149件中 51 - 60件表示
  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た景品表示法

    悪徳商法の一つ、催眠商法がこれに相当。詐欺罪、不正競争防止法、景品表示法、特定商取引に関する法律において刑事罰が問われない行為について軽犯罪法が適用される可能性がある。軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た乗物

    刃渡り15cm以上の刀(日本刀を指す)・剣等(両刃の刃物を指す)は銃刀法3条により所持が禁止されており、刃体の長さが6cmを超える刃物(カッターナイフなど)は同法22条により携帯が禁止されているため、本号は原則として6cm以下の刃物等(刃渡りの短い剃刀など)について適用があることになる。また、「隠して」という文言があるため、ベルトに装着したり、キーホルダーなどにぶら下げるなどして(他者から見える形で)公然と携帯していれば軽犯罪法違反に該当しないこととなる。しかし、その一方で多くの道府県の迷惑防止条例では、「何人も、公共の場所又は公共の乗物において、正当な理由がないのに、刃物、鉄棒、木刀その他人の身体に危害を加えるのに使用されるような物を、公衆に対し不安を覚えさせるような方法で携帯してはならない。」と規定されているため一概に合法とまでは言い切れない。軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た火事

    風水害、地震、火事、交通事故、犯罪の発生その他の変事に際し、正当な理由がなく、現場に出入するについて公務員若しくはこれを援助する者の指示に従うことを拒み、又は公務員から援助を求められたのにかかわらずこれに応じなかった者軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た引火

    相当の注意をしないで、建物、森林その他燃えるような物の附近で火をたき、又はガソリンその他引火し易い物の附近で火気を用いた者軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た生命

    正当な理由がなくて刃物、鉄棒その他人の生命を害し、又は人の身体に重大な害を加えるのに使用されるような器具を隠して携帯していた者軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た

    公務員の制止をきかずに、人声、楽器、ラジオなどのを異常に大きく出して静穏を害し近隣に迷惑をかけた者軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た目的

    「正当な理由」があるとは、同号所定の器具を隠匿携帯することが、職務上又は日常生活上の必要性から、社会通念上、相当と認められる場合をいい、これに該当するか否かは、当該器具の用途や形状・性能、隠匿携帯した者の職業や日常生活との関係、隠匿携帯の日時・場所、態様及び周囲の状況等の客観的要素と、隠匿携帯の動機、目的、認識等の主観的要素とを総合的に勘案して判断すべきである。軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た拘留

    軽犯罪法(けいはんざいほう、昭和23年5月1日法律第39号)とは、さまざまな軽微な秩序違反行為に対して拘留、科料の刑を定める日本の法律である。軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見たいかだ

    みだりに船又はいかだを水路に放置し、その他水路の交通を妨げるような行為をした者軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た公共

    刃渡り15cm以上の刀(日本刀を指す)・剣等(両刃の刃物を指す)は銃刀法3条により所持が禁止されており、刃体の長さが6cmを超える刃物(カッターナイフなど)は同法22条により携帯が禁止されているため、本号は原則として6cm以下の刃物等(刃渡りの短い剃刀など)について適用があることになる。また、「隠して」という文言があるため、ベルトに装着したり、キーホルダーなどにぶら下げるなどして(他者から見える形で)公然と携帯していれば軽犯罪法違反に該当しないこととなる。しかし、その一方で多くの道府県の迷惑防止条例では、「何人も、公共の場所又は公共の乗物において、正当な理由がないのに、刃物、鉄棒、木刀その他人の身体に危害を加えるのに使用されるような物を、公衆に対し不安を覚えさせるような方法で携帯してはならない。」と規定されているため一概に合法とまでは言い切れない。軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

149件中 51 - 60件表示

「軽犯罪法違反」のニューストピックワード