145件中 71 - 80件表示
  • 客引き

    客引きから見た軽犯罪法軽犯罪法

    軽犯罪法では「他人の進路に立ちふさがって、若しくはその身辺に群がって立ち退こうとせず、又は不安若しくは迷惑を覚えさせるような仕方で他人につきまとうこと」を禁止し、客引きの際にこの条文に違反した者には拘留又は科料が規定されている。客引き フレッシュアイペディアより)

  • アルコールハラスメント

    アルコールハラスメントから見た軽犯罪法軽犯罪法

    しかし飲酒をして酩酊した挙句に、住宅街で奇声を発するものは後を絶たず、公共交通機関でもしばしば酔っ払いによる奇行が見られる。この中には痴漢・万引き・器物損壊・辺り構わぬ嘔吐や排泄といった、実質的に他の犯罪行為(公共の場所での粗野な言動等も、軽犯罪法違反である)に発展することもあり、中には金銭のトラブルに発展することもある(金を貸して欲しいとか物を買いたいから金を出して欲しい等を強引に頼む)。アルコールハラスメント フレッシュアイペディアより)

  • チューインガム

    チューインガムから見た軽犯罪法軽犯罪法

    このような問題があるため、日本ではガムの食べかすのポイ捨ては軽犯罪法違反である。チューインガム フレッシュアイペディアより)

  • 東日本大震災関連の犯罪・問題行為

    東日本大震災関連の犯罪・問題行為から見た軽犯罪法軽犯罪法

    震災による津波被害を受け、保存が検討されている宮城県山元町立中浜小学校の跡地に侵入し、サバイバルゲームを行っていた若者数名が、宮城県警察から軽犯罪法違反容疑で書類送検された。東日本大震災関連の犯罪・問題行為 フレッシュアイペディアより)

  • ドッキリ

    ドッキリから見た軽犯罪法軽犯罪法

    強盗、暴力団、高額な品物の破損事故など(もちろんウソの演技)のトラブルに巻き込まれた出演者の反応を窺う。110番通報されると虚偽申告(軽犯罪法第1条第16項違反)に発展してしまうので、その前にネタばらしがされる。ドッキリ フレッシュアイペディアより)

  • 階級章

    階級章から見た軽犯罪法軽犯罪法

    その階級および地位にないものが公的な場所において現行の階級章を佩用することは処罰される可能性がある。日本においては軽犯罪法により処罰される。階級章 フレッシュアイペディアより)

  • 芦田均

    芦田均から見た軽犯罪法軽犯罪法

    当時の政府は目下の重要課題―食糧問題の解決、インフレーションの克服、生産の増強、失業の解決―を多く抱えており、その対処に忙殺されていた。その一方、芦田内閣においては戦後日本の基礎となる多くの法律が成立している。新憲法に基づく刑事訴訟法の全面改正や警察組織の抜本改革(旧警察法の制定)、国家行政組織法とそれに基づく中小企業庁・石炭庁・建設省・海上保安庁・水産庁・経済調査庁といった各行政庁の設置法、教育委員会法、日本学術会議法、警察官職務執行法、行政代執行法、地方財政法、検察審査会法、軽犯罪法、風営法などがそれである。しかし、芦田自身が総理大臣として、そうした課題に積極的に取り組んだ形跡はほとんど見られない。芦田均 フレッシュアイペディアより)

  • バンリュー

    バンリューから見た軽犯罪軽犯罪法

    石油ショックによって移民を必要とした好景気は終わり、1980年代以降、フランスの若い世代全体に新規の求職がない状態が続き、とりわけ人種の違う移民2、3世の若者は求職で合格をもらうことが困難で失業率が増加した。非行化が進む移民2、3世の少年達によって軽犯罪が増加した結果、バンリューの団地はフランス社会から貧困で危険な地域だと見られるようになった。またバンリューの少年達は各地で増加する軽犯罪や落書き、野蛮な振る舞いの主要因とみなされるようになった。こうした犯罪増加と移民への危険視をうけて、ジャン=マリー・ル・ペン率いる極右政党「国民戦線」は、法律や刑罰の厳格な執行や、移民の制限という綱領をかかげ、1990年代初頭にかけて躍進した。1990年代からバンリュー問題は社会問題となり、特にバンリューの若者の荒廃したありようを描いた映画『憎しみ』(1995年)はフランス社会に衝撃を与えた。バンリュー フレッシュアイペディアより)

  • TOKMA

    TOKMAから見た軽犯罪法軽犯罪法

    この行為に対し9月28日、沖縄県警察八重山警察署は軽犯罪法違反容疑で那覇地方検察庁石垣支部に書類送検したが、不起訴処分となった。不起訴となったものの、軽犯罪法違反で書類送検されたことに政治的な問題意識を感じ、政治家を志すようになった。TOKMA フレッシュアイペディアより)

  • ゴールドコースト (クイーンズランド州)

    ゴールドコースト (クイーンズランド州)から見た軽犯罪軽犯罪法

    サウスポート裁判所が軽犯罪、2億5000万オーストラリアドルまでの民事問題を扱う。起訴犯罪、刑事事件の判決、2億5000万オーストラリア・ドル以上の民事事件はクイーンズランド州最高裁判所(ブリスベン、ジョージストリート)で扱う。補助的に下級判事裁判所がクーランガッタにある。ゴールドコースト (クイーンズランド州) フレッシュアイペディアより)

145件中 71 - 80件表示

「軽犯罪法違反」のニューストピックワード