154件中 91 - 100件表示
  • 花籠部屋

    花籠部屋から見た輪島大士輪島 大士

    1952年(昭和27年)5月場所限りで引退した二所ノ関部屋(大関・佐賀ノ花)所属の元幕内・大ノ海は、年寄・芝田山を襲名すると共に幕内・初代若乃花など数名の内弟子を連れて二所ノ関部屋から分家独立して芝田山部屋を創設した後、1953年5月に名跡変更を行って11代花籠を襲名して、同時に部屋の名称を芝田山部屋から花籠部屋へと改めた。11代花籠は、横綱・若乃花(初代)や横綱・輪島、大関・魁傑、関脇・若秩父、関脇・荒勢などといった錚々たる面々の関取を育て上げ、花籠部屋を大勢力へと成長させた。花籠部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 市瀬英俊

    市瀬英俊から見た輪島大士輪島 大士

    週プロ編集部在籍時には長らく全日本プロレスの担当記者であった。これは市瀬自身が全日本ファンであった事と、市瀬がアルバイトで編集部入りしてしばらくの間は週プロ編集部と全日本との関係があまりよくなく、1986年には取材拒否状態になってしまった事にも起因している。週プロ編集部は、まだ顔が割れていない市瀬に一般のチケットを購入させ観客を装い試合を観戦してきてもらい、会場の様子等を上司に伝える「潜伏取材」をさせていたのである。その後、1986年11月の輪島大士デビュー戦を持って、全日本側が取材拒否を解き、市瀬も晴れて記者として会場に足を運べるようになった。市瀬英俊 フレッシュアイペディアより)

  • がんばれ!!タブチくん!!

    がんばれ!!タブチくん!!から見た輪島大士輪島 大士

    もっとも、阪神時代末期からスポーツ新聞で書きたてられていたことから(金銭トレード キロ当たり250円か?等)トレードに対してはかなり敏感になっていた。他にも当時の大相撲の横綱・輪島とタブチをトレードする(オチではタブチが阪神時代のユニフォーム姿で四股を踏むシーンがある)と言うネタが描かれている。がんばれ!!タブチくん!! フレッシュアイペディアより)

  • 1974年の相撲

    1974年の相撲から見た輪島大士輪島 大士

    幕内最高優勝 : 輪島大士(12勝3敗,5回目)1974年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷川勝敏

    長谷川勝敏から見た輪島大士輪島 大士

    翌5月場所の本場所パンフレットでは小結貴ノ花、関脇輪島、関脇三重ノ海らとともに次の大関候補5人に挙げられたが、8勝7敗に終わり、大関昇進のチャンスを逸してしまった。私生活では数々の命拾いをした強運の持ち主(詳細は下述の「エピソード」を参照)であった長谷川にしてみれば、相撲の番付運としては決して恵まれたとは言い難い。長谷川勝敏 フレッシュアイペディアより)

  • 栃赤城雅男

    栃赤城雅男から見た輪島大士輪島 大士

    1979年11月場所には、輪島、若乃花、三重ノ海の3横綱から金星を獲得するなど上位力士相手でも安定した成績を残した。この場所は4横綱であり、残る北の湖を倒せば史上初の一場所四金星の記録を打ち立てるところであった。栃赤城雅男 フレッシュアイペディアより)

  • ディック・マードック

    ディック・マードックから見た輪島大士輪島 大士

    全日本から新日本に移籍した後も、時々馬場のところに顔を出しては「一杯おごってくれや」と言っては朝まで付き合わせたりしていたそうで、「憎めない奴だった」と馬場は回想している。また、輪島大士のプロレスデビューを受けて、その対戦相手に立候補するために1986年、全日復帰を宣言したことがあるが、1985年末に両団体が結んだ「引き抜き防止協定」に基づいて実現しなかった。ディック・マードック フレッシュアイペディアより)

  • 全日本プロレス中継

    全日本プロレス中継から見た輪島大士輪島 大士

    創立初期は、馬場の人脈を利して一流外国人を常時招へいする一方、日本陣営にサンダー杉山やザ・デストロイヤーを参加させるなど、選手の拡充を図った。さらに、鶴田友美(ジャンボ鶴田)、アントン・ヘーシンク、天龍源一郎、1980年代には輪島大士などといった、話題性のある大型新人を、積極的にデビューさせていった。全日本プロレス中継 フレッシュアイペディアより)

  • 保阪 尚希

    保阪尚希から見た輪島大士輪島 大士

    芸能界屈指の釣り好きで知られ、『とんねるずの生でダラダラいかせて!!』の釣りコーナーにおけるレギュラー的存在にもなった。釣りの経験はかなりあるようで、『生ダラ』で海釣りに行った際に石橋貴明や輪島大士が船酔いで苦しんでいるのを横目に、呑気に食事をしながら「だらしないなぁ、これ位で船酔いしちゃぁ」と悠然と構えていた。また、仲の良い野々村真と釣り番組で共演した際、釣り上げた魚の大きさを競い負けた折に「マコ兄ぃに負けるなんて、俺のプライドが許さない」と負けん気を見せていることから、釣りの腕前には相当の自信を持っているようである。尚、保阪は「釣りは男の壮大なロマンだ!」と言っているが、前妻の高岡早紀に「いったい、何が面白いのか分からない」とバカにされたというエピソードも披露している。保阪尚希 フレッシュアイペディアより)

  • 智ノ花伸哉

    智ノ花伸哉から見た輪島大士輪島 大士

    プロでの経験不足の心配をよそに順調に出世し、入門から4場所目で幕下優勝して十両昇進、9場所目で幕内に上がり11場所連続で勝ち越し、12場所目の1994年1月場所では新小結に昇進した(初日に曙と対戦、取り直しの末惜敗した。この曙との一戦が自身思い出の一番という)。これは、幕下付出からの記録では横綱・輪島を抜くスピード三役昇進である。しかし、同場所では大敗を喫して1場所で平幕に陥落し、三役経験はこれが最初で最後となった。智ノ花伸哉 フレッシュアイペディアより)

154件中 91 - 100件表示

「輪島大士」のニューストピックワード