154件中 11 - 20件表示
  • 幕下付出

    幕下付出から見た輪島大士輪島 大士

    その後、1966年(昭和41年)5月から幕下最下位格付出に固定された。編成上は最下位の枚数(現在は60枚目)と同列に扱われ、負け越しても序二段ではなく三段目に陥落するよう改められた。実際、野村双一(出羽の花義貴)のように一度は跳ね返されてしまう力士や十両昇進を果たせなかった力士もいた。2場所連続で全勝、またはそれに近い成績を挙げれば2場所で十両に昇進できる。この期間内に2場所で十両昇進を果たした力士としては輪島博(大士)、長岡末弘(朝潮太郎)、尾曽武人(武双山正士)、竹内雅人(雅山哲士)の4人が知られる。幕下付出 フレッシュアイペディアより)

  • 下手投げ

    下手投げから見た輪島大士輪島 大士

    その性質上、相手の前に出る力を利用して投げるため上手投げと比して熟達した技量を必要とし、また後ろに下がりながら投げを打つケースが多いことから、「下手投げ主体の力士は大成しない」との決まり文句がある。しかしながら輪島大士は横綱に昇進してその決まり文句を一蹴した。下手投げ フレッシュアイペディアより)

  • 朝潮太郎 (4代)

    朝潮太郎 (4代)から見た輪島大士輪島 大士

    その後、徐々に幕内上位に返り咲き、1980年(昭和55年)3月場所11日目、横綱北の湖との2度目の対戦で、朝汐は北の湖が出たところを豪快な引き落としで破り初金星を挙げ、これを皮切りに朝汐は上位陣から恐れられることになる。以後朝汐は輪島、三重ノ海、若乃花、千代の富士といった横綱陣との対戦では度々土をつけ、特に当時の実力第一人者である北の湖との対戦では、仕切りから横綱の計算を狂わせ、ファンはおろか当の上位力士でさえも驚くばかりの強さを発揮し、当時の幕内力士では唯一北の湖に通算13勝7敗(不戦勝1含む)と歴然とした差で勝ち越したことで話題を呼んだ。素晴らしい成績を挙げながらも優勝・大関には手が届かず、3度あった優勝決定戦ではあと一歩のところで及ばず、勝敗の差が激しく連勝か連敗が目立ついわゆる「連(ツラ)相撲」も特徴であった。この頃は大関挑戦の場所を迎えては負け越し(あるいは最小の勝ち越し)て失敗、数場所後に大勝ちして再(々)度大関挑戦の繰り返しであった。朝潮太郎 (4代) フレッシュアイペディアより)

  • 蔵間竜也

    蔵間竜也から見た輪島大士輪島 大士

    春日野理事長(元横綱・栃錦清隆)の「蔵間は大関になります」の言葉をのちのちまで覚えていた昭和天皇もこれが歯がゆがったか、「蔵間、大関にならないね」とこぼした。春日野は「私は陛下に嘘を申し上げました」と言って謝罪し、その後当人を理事長室へ呼んで叱責したという逸話がある。また、全盛期には若三杉(後の横綱・2代目若乃花)と女性の人気を二分した。私生活も派手で大関の望みが消えてからは横綱・輪島を意識してリンカーン・コンチネンタルを乗り回し、千葉県市川市には蔵間御殿を建て夫人には女優の渡辺やよいを迎えた。蔵間竜也 フレッシュアイペディアより)

  • 三重ノ海剛司

    三重ノ海剛司から見た輪島大士輪島 大士

    1970年7月場所には新三役となる西小結へ昇進し、横綱・大鵬と玉の海を破って初の殊勲賞を受賞した。その後も幕内上位に定着し、1971年11月場所には西小結の位置で11勝4敗の好成績を挙げて初の技能賞を受賞して、長谷川・貴ノ花・輪島・魁傑と共に大関候補として大いに期待され、これらの力士は三角大福にあやかって「貴輪三魁(きりんさんかい)」と呼ばれることもあった。しかし、1972年ごろから肝臓病が悪化して、1973年9月場所から1975年3月場所まで平幕に在位した。1975年5月場所には関脇へ復帰し、同年9月場所において11勝4敗の好成績を挙げ、続く11月場所では13勝2敗の成績を挙げて初の幕内優勝を果たし、翌1976年1月場所において大関へ昇進した。三重ノ海剛司 フレッシュアイペディアより)

  • 黒瀬川國行

    黒瀬川國行から見た輪島大士輪島 大士

    税務署員の二男で、腰を負傷していたためそれを治す目的で相撲界に入門した。1980年3月場所7日目の輪島との取組は前日にNHKのラジオの実況アナウンサーが輪島に対して「明日は黒瀬川、これはもう問題ないでしょう」と発言し、偶然にも黒瀬川は帰りのタクシー内でそれを聴いており、その発言に非常に腹が立ち逆に闘争心を燃やし、翌日の輪島戦はそれを見返すように寄り切りで完勝した。玄人好みの技巧派で、正攻法の取り口だったが、真面目すぎる性格が災いし、大勝ちがなく三賞受賞は1回もなかった。また序ノ口として初めて番付に名が載った場所も、新十両・新入幕・最終場所も全て5月場所だった。黒瀬川國行 フレッシュアイペディアより)

  • 魁傑將晃

    魁傑將晃から見た輪島大士輪島 大士

    1971年(昭和46年)9月場所に新入幕、この場所は7勝8敗と負け越すが幕内にとどまり、11月場所は8勝7敗、1972年(昭和47年)1月場所は7勝8敗、どうにか幕内を維持しているといった程度の凡庸な成績が続いた。しかし3月場所は絶好調で、横綱・北の富士とこの場所大関とりとなる関脇・長谷川らを倒して12勝3敗、長谷川との優勝決定戦では作戦にはまって負けて初優勝はお預けとなった。この頃から輪島、貴ノ花らと並んで「阿佐ヶ谷トリオ」として注目され、特に魁傑は朴訥とした優しいお兄さん的な顔立ちが女学生に受けて絶大な人気を博した。魁傑將晃 フレッシュアイペディアより)

  • 貴ノ花利彰

    貴ノ花利彰から見た輪島大士輪島 大士

    当時まだ日本大学の相撲部員だった輪島が二子山部屋に稽古に来た際、十両時代の貴ノ花が相手をしたことがあった。年齢は輪島の方が若干上なのだが、さすがにプロの十両力士の方が強いだろうという周囲の予想に反し、貴ノ花は学生の輪島に負けてしまった。これに怒った二子山が「おい!黒い廻し持って来い!」(お前に十両の資格はない!)と言ったというエピソードがある(稽古廻しは、十両以上は白で、幕下以下は黒、という取り決めがある)。貴ノ花利彰 フレッシュアイペディアより)

  • 天龍源一郎

    天龍源一郎から見た輪島大士輪島 大士

    東前頭7枚目だった1973年11月場所の千秋楽、横綱輪島が前日に休場した影響で「これより三役」に登場した(横綱琴櫻に負け)。天龍源一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 1973年の相撲

    1973年の相撲から見た輪島大士輪島 大士

    琴桜(3月)、輪島(7月)と新横綱が誕生した。1973年の相撲 フレッシュアイペディアより)

154件中 11 - 20件表示

「輪島大士」のニューストピックワード