213件中 41 - 50件表示
  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た男性

    経理に従事して職務上多額の現金や有価証券等を職務上電車や徒歩で輸送することがあるから防犯用に催涙スプレーを入手した被告人の男性が、健康上の理由から行うサイクリングを深夜に行う際に、催涙スプレー1本を専ら防御用に隠匿携帯した事例において「正当な理由」があると判断し、1審判決を破棄し無罪とした最高裁の確定判決がある。軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た水害

    水害、地震、火事、交通事故、犯罪の発生その他の変事に際し、正当な理由がなく、現場に出入するについて公務員若しくはこれを援助する者の指示に従うことを拒み、又は公務員から援助を求められたのにかかわらずこれに応じなかった者軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た現金

    経理に従事して職務上多額の現金や有価証券等を職務上電車や徒歩で輸送することがあるから防犯用に催涙スプレーを入手した被告人の男性が、健康上の理由から行うサイクリングを深夜に行う際に、催涙スプレー1本を専ら防御用に隠匿携帯した事例において「正当な理由」があると判断し、1審判決を破棄し無罪とした最高裁の確定判決がある。軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見たステルスマーケティング

    悪徳商法の一つ、催眠商法やステルスマーケティングがこれに相当。詐欺罪、不正競争防止法違反、景品表示法違反、特定商取引法違反において刑事罰が問われない行為について軽犯罪法が適用される場合がある。軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た販売

    公衆に対して物を販売し、若しくは頒布し、又は役務を提供するにあたり、人を欺き、又は誤解させるような事実を挙げて広告をした者軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    条件が該当すれば、ストーカー規制法、配偶者暴力防止法、児童虐待防止法、暴力団対策法に問われることもある。軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た尖閣諸島

    さく等に囲まれた建造物の敷地に侵入する行為は住居侵入罪に該当する。日本人活動家尖閣諸島上陸事件では尖閣諸島への上陸に関して、任意聴取が行われた事例もある。軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た動物虐待

    動物を虐待する行為→動物愛護法により、更に厳罰化(1年の懲役または100万円の罰金)が科せられるようになった。軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た防犯

    経理に従事して職務上多額の現金や有価証券等を職務上電車や徒歩で輸送することがあるから防犯用に催涙スプレーを入手した被告人の男性が、健康上の理由から行うサイクリングを深夜に行う際に、催涙スプレー1本を専ら防御用に隠匿携帯した事例において「正当な理由」があると判断し、1審判決を破棄し無罪とした最高裁の確定判決がある。軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た死体遺棄

    死体または死胎を埋葬する義務を負う者(死者の同居の親族)がこれを遺棄、放置したときは死体遺棄罪に問われる。軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

213件中 41 - 50件表示

「軽犯罪法違反」のニューストピックワード