145件中 81 - 90件表示
  • 警備業務検定

    警備業務検定から見た軽犯罪法軽犯罪法

    検定合格者は当該警備業務に従事する際には有資格者であることを表すバッジ(通称「QGバッジ」、QGとはQualified・Guard:「資格ある警備員」の意)を着用することができる。警備業務検定は前述の通り国家資格であり、バッジのデザインも警備員等の検定等に関する規則第16条で定められている物なので、もし無資格者がこのバッジを着用した際には軽犯罪法第15条に抵触する違法行為となる。なお、このバッジは各都道府県の警備業協会を通して一般社団法人全国警備業協会より自費で購入するものであり、有資格者であっても着用義務は無い。バッジの着用はあくまでも警備員本人の任意である。しかし国家資格の有資格者を表すという側面から、購入に際しては所定のバッジ購入申請用紙に必要事項を記載し合格証明書のコピーを添付しなければならない。また、バッジの裏面には1個ごとに異なるシリアルナンバーが刻印されている。警備業務検定 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木章浩

    鈴木章浩から見た軽犯罪法軽犯罪法

    同年8月、上陸が禁止されている魚釣島に頑張れ日本!全国行動委員会の水島総が上陸したのに続く形で鈴木も上陸。その後八重山警察署による任意の事情聴取に応じるも、取調調書は作成されず、軽犯罪法違反での立件は見送られている。なお、鈴木によれば、八重山警察署の捜査員からは「取り調べではないといわれた」としている。鈴木章浩 フレッシュアイペディアより)

  • ポイ捨て

    ポイ捨てから見た軽犯罪法軽犯罪法

    シンガポールやタイ王国では違法行為として罰金刑の対象となる。日本においても各種法令(廃棄物処理法、軽犯罪法など)に抵触する違法行為である。また、ごみ等の路上投棄が多いことから、ポイ捨てを禁止する条例を定めた自治体がある。ポイ捨て フレッシュアイペディアより)

  • 焚き火

    焚き火から見た軽犯罪法軽犯罪法

    軽犯罪法第1条9号では、「相当の注意をしないで、建物、森林その他燃えるような物の附近で火をたき、又はガソリンその他引火し易い物の附近で火気を用いた者」を拘留又は科料に処すことが定められている。したがって、他の法令で認められている焚き火であっても、注意を怠れば刑法犯となる可能性がある。焚き火 フレッシュアイペディアより)

  • 勾留

    勾留から見た軽犯罪法軽犯罪法

    被疑者が定まった住居を有しない(同項1号)ことである。刑法、暴力行為等処罰に関する法律及び経済関係罰則の整備に関する法律の罪については30万円以下の罰金、拘留又は科料に当たる事件(過失傷害(刑法209条)など)については、住居不定でなければ、被疑者を勾留することができない(刑事訴訟法207条1項、60条3項)。これら以外の法令の罪については、2万円以下の罰金、拘留又は科料に当たる罪(軽犯罪法1条各号所定の罪など)についても、同様である(刑事訴訟法207条1項、60条3項かっこ書)。勾留 フレッシュアイペディアより)

  • サバイバル

    サバイバルから見た軽犯罪法軽犯罪法

    ナイフ : 刃物の類いは、すこぶる基本的な道具であるため、様々な局面で役立つ。手や爪や歯が役立たないほど丈夫な物を壊して移動経路を作るのに使える他、様々な道具を作るのに役立つ。ただし、この道具の設計・強度・構造を無視して、例えば切っ先で何かをこじ開けたり、柄頭をハンマー代わりにして何かを叩いたりするなどの、あまり無理な使い方はすべきでない。煉瓦やタイルの目地を壊して外部に脱出する際などは、高価なナイフなど使わずに、「安物」の出刃包丁の切っ先で目地を壊した方が安上がりだし理に適う。ただ、ナイフを使用する際は、怪我をしない・させないため細心の注意が不可欠である。特に厳しいサバイバル状況下では、十分な治療を受けにくく傷口が化膿・壊死するなど、小さな怪我も命取りになりかねない。そのため、これら刃物を日頃より研ぎ方も含めて扱い慣れておき、手に馴染ませておけば不慮の怪我を負う(負わせる)確率も下げることが出来る。刃物を持つ以上はメンテナンスが必要なので、できれば砥石に関する知識も日頃より一教養として身に付けておくと良い。なお日本国内における銃刀法・軽犯罪法、あるいは旅客機搭乗の際には手荷物に刃物の類が持ち込めないなど、法令や規則により刃物の所有・所持や携帯が制限される場合もあり、平時からサバイバル状況に備えてナイフを持つことは無理な場合もある。その一方、身の回りの物品を加工したり石器の作り方など、ナイフの代用品を自ら作り出す知識も、サバイバル状況において役立てられた事例も見られる。サバイバル フレッシュアイペディアより)

  • 監禁

    監禁から見た軽犯罪法軽犯罪法

    また、監禁罪には至らなくとも、他人の行動の自由を妨げる行為は軽犯罪法による処罰の対象となり、また迷惑防止条例等の法令に抵触する可能性が大きい。ただしこれらの法令は正当な現行犯逮捕を妨げるものではない。監禁 フレッシュアイペディアより)

  • 2014年の鉄道

    2014年の鉄道から見た軽犯罪法軽犯罪法

    (書類送検)太秦広隆寺駅構内で線路に侵入して寝そべる行為をTwitterで投稿により、軽犯罪法違反の非行事実で大学生ら2人を書類送検。2014年の鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • ほしの あき

    ほしのあきから見た軽犯罪法軽犯罪法

    自身のブログで2010年12月27日にペニーオークションサイト「ワールドオークション」を利用し、空気清浄機「プラズマクラスター」を1,080円で落札したと事実と異なる嘘の掲載をし、2012年12月7日にこのサイト運営者が詐欺容疑で逮捕され、ほしのも京都、大阪両府警から事情聴取を受けた。この取り調べの際、ほしのは「落札は嘘で、友人である松金ようこから『サイトの運営者から30万円をもらえる。アルバイトをしないか』と誘われた。サイトは利用しておらず、落札商品はその際無償でもらったもの」と説明した。報道後、所属事務所を通じてペニーオークションの仕組みについてまったく理解していないと主張。2012年12月13日付のブログにおいて「軽率な行動をとってしまったことを深く反省しております」と謝罪したものの実質的に詐欺の片棒を担いだ結果となった。所属事務所は「被害に遭われた方がいらっしゃるので今後の対応や謝罪について、現金や商品の返却も含め検討しています」。また「ブログの内容は本人に任せていたので管理不足でした」と話した。この報道を受け、誘ったとされる松金ようこも事実である事を認めて謝罪している。また、小森純など他のタレントが自身のブログを閉鎖することを発表している中、ほしのは2013年1月8日、 28日ぶりにブログを更新し、「今後は気を引き締めて、良識ある言動をしていくように努めていきますのでどうぞよろしくお願い致します」と、以前のような頻繁な更新への布石とも思われる内容のブログを、28日ぶりに更新した。2013年2月7日、京都、大阪両府警は詐欺容疑での立件を見送る方針を固めたことが判明した。また、両府警は軽犯罪法の適用も検討したが、同法の時効(1年)が既に成立しており、立件は見送られた。しかしながら、レギュラー番組を抱える関西テレビなどは今後の番組復帰については未定としている。ほしのあき フレッシュアイペディアより)

  • 見世物小屋

    見世物小屋から見た軽犯罪法軽犯罪法

    奇形の子供や性行為を覗き穴で見せるなど、文字通り何でも見世物にした。倉田喜弘によると、横浜で『ジャパン・ヘラルド』の主筆を務めたブラック(快楽亭ブラックの父)が1872年(明治5年)に皇居近くの神田橋周辺にあったむしろがけの小屋で「ウサギの死体を食いちぎる子供」なる見世物を見たことをきっかけとして、同年11月8日に東京府が「違式詿違条例」(今の軽犯罪法にあたる)を布達した。内容は主に、男女相撲の禁止、蛇遣いなど醜態を見世物にすることの禁止、夜12時以降の歌舞音曲禁止、路上における高声の歌の禁止などである。また翌1873年(明治6年)2月には、よしず張りや床店の大きさを定めた。見世物小屋 フレッシュアイペディアより)

145件中 81 - 90件表示

「軽犯罪法違反」のニューストピックワード