154件中 21 - 30件表示
  • 輪島博

    輪島博から見た輪島大士輪島 大士

    輪島博 フレッシュアイペディアより)

  • 山錦善治郎

    山錦善治郎から見た輪島大士輪島 大士

    奇しくも山錦が亡くなった翌日、同じ学生相撲出身の関脇輪島が1972年5月場所で初優勝を果たした。大学出身者の幕内最高優勝は山錦以来42年ぶりのことだった。山錦善治郎 フレッシュアイペディアより)

  • 日本熱学工業

    日本熱学工業から見た輪島大士輪島 大士

    コインクーラー 新珠三千代・輪島大士が共演。日本熱学工業 フレッシュアイペディアより)

  • 琉王優貴

    琉王優貴から見た輪島大士輪島 大士

    金星:1個(1974年5月場所、輪島から)琉王優貴 フレッシュアイペディアより)

  • 惜春 (五木ひろしの曲)

    惜春 (五木ひろしの曲)から見た輪島大士輪島 大士

    元々は、当時の横綱輪島大士に「望郷賦」と言うタイトルで楽曲提供した作品をセルフカバーしたものである。惜春 (五木ひろしの曲) フレッシュアイペディアより)

  • 山田隆

    山田隆から見た輪島大士輪島 大士

    「私は先ほどの判定は不公平だと思ったんですけどね、両方反則ならいいですね」(1986年11月、輪島大士の国内デビュー戦となった対タイガー・ジェット・シン戦。一旦は下った「輪島の反則負け」という裁定が、セコンドの馬場からの抗議で「両者反則(引き分け)」に変更。その最終的な裁定が、会場内に告げられた際の発言。無論「先ほどの判定」とは、一旦宣せられた反則裁定を指す。当時はこうした不透明決着が山ほどあったが、恩恵に与るよりもむしろそれで涙を呑んだ選手の方が多かった)山田隆 フレッシュアイペディアより)

  • ロックブル

    ロックブルから見た輪島大士輪島 大士

    創設当初は大相撲の元横綱・輪島大士が総監督を務めていた。ロックブル フレッシュアイペディアより)

  • 大黒坊弁慶

    大黒坊弁慶から見た輪島大士輪島 大士

    1980年に花籠部屋に入門し、学生横綱の実績により1980年3月場所に幕下付出で初土俵を踏む。上背があり、まわしを取って引く相撲ではなかなかの強さを見せた。鳴り物入りではあったが幕下時代が長く、1984年3月場所に十両に昇進するも今ひとつ勝てず十両在位は3場所に終わった。1985年末に師匠の花籠親方が金銭トラブルのため廃業することが決まったため、本人も1985年11月場所限りに28歳で廃業した。大黒坊弁慶 フレッシュアイペディアより)

  • 1970年のスポーツ

    1970年のスポーツから見た輪島大士輪島 大士

    十両優勝 : 輪島博(13勝2敗)1970年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 1981年の相撲

    1981年の相撲から見た輪島大士輪島 大士

    横綱輪島大士が引退(3月)。1981年の相撲 フレッシュアイペディアより)

154件中 21 - 30件表示

「輪島大士」のニューストピックワード