171件中 11 - 20件表示
  • 蔵間竜也

    蔵間竜也から見た輪島大士輪島 大士

    全盛期には美男ぶりと巧みなトークを売りに若三杉(後の横綱・2代目若乃花)と女性の人気を二分した。私生活も派手で大関の望みが消えてからは横綱・輪島を意識してリンカーン・コンチネンタルを乗り回し、千葉県市川市には蔵間御殿と呼ばれる豪邸を建て、夫人に女優の渡辺やよいを迎えた。蔵間竜也 フレッシュアイペディアより)

  • アップダウンクイズ

    アップダウンクイズから見た輪島大士輪島 大士

    新春ホープ大会(1971年1月3日) - 島本講平(南海ホークス入団直後)、輪島博(後の第54代横綱・輪島大士)、四代目柳家小せんほか。アップダウンクイズ フレッシュアイペディアより)

  • 巨砲丈士

    巨砲丈士から見た輪島大士輪島 大士

    1979年(昭和54年)3月場所で新入幕を果たし、大鵬部屋第1号の幕内力士となった。その後も相撲巧者ぶりを見せて、1980年(昭和55年)3月場所で新小結、1981年(昭和56年)5月場所で関脇に昇進した。大物食いとしても知られ、金星は第54代横綱輪島から第59代横綱隆の里までの計6横綱(輪島、北の湖、若乃花、三重ノ海、千代の富士、隆の里)から10個を獲得した(なお1984年(昭和59年)9月場所、6日目千代の富士、7日目隆の里と二日続けての金星をあげている)。巨砲丈士 フレッシュアイペディアより)

  • 輝大士

    輝大士から見た輪島大士輪島 大士

    輝 大士(かがやき たいし、1994年6月1日 - )は、石川県七尾市出身の高田川部屋所属の現役大相撲力士。本名は達 綾哉(たつ りょうや)。身長193cm、体重158kg、血液型はO型。最高位は西前頭4枚目(2017年7月場所)。得意手は突き、押し。父方の遠縁は元横綱・輪島大士。目標とする力士は若の里。締め込みの色は2017年現在金色。輝大士 フレッシュアイペディアより)

  • 黒瀬川國行

    黒瀬川國行から見た輪島大士輪島 大士

    税務署員の二男で、腰を負傷していたためそれを治す目的で相撲界に入門した。1980年3月場所7日目の輪島との取組は前日にNHKのラジオの実況アナウンサーが輪島に対して「明日は黒瀬川、これはもう問題ないでしょう」と発言し、偶然にも黒瀬川は帰りのタクシー内でそれを聴いており、その発言に非常に腹が立ち逆に闘争心を燃やし、翌日の輪島戦はそれを見返すように寄り切りで完勝した。左差しを素早く返し、右上手を浅く引いて寄る、正攻法で理詰めと言える玄人好みの技巧派で、正攻法の取り口だったが、真面目すぎる性格が災いし、大勝ちがなく三賞受賞は1回もなかった。また序ノ口として初めて番付に名が載った場所も、新十両・新入幕・最終場所も全て5月場所だった。黒瀬川國行 フレッシュアイペディアより)

  • チョークスラム

    チョークスラムから見た輪島大士輪島 大士

    チョークスラムの起源は後述の輪島大士のオリジナル技であるゴールデン・アームとする説、シッド・ビシャスのオリジナル技であるビシャス・バスターとする説が存在していたが実説はポール・ヘイマンがECWの巨漢レスラーである911(アル・ポーリング)のために開発された。田上明はゴールデンアームからヒントを得たことを認めている。チョークスラム フレッシュアイペディアより)

  • 旭國斗雄

    旭國斗雄から見た輪島大士輪島 大士

    小結だった昭和50年(1975年)3月は膵臓炎で入院し初日から休場したが点滴が終わると病院を抜け出して稽古をしていた。医者に「こんな体で相撲取ったら死ぬぞ」と警告されても「土俵で死ねれば力士の本望」と10日目から出場して4勝2敗。背骨の両脇に上下に並ぶ鍼の跡の絆創膏が大きく目立った。翌場所11勝して三役に復帰すると定着し昭和51年(1976年)1月関脇で12勝3敗、大関獲りとなる3月は13勝2敗で横綱・輪島との優勝決定戦に出場、敗れはしたが大関に昇進した。28歳11ヶ月での新大関昇進は、年6場所制が定着した昭和33年(1958年)1月場所以降初土俵の力士では当時最年長であった(現在は琴光喜が記録を保有)。実際に大関昇進が確定したのはこの場所13日目の北の湖戦で11勝目を挙げたことにより、右上手を取って頭を付けた旭國は、北の湖が右から小手に振るところを左外掛けで防ぎ、渾身の力で寄り切った。立浪部屋からは若羽黒以来17年ぶりの大関。旭國斗雄 フレッシュアイペディアより)

  • デーモン閣下

    デーモン閣下から見た輪島大士輪島 大士

    閣下が特に熱狂的な相撲ファンとなったのは玉の海の活躍がきっかけであると言われており、以来国技館での本場所にとどまらず地方場所へも年に数回は必ず通っている。また、本人はあくまで悪魔の姿で観戦したかったが、日本相撲協会協会理事長直々に「お客さんが相撲に集中できなくなる」という理由で悪魔の姿での入館を謝絶(禁止)されてきたので、通常は人間の姿での観戦に留まっている。閣下贔屓の力士は輪島であり、悪魔のヒーローとして崇めている(「悪魔のヒーロー」とは、人間界における蔑称を指すものではなく、魔界においては最高の尊称である)。悪魔の姿での入館については、北の湖敏満が理事長であった2005年に館内放送のゲストに招かれた際、協会から「どうぞ悪魔の姿で」との返答があり、それで「出入り禁止が解けた」と解したと、北の湖が亡くなった際にコメントしている。デーモン閣下 フレッシュアイペディアより)

  • 四股名

    四股名から見た輪島大士輪島 大士

    また、垣添、片山のように学生相撲出身力士が十両、幕内に昇進しても本名で取り続けることが多くなってきている。幕内力士が最初に本名で土俵に上がった例は1947年6月場所で入幕した岩平貞雄だが、これは幼少のときに生き別れた母親に健在を知らせ、名乗り出てほしいという希望をこめたものと言われている(しかし母親は現れず、一場所で若葉山貞雄と改名した)。かつては明文化されてはいなかったが関取が本名で土俵に上がることは認められない風潮があった。しかし昭和30年代から及川、宇田川、成山、明歩谷などあたりから増え、34代式守伊之助によると輪島大士の頃から本名で土俵に上がることができない風潮がうやむやになっている。出島武春は初土俵から引退まで、幕内75場所(うち大関12場所)を含む81場所にわたって下の名も含め本名のまま取り続けた。本名のまま幕内を長く務めた力士には幕下以下で改名を経験していたり(成山→小野若→成山、蜂矢→栃ノ矢→蜂矢など)、部分的に改名する場合(長谷川勝利→勝敏→勝廣→戡洋、輪島博→大士、霜鳥→霜鳳など)が多い中では極めて異例である。また、出島と同部屋の垣添も幕内40場所以上を経験しながら初土俵から下の名を含め1度も改名しないまま2012年に引退している。曙太郎、武蔵丸光洋など、外国出身力士が日本国籍取得に際して、四股名をそのまま本名にした例もある。2017年には「各力士が四股名についての考えを持っているため、十両昇進を機に無条件に四股名を名乗らせることには諸手を上げて賛同できない」という趣旨の投書が相撲雑誌によせられており、時代的に如何に本名四股名が定着しつつあるかという事実が伺える。本名四股名の中でも自然に関する漢字が含まれている場合は一般に違和感がないとされる。四股名 フレッシュアイペディアより)

  • 貴ノ花利彰

    貴ノ花利彰から見た輪島大士輪島 大士

    当時まだ日本大学の相撲部員だった輪島が二子山部屋に稽古に来た際、十両時代の貴ノ花が相手をしたことがあった。年齢は輪島の方が2歳上なのだが、さすがにプロの十両力士の方が強いだろうという周囲の予想に反し、貴ノ花は学生の輪島に負けてしまった。これに怒った二子山が「おい!黒い廻し持って来い!」(お前に十両の資格はない!)と言ったというエピソードがある(稽古廻しは、十両以上は白で、幕下以下は黒、という取り決めがある)。貴ノ花利彰 フレッシュアイペディアより)

171件中 11 - 20件表示

「輪島大士」のニューストピックワード