171件中 31 - 40件表示
  • 1974年の相撲

    1974年の相撲から見た輪島大士輪島 大士

    幕内最高優勝 : 輪島大士(12勝3敗,5回目)1974年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • バディ・ランデル

    バディ・ランデルから見た輪島大士輪島 大士

    1986年はミッドアトランティックと古巣のCWAを股にかけて活動し、CWAではヒールターンしたビル・ダンディーと組んでジェリー・ローラー&ダッチ・マンテルと抗争。その後はアラバマのコンチネンタル・チャンピオンシップ・レスリングを経て、1988年1月には全日本プロレスに初来日。ジャンボ鶴田、輪島大士、ジョン・テンタとのシングルマッチが組まれ、ジャイアント馬場ともタッグマッチで対戦したが、負傷のため途中帰国している。同年はプエルトリコのWWCに再登場し、8月20日にTNTを破りカリビアン・ヘビー級王座を獲得した。バディ・ランデル フレッシュアイペディアより)

  • 若ノ海正照

    若ノ海正照から見た輪島大士輪島 大士

    十両優勝:1回(1972年5月場所。この場所では、同部屋の後輩である関脇・輪島が初の幕内最高優勝を果たしている)若ノ海正照 フレッシュアイペディアより)

  • 花ノ藤昭三

    花ノ藤昭三から見た輪島大士輪島 大士

    日大を経て、1981年3月場所、元横綱輪島の花籠部屋から幕下付出で初土俵(同期に栃司哲史がいた)。1986年にその輪島の不祥事による廃業に伴い放駒部屋へ移籍。軽量で体力に恵まれなかったことなどから十両昇進までに時間を要し、初土俵から6年以上経った1987年11月場所に新十両の土俵に上がった(ご当所場所でもあった)。初土俵から新十両まで所要40場所という記録は学生相撲出身力士のスロー記録3位であり、幕下付出力士に限れば1位となる。寄り身主体の相撲を取っていた一方で土俵際での逆転や上手投げも得意としていた。その後は番付運にも恵まれず、最高位は1988年11場所の東十両筆頭だった。その後も新入幕を目指して相撲を取り続けたが、怪我で幕下に落ちた1990年9月場所限りで廃業した。花ノ藤昭三 フレッシュアイペディアより)

  • ネルソン・ロイヤル

    ネルソン・ロイヤルから見た輪島大士輪島 大士

    リタイア後はノースカロライナ州ムーアズビルにてウエスタンショップの "Nelson Royal Western Store" を経営しつつ、トレーナーとして後進の指導・育成にも携わった。輪島大士のコーチも務め、輪島のデビュー翌年の1987年1月と8月には弟子を伴って全日本プロレスに久々に来日している。また、ムーアズビルではインディー団体のACW(Atlantic Coast Wrestling)を主宰し、1991年まで運営していた。ネルソン・ロイヤル フレッシュアイペディアより)

  • 頑丈人間スパルタカス

    頑丈人間スパルタカスから見た輪島大士輪島 大士

    「W」と書かれたマスクを被る元力士(輪島)や「N」と書かれたマスクを被る元女性テニスプレーヤー(マルチナ・ナブラチロワ)、「M」と書かれたマスクを被る元プロボクサー(マイク・タイソン)など。内輪もめの際に互いの素性を暴露するやり取りが多く、折角のマスクが役に立っていない。頑丈人間スパルタカス フレッシュアイペディアより)

  • 駒不動大助

    駒不動大助から見た輪島大士輪島 大士

    1984年1月場所 花籠部屋(師匠:第54代横綱輪島)から初土俵を踏む。駒不動大助 フレッシュアイペディアより)

  • ワジマ

    ワジマから見た輪島大士輪島 大士

    ワジマはケンタッキー州パリスにある、ブル・ハンコック(Arthur B. Hancock)が所有するクレイボーンファームで生まれた。父はアメリカの偉大な種牡馬ボールドルーラー、母イスクラはフランス産馬で、その父はフランスの名種牡馬ルアール(Le Haar)だった。1歳時に当時のレコードである60万ドル(2015年現在の320万ドル相当)で購入され、ジェームズ・ウェルチ、ジェームズ・A・スカリー、ハロルド・I・シュナイダー、そして日本有数の生産者である吉田善哉の4人が共同で所有した。馬名は日本の大相撲の力士である輪島大士にちなんで命名された。彼らはイーストウェストステーブルの名義でワジマを所有し、調教はステファン・A・ディマウロ(Stephen A. DiMauro)調教師が手がけた。ワジマ フレッシュアイペディアより)

  • パット・オコーナー

    パット・オコーナーから見た輪島大士輪島 大士

    ジャイアント馬場との親交も深く、馬場のランニング・ネックブリーカー・ドロップのアイデアはオコーナーから示唆されたという。馬場の全日本プロレス旗揚げにも選手として協力し、また大相撲横綱・輪島大士がプロレス入りした際、馬場から託されて彼のトレーニングを引き受けた。馬場が全日本旗揚げ直後に行った「世界ヘビー級争覇戦」(初代PWFヘビー級王座の決定戦となった)の対戦相手8人にも(当時すでに40代半ばであったにもかかわらず)起用されている。パット・オコーナー フレッシュアイペディアより)

  • 1979年の相撲

    1979年の相撲から見た輪島大士輪島 大士

    幕内最高優勝 : 輪島大士(14勝1敗,13回目)1979年の相撲 フレッシュアイペディアより)

171件中 31 - 40件表示

「輪島大士」のニューストピックワード