149件中 71 - 80件表示
  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た公園

    街路又は公園その他公衆の集合する場所で、たんつばを吐き、又は大小便をし、若しくはこれをさせた者軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た変死

    正当な理由がなくて変死体又は死胎の現場を変えた者軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た悪戯

    他人の業務に対して悪戯などでこれを妨害した者軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た銃砲

    相当の注意をしないで、銃砲又は火薬類、ボイラーその他の爆発する物を使用し、又はもてあそんだ者軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た認識

    「正当な理由」があるとは、同号所定の器具を隠匿携帯することが、職務上又は日常生活上の必要性から、社会通念上、相当と認められる場合をいい、これに該当するか否かは、当該器具の用途や形状・性能、隠匿携帯した者の職業や日常生活との関係、隠匿携帯の日時・場所、態様及び周囲の状況等の客観的要素と、隠匿携帯の動機、目的、認識等の主観的要素とを総合的に勘案して判断すべきである。軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た虐待

    動物を虐待する行為→動物の愛護及び管理に関する法律により、更に厳罰(1年の懲役または100万円の罰金)が科せられるようになった。軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た看守

    廃屋にたむろする行為。住居や、看守されている邸宅等に侵入すれば住居侵入罪が成立する。軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た社会通念

    「正当な理由」があるとは、同号所定の器具を隠匿携帯することが、職務上又は日常生活上の必要性から、社会通念上、相当と認められる場合をいい、これに該当するか否かは、当該器具の用途や形状・性能、隠匿携帯した者の職業や日常生活との関係、隠匿携帯の日時・場所、態様及び周囲の状況等の客観的要素と、隠匿携帯の動機、目的、認識等の主観的要素とを総合的に勘案して判断すべきである。軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た

    、みぞその他の水路の流通を妨げるような行為をした者軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た動物の愛護及び管理に関する法律

    動物を虐待する行為→動物の愛護及び管理に関する法律により、更に厳罰(1年の懲役または100万円の罰金)が科せられるようになった。軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

149件中 71 - 80件表示

「軽犯罪法違反」のニューストピックワード