件から見た軽犯罪法軽犯罪法

    奈良県天理市で、預かっていた乗用車を運転中の男性が、天理警察署に窃盗容疑で逮捕されたが、被害届は車両所有者の嘘だった。軽犯罪法違反(虚偽申告)で書類送検。冤罪事件及び冤罪と疑われている主な事件 フレッシュアイペディアより)

  • 痰

    から見た軽犯罪法軽犯罪法

    尚、痰唾を道路等の公共の場で地面に吐き出すことは軽犯罪法で明確に禁止されている(第1条第26項)。痰の原因となる疾患によっては痰から感染を引き起こすこともあるため、やはり公共の場で吐き出すことは望ましくない。 フレッシュアイペディアより)

113件中 61 - 70件表示

「軽犯罪法違反」のニューストピックワード