154件中 31 - 40件表示
  • 1979年の相撲

    1979年の相撲から見た輪島大士輪島 大士

    幕内最高優勝 : 輪島大士(14勝1敗,13回目)1979年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 1977年の相撲

    1977年の相撲から見た輪島大士輪島 大士

    幕内最高優勝 : 輪島大士(13勝2敗,10回目)1977年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 1969年の相撲

    1969年の相撲から見た輪島大士輪島 大士

    日大の輪島、東京農大の長浜と、大学生が大相撲入りを表明、学生相撲出身者の大相撲入りが常態化するさきがけとなる。1969年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 輪鵬和久

    輪鵬和久から見た輪島大士輪島 大士

    横綱輪島の付け人をしていた時代、太刀を電車の網棚に忘れ、肝を冷やしたことがある。輪鵬和久 フレッシュアイペディアより)

  • 二枚鑑札

    二枚鑑札から見た輪島大士輪島 大士

    その後、親方の定年に伴い、部屋の継承予定者がまだ現役だったので、二枚鑑札になるのではと思われたケースが1980年以降に大ノ海久光の花籠部屋、星甲昌男の陸奥部屋、羽黒山治の立浪部屋、琴櫻傑將の佐渡ヶ嶽部屋、高見山大五郎の東関部屋の5例があった。しかし、いずれの場合も継承者(輪島大士・星岩涛祐二・旭豊勝照・琴ノ若晴將・潮丸元康)が現役を引退して年寄を襲名、部屋を継承した。大昇充宏の春日山部屋は一度解散して、後継者予定の春日富士晃大ほか力士たちは安治川部屋にあずけられ、春日富士は現役引退後、師匠停年から7年後に部屋を再興した。二枚鑑札 フレッシュアイペディアより)

  • 式守伊之助 (24代)

    式守伊之助 (24代)から見た輪島大士輪島 大士

    正直時代、大関昇進を賭けた1972年9月場所千秋楽、両関脇の初代貴ノ花 - 輪島戦水入りの一番を裁いたが、水入り待ったで両者の足の位置や組み手など取組再開まで、行司の“見せ所”を発揮した。しかしこの一番、取組再開直後に軍配を土俵上に落としてしまうハプニングがあった。式守伊之助 (24代) フレッシュアイペディアより)

  • 第15回日本レコード大賞

    第15回日本レコード大賞から見た輪島大士輪島 大士

    輪島(第54代横綱)第15回日本レコード大賞 フレッシュアイペディアより)

  • 木村庄之助 (35代)

    木村庄之助 (35代)から見た輪島大士輪島 大士

    木村順一を名乗っていた70年代前半(北・玉時代)より幕内取組の場内アナウンスを担当していたが、行司のかけ声の時とは違い、幕内土俵入りの力士紹介で「◯◯県出身、△△部屋」など滑舌が良く、明瞭で良く通る声が印象に残る。第52代横綱北の富士が復活の優勝を全勝で遂げた1972年9月場所千秋楽の幕内後半取組から表彰式までの場内アナウンスを担当(場内アナウンスとしては、・湖時代を一番長く担当)した。木村庄之助 (35代) フレッシュアイペディアより)

  • 天龍同盟

    天龍同盟から見た輪島大士輪島 大士

    1987年、長州力らジャパンプロレス勢が新日本プロレスにUターン移籍した後の全日本プロレスは、かつてのように「日本人レスラー対外国人レスラー」という構図がメインになりつつあった。しかし、それを潔しとしなかった天龍は全日本を活性化するためにジャイアント馬場に「阿修羅・原とタッグを組みたい」と直訴した。その後、2代目タイガーマスクの猛虎7番勝負の第6戦に出場した天龍は日本人同士の同門対決ながら非常に激しい試合をタイガーと繰り広げ、試合を見た馬場から原とのタッグ結成の了承を得る。2人のタッグは「龍原砲」と呼ばれ、同じ日本人レスラーであるジャンボ鶴田や輪島大士との激闘、地方でも試合時間20分に及ぶ手を抜かない姿勢などがファンから絶大な支持を受け、マスコミはこの一連の行動を「天龍革命」「REVOLUTION」と呼んだ。彼ら2人はリング外でも対立構図の意識化を徹底し、移動も全日本本隊と共にせずリング屋のトラックに乗ったり、独自に電車などを調べ移動していた(その後天龍同盟専用のバスができる)。この2人の姿勢に共感した川田利明、サムソン冬木、北原辰巳、天龍の付き人の小川良成がさらに行動を共にするようになりこの6人の軍団は「天龍同盟」と呼ばれた。同盟結成後、1987年に龍原砲がPWF世界タッグ王座を獲得、天龍が鶴田にシングルマッチで2連勝。1988年には天龍がスタン・ハンセンとの統一戦を制しPWF・UNの二冠王となり同日に川田と冬木のタッグチーム「フットルース」がアジアタッグ王座を獲得、その直後には天龍とインターナショナル王者ブルーザー・ブロディとの間で史上初の三冠統一戦、8月には龍原砲が世界タッグ王座を獲得するなどまさにこの時期の全日本は天龍同盟を中心に回っていた。天龍同盟 フレッシュアイペディアより)

  • 駒不動大助

    駒不動大助から見た輪島大士輪島 大士

    1984年1月場所 花籠部屋(師匠:第54代横綱輪島)から初土俵を踏む。駒不動大助 フレッシュアイペディアより)

154件中 31 - 40件表示

「輪島大士」のニューストピックワード