213件中 71 - 80件表示
  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た浮浪罪

    国民の権利を必要以上に侵害しないため、戦前に浮浪罪や不敬罪が警察で濫用された事実があり、目的を逸脱して濫用されること(例えば、職務質問などによる別件逮捕や微罪逮捕の手段として利用されること)を防ぐために、以下の規定がある。軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た懲役

    騒音、虚偽申告、乞食、のぞきなど33の行為が罪として定められている。公布時は34の行為であったが、第1条第21号(動物の虐待)が動物愛護法で処罰されることとなるのに伴い削除された(最高罰則も、1年の懲役または100万円の罰金に引き上げられた)。軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た科料

    軽犯罪法(けいはんざいほう、昭和23年5月1日法律第39号)は、さまざまな軽微な秩序違反行為に対して拘留、科料の刑を定める日本の法律である。軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た警察犯処罰令

    本法により警察犯処罰令(明治41年内務省令第16号)は廃止された。軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た電車

    経理に従事して職務上多額の現金や有価証券等を職務上電車や徒歩で輸送することがあるから防犯用に催涙スプレーを入手した被告人の男性が、健康上の理由から行うサイクリングを深夜に行う際に、催涙スプレー1本を専ら防御用に隠匿携帯した事例において「正当な理由」があると判断し、1審判決を破棄し無罪とした最高裁の確定判決がある。軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た乗合自動車

    公共の会堂、劇場、飲食店、ダンスホールその他公共の娯楽場において、入場者に対して、又は汽車、電車、乗合自動車、船舶、飛行機その他公共の乗物の中で乗客に対して著しく粗野又は乱暴な言動で迷惑をかけた者軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た事件

    変事非協力の罪。目の前で事件が起きているのに警察官や消防士、自衛官などの協力要請を無視した場合に適用される。軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た乗物

    刃渡り15cm以上の刀(日本刀を指す)・剣等(両刃の刃物を指す)は銃刀法3条により所持が禁止されており、刃体の長さが6cmを超える刃物(カッターナイフやはさみなど)は同法22条により携帯が禁止されているため、本号は原則として6cm以下の刃物等(刃渡りの短い剃刀やアーミーナイフなど)について適用があることになる。また、「隠して」という文言があるため、ベルトに装着したり、キーホルダーなどにぶら下げるなどして(他者から見える形で)公然と携帯していれば軽犯罪法違反に該当しないこととなる。しかし、その一方で多くの道府県の迷惑防止条例では、「何人も、公共の場所又は公共の乗物において、正当な理由がないのに、刃物、鉄棒、木刀その他人の身体に危害を加えるのに使用されるような物を、公衆に対し不安を覚えさせるような方法で携帯してはならない。」と規定されているため、一概に合法とまでは言い切れない。軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た火事

    風水害、地震、火事、交通事故、犯罪の発生その他の変事に際し、正当な理由がなく、現場に出入するについて公務員若しくはこれを援助する者の指示に従うことを拒み、又は公務員から援助を求められたのにかかわらずこれに応じなかった者軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た水運

    みだりに船又はいかだを水路に放置し、その他水路の交通を妨げるような行為をした者軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

213件中 71 - 80件表示

「軽犯罪法違反」のニューストピックワード