前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
213件中 1 - 10件表示
  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た威力業務妨害罪

    言動の程度によっては脅迫罪や強要罪、威力業務妨害罪、鉄道営業法違反、道路運送法違反、航空法違反、航空危険行為等処罰法違反に問われることもある。軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た偽計業務妨害罪

    程度によっては、偽計業務妨害罪に問われることもある。軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た迷惑防止条例

    刃渡り15cm以上の刀(日本刀を指す)・剣等(両刃の刃物を指す)は銃刀法3条により所持が禁止されており、刃体の長さが6cmを超える刃物(カッターナイフやはさみなど)は同法22条により携帯が禁止されているため、本号は原則として6cm以下の刃物等(刃渡りの短い剃刀やアーミーナイフなど)について適用があることになる。また、「隠して」という文言があるため、ベルトに装着したり、キーホルダーなどにぶら下げるなどして(他者から見える形で)公然と携帯していれば軽犯罪法違反に該当しないこととなる。しかし、その一方で多くの道府県の迷惑防止条例では、「何人も、公共の場所又は公共の乗物において、正当な理由がないのに、刃物、鉄棒、木刀その他人の身体に危害を加えるのに使用されるような物を、公衆に対し不安を覚えさせるような方法で携帯してはならない。」と規定されているため、一概に合法とまでは言い切れない。軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た警察官

    変事非協力の罪。目の前で事件が起きているのに警察官や消防士、自衛官などの協力要請を無視した場合に適用される。軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た自衛官

    変事非協力の罪。目の前で事件が起きているのに警察官や消防士、自衛官などの協力要請を無視した場合に適用される。軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た銃砲刀剣類所持等取締法

    刃渡り15cm以上の刀(日本刀を指す)・剣等(両刃の刃物を指す)は銃刀法3条により所持が禁止されており、刃体の長さが6cmを超える刃物(カッターナイフやはさみなど)は同法22条により携帯が禁止されているため、本号は原則として6cm以下の刃物等(刃渡りの短い剃刀やアーミーナイフなど)について適用があることになる。また、「隠して」という文言があるため、ベルトに装着したり、キーホルダーなどにぶら下げるなどして(他者から見える形で)公然と携帯していれば軽犯罪法違反に該当しないこととなる。しかし、その一方で多くの道府県の迷惑防止条例では、「何人も、公共の場所又は公共の乗物において、正当な理由がないのに、刃物、鉄棒、木刀その他人の身体に危害を加えるのに使用されるような物を、公衆に対し不安を覚えさせるような方法で携帯してはならない。」と規定されているため、一概に合法とまでは言い切れない。軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た器物損壊罪

    程度によっては、暴行罪・器物損壊罪・威力業務妨害罪に問われることもある。軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た住居侵入罪

    廃屋にたむろする行為。住居や、看守されている邸宅等に侵入すれば住居侵入罪が成立する。軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た飛行機

    公共の会堂、劇場、飲食店、ダンスホールその他公共の娯楽場において、入場者に対して、又は汽車、電車、乗合自動車、船舶、飛行機その他公共の乗物の中で乗客に対して著しく粗野又は乱暴な言動で迷惑をかけた者軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た火薬類取締法

    政府の許可がないまま銃砲や火薬類を所持した場合は、銃刀法違反や火薬類取締法違反、爆発物取締罰則違反に問われることもある。軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
213件中 1 - 10件表示

「軽犯罪法違反」のニューストピックワード