213件中 51 - 60件表示
  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た死体遺棄罪

    程度によっては、死体遺棄罪に問われることもある。軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た要介護者

    自己の占有する場所内に、老幼、不具若しくは傷病のため扶助を必要とする者又は人の死体若しくは死胎のあることを知りながら、速やかにこれを公務員に申し出なかった者軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た2009年

    2016年に軽犯罪法違反で、警察から検察庁へ送致された件数は9,801件、人員は19,137人となっている(有罪判決の数ではない)。一方で法務省の犯罪白書によれば、平成元年(1989年)は2,382人だったが、平成16年(2004年)以降、検察庁新規受理人員は前年の平成15年(2003年)7,227人から約3,000人を超え、11,001人と大幅に伸び、ピーク時の平成21年(2009年)には16,396人であったが、平成22年(2010年)から13,799人と大幅な減少傾向に転じ、平成25年(2013年)には、8,382人と平成21年(2009年)の半数と激減した。平成26年(2014年)は8,949人と増加したが、平成27年(2015年)は8,908人、平成28年(2016年)は8,318人と、再び減少した。軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た暴行罪

    程度によっては、暴行罪・器物損壊罪・威力業務妨害罪に問われることもある。軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た無罪

    警察犯処罰令(廃止済み)1条3号に規定されていた「浮浪罪」に相当する。就職活動中の人物に対して、職務質問の別件逮捕として利用されたが、大阪高等裁判所で、奈良県警察の捜査は違法であるとして、無罪判決とした判例がある。軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た遺棄罪

    扶助を必要とする者を保護する義務を負う者(幼児の親、老人や病人の介護者など)がこれを遺棄、放置したときは保護責任者遺棄罪となる。軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た業務妨害罪

    警察・消防等に徒労の出動をさせる目的で、虚構の犯罪や災害を申告した場合は、業務妨害罪に問われた事例がある。軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た礼拝所及び墳墓に関する罪

    程度によっては、威力業務妨害罪・偽計業務妨害罪・礼拝所及び墳墓に関する罪に問われることもある。軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た失火罪

    火災に発展した場合は重過失失火罪、消防法違反になる。軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た職務質問

    国民の権利を必要以上に侵害しないため、戦前に浮浪罪や不敬罪が警察で濫用された事実があり、目的を逸脱して濫用されること(例えば、職務質問などによる別件逮捕や微罪逮捕の手段として利用されること)を防ぐために、以下の規定がある。軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

213件中 51 - 60件表示

「軽犯罪法違反」のニューストピックワード