149件中 31 - 40件表示
  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た道具

    称号詐称、標章等窃用(ディプロマミルの学位を公称した場合などが該当すると考えられる。また、警察官・自衛官や軍人(戦闘服は、部隊や階級などを示す標章を縫い付けている場合)のコスプレがこれに該当するため、コミックマーケットなどほとんどのイベントで禁止・または着用したままの外出を認めないなど規制事項を設けている。同様に、公の官員ではないが警備員を思わせる服装や道具類も規制事項を設けている場合が多い。)軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た銃砲刀剣類所持等取締法

    刃渡り15cm以上の刀(日本刀を指す)・剣等(両刃の刃物を指す)は銃刀法3条により所持が禁止されており、刃体の長さが6cmを超える刃物(カッターナイフなど)は同法22条により携帯が禁止されているため、本号は原則として6cm以下の刃物等(刃渡りの短い剃刀など)について適用があることになる。また、「隠して」という文言があるため、ベルトに装着したり、キーホルダーなどにぶら下げるなどして(他者から見える形で)公然と携帯していれば軽犯罪法違反に該当しないこととなる。しかし、その一方で多くの道府県の迷惑防止条例では、「何人も、公共の場所又は公共の乗物において、正当な理由がないのに、刃物、鉄棒、木刀その他人の身体に危害を加えるのに使用されるような物を、公衆に対し不安を覚えさせるような方法で携帯してはならない。」と規定されているため一概に合法とまでは言い切れない。軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た販売

    公衆に対して物を販売し、若しくは頒布し、又は役務を提供するにあたり、人を欺き、又は誤解させるような事実を挙げて広告をした者軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た防犯

    経理に従事して職務上多額の現金や有価証券等を職務上電車や徒歩で輸送することがあるから防犯用に催涙スプレーを入手した被告人が、健康上の理由から行うサイクリングを深夜に行う際に、催涙スプレー1本を専ら防御用に隠匿携帯した事例において「正当な理由」があると判断した最高裁判例がある。軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た死体遺棄

    死体を埋葬する義務を負う者(死者の同居人など)がこれを放置したときは死体遺棄罪となる軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た業務妨害罪

    警察・消防等に徒労の出動をさせる目的で、虚構の犯罪や災害を申告した場合は、業務妨害罪に問われた事例がある。軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た礼拝所及び墳墓に関する罪

    程度によっては、威力業務妨害罪・偽計業務妨害罪・礼拝所及び墳墓に関する罪に問われることもある。軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た器物損壊罪

    程度によっては、器物損壊罪や建造物損壊罪に問われることもある。軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た失火罪

    火災に発展した場合は重過失失火罪になる。軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た刃物

    正当な理由がなくて刃物、鉄棒その他人の生命を害し、又は人の身体に重大な害を加えるのに使用されるような器具を隠して携帯していた者軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

149件中 31 - 40件表示

「軽犯罪法違反」のニューストピックワード