149件中 41 - 50件表示
  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た鉄棒

    正当な理由がなくて刃物、鉄棒その他人の生命を害し、又は人の身体に重大な害を加えるのに使用されるような器具を隠して携帯していた者軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た乞食

    騒音、虚偽申告、乞食、覗きなど33の行為が罪として定められている。公布時は34の行為であったが、第1条第21号(動物の虐待)がより厳罰化されたため削除された(1年の懲役または100万円の罰金となった)。軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た住居

    廃屋にたむろする行為。住居や、看守されている邸宅等に侵入すれば住居侵入罪が成立する。軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た罰金

    騒音、虚偽申告、乞食、覗きなど33の行為が罪として定められている。公布時は34の行為であったが、第1条第21号(動物の虐待)がより厳罰化されたため削除された(1年の懲役または100万円の罰金となった)。軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た死体

    自己の占有する場所内に、老幼、不具若しくは傷病のため扶助を必要とする者又は人の死体若しくは死胎のあることを知りながら、速やかにこれを公務員に申し出なかった者軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た懲役

    騒音、虚偽申告、乞食、覗きなど33の行為が罪として定められている。公布時は34の行為であったが、第1条第21号(動物の虐待)がより厳罰化されたため削除された(1年の懲役または100万円の罰金となった)。軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た別件逮捕

    国民の権利を必要以上に侵害しないため、あるいは、目的を逸脱して濫用される(例えば別件逮捕の手段として利用される)ことを防ぐために、以下の規定がある。軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た職業

    「正当な理由」があるとは、同号所定の器具を隠匿携帯することが、職務上又は日常生活上の必要性から、社会通念上、相当と認められる場合をいい、これに該当するか否かは、当該器具の用途や形状・性能、隠匿携帯した者の職業や日常生活との関係、隠匿携帯の日時・場所、態様及び周囲の状況等の客観的要素と、隠匿携帯の動機、目的、認識等の主観的要素とを総合的に勘案して判断すべきである。軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た警察犯処罰令

    本法により警察犯処罰令(明治41年内務省令第16号)は廃止された。軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た電車

    経理に従事して職務上多額の現金や有価証券等を職務上電車や徒歩で輸送することがあるから防犯用に催涙スプレーを入手した被告人が、健康上の理由から行うサイクリングを深夜に行う際に、催涙スプレー1本を専ら防御用に隠匿携帯した事例において「正当な理由」があると判断した最高裁判例がある。軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

149件中 41 - 50件表示

「軽犯罪法違反」のニューストピックワード