171件中 41 - 50件表示
  • 牛田正郎

    牛田正郎から見た輪島大士輪島 大士

    輪島大士 - 大相撲元横綱。後援会会長を務めていたことがある。牛田正郎 フレッシュアイペディアより)

  • 日本熱学工業

    日本熱学工業から見た輪島大士輪島 大士

    コインクーラー 新珠三千代・輪島大士が共演。社長の牛田正郎は輪島の後援会会長も務めていた。日本熱学工業 フレッシュアイペディアより)

  • 1970年のスポーツ

    1970年のスポーツから見た輪島大士輪島 大士

    十両優勝 : 輪島博(13勝2敗)1970年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • プロレス・スターウォーズ

    プロレス・スターウォーズから見た輪島大士輪島 大士

    甦れ!黄金の左の巻(巻末コメント:輪島大士プロレス・スターウォーズ フレッシュアイペディアより)

  • 天龍同盟

    天龍同盟から見た輪島大士輪島 大士

    1987年、長州力らジャパンプロレス勢が新日本プロレスにUターン移籍した後の全日本プロレスは、かつてのように「日本人レスラー対外国人レスラー」という構図がメインになりつつあった。しかし、それを潔しとしなかった天龍は全日本を活性化するためにジャイアント馬場に「阿修羅・原とタッグを組みたい」と直訴した。その後、2代目タイガーマスクの猛虎7番勝負の第6戦に出場した天龍は日本人同士の同門対決ながら非常に激しい試合をタイガーと繰り広げ、試合を見た馬場から原とのタッグ結成の了承を得る。2人のタッグは「龍原砲」と呼ばれ、同じ日本人レスラーであるジャンボ鶴田や輪島大士との激闘、地方でも試合時間20分に及ぶ手を抜かない姿勢などがファンから絶大な支持を受け、マスコミはこの一連の行動を「天龍革命」「レボリューション」と呼んだ。「レボリューション」の名付け親は天龍の後援者で、ビートルズが1968年にリリースした『レボリューション』が由来である(天龍同盟のオリジナル・ジャージが制作された際、背中部分には同曲の歌詞の一節が縫い込まれていた)。彼ら2人はリング外でも対立構図の意識化を徹底し、移動も全日本本隊と共にせずリング屋のトラックに乗ったり、近鉄に勤務した経験を持つ原が時刻表を調べて乗り継ぎなどを確認し、独自に電車で移動していた(のちに天龍同盟専用のバスが用意される)。天龍同盟 フレッシュアイペディアより)

  • 第15回日本レコード大賞

    第15回日本レコード大賞から見た輪島大士輪島 大士

    輪島大士(第54代横綱)第15回日本レコード大賞 フレッシュアイペディアより)

  • デビッド・ジョーンズ (パンアメリカン航空)

    デビッド・ジョーンズ (パンアメリカン航空)から見た輪島大士輪島 大士

    1974年1月、パンナムを退職し、海外企業の日本での代理業務を行う会社で常務職に就いたが、パンナムにも顧問の立場で残り、賞授与は続いた。この年、輪島の表彰の際に名前を忘れ、輪島本人にこっそり尋ねたというエピソードが残されている。デビッド・ジョーンズ (パンアメリカン航空) フレッシュアイペディアより)

  • 藤沢武

    藤沢武から見た輪島大士輪島 大士

    現役時代は九州・四国・中国・近畿・中部・関東・東北と北海道以外全ての地域で勤務。長らくスポーツ実況を担当し、特に『大相撲中継』では輪島・貴ノ花(初代)、北の湖、千代の富士、若貴フィーバーの時代、千代大海登場の1999年初場所まで23年間務めた。藤沢武 フレッシュアイペディアより)

  • 琉王優貴

    琉王優貴から見た輪島大士輪島 大士

    金星:1個(1974年5月場所、輪島から)琉王優貴 フレッシュアイペディアより)

  • 式守伊之助 (24代)

    式守伊之助 (24代)から見た輪島大士輪島 大士

    1972年9月場所千秋楽、大関昇進を賭けた両関脇の初代貴ノ花 ? 輪島戦水入りの一番を裁いたが、水入り待ったで両者の足の位置や組み手など取組再開まで、行司の“見せ所”を発揮した。しかしこの一番、取組再開直後に軍配を土俵上に落としてしまうハプニングがあった。式守伊之助 (24代) フレッシュアイペディアより)

171件中 41 - 50件表示

「輪島大士」のニューストピックワード