171件中 51 - 60件表示
  • 鶴龍コンビ

    鶴龍コンビから見た輪島大士輪島 大士

    1987年、長州が全日本との契約を破棄して新日本に復帰。天龍はその穴を埋めるため阿修羅・原と組んで「龍原砲」を結成、鶴田や輪島大士らとの抗争に入る。鶴龍コンビは解散し、1990年の天龍の全日本離脱まで復活することはなかった。この後鶴田は谷津嘉章と五輪コンビを結成、谷津の退団後は田上明らとともに「鶴田軍」を率いた。鶴龍コンビ フレッシュアイペディアより)

  • 輪鵬和久

    輪鵬和久から見た輪島大士輪島 大士

    横綱輪島の付け人をしていた時代、太刀を電車の網棚に忘れ、肝を冷やしたことがある。輪鵬和久 フレッシュアイペディアより)

  • 山錦善治郎

    山錦善治郎から見た輪島大士輪島 大士

    奇しくも山錦が亡くなった翌日、同じ学生相撲出身の関脇輪島が1972年5月場所で幕内初優勝を果たした。大学出身者の幕内最高優勝は山錦以来42年ぶりのことだった。山錦善治郎 フレッシュアイペディアより)

  • 出羽ノ花國市

    出羽ノ花國市から見た輪島大士輪島 大士

    この時期の日本相撲協会は土俵の内外で大きな動きが相次ぎ、本場所では大鵬幸喜の現役引退、玉の海正洋の横綱昇進と急逝を経て、元弟子・北の富士勝昭、琴櫻傑將の横綱昇進、そして輪島大士・北の湖敏満の台頭を導いたほか、1972年には外国(ハワイ州出身)力士である高見山大五郎が幕内最高優勝を果たした。海外公演も、1973年には前年の国交回復を受けて中華人民共和国公演(北京市と上海市)を実現させ、大相撲の国際化を推進した。このような矢継ぎ早の行動による大相撲の活性化が、後の両国国技館建設につながる大相撲人気の隆盛の礎となる。出羽ノ花國市 フレッシュアイペディアより)

  • 大錦一徹

    大錦一徹から見た輪島大士輪島 大士

    金星:8個(琴櫻1個、輪島2個、若乃花3個、千代の富士1個、双羽黒1個)大錦一徹 フレッシュアイペディアより)

  • 第14回日本レコード大賞

    第14回日本レコード大賞から見た輪島大士輪島 大士

    輪島大士(大関)-最優秀歌唱賞受賞者の和田アキ子に菊の花束を贈呈した。第14回日本レコード大賞 フレッシュアイペディアより)

  • 木村庄之助 (35代)

    木村庄之助 (35代)から見た輪島大士輪島 大士

    順一を名乗っていた70年代前半(北・玉時代)より幕内取組の場内アナウンスを担当していたが、行司のかけ声の時とは違い、幕内土俵入りの力士紹介で「◯◯県出身、△△部屋」など滑舌が良く、明瞭でよく通る声が印象に残る。第52代横綱北の富士が復活の優勝を全勝で遂げた1972年9月場所千秋楽の幕内後半取組から表彰式までの場内アナウンスを担当(場内アナウンスとしては、・湖時代を一番長く担当)した。木村庄之助 (35代) フレッシュアイペディアより)

  • 杉森久英

    杉森久英から見た輪島大士輪島 大士

    天才横綱 輪島大士物語(河出書房新社 1998.1)杉森久英 フレッシュアイペディアより)

  • 栃富士勝健

    栃富士勝健から見た輪島大士輪島 大士

    貴ノ花や輪島は十両から平幕の頃彼を苦手としており、貴ノ花に対しては4勝3敗、輪島に対しては4勝1敗の成績を残している。だが、彼らが三役に昇進した時期に対戦する機会はなかった。栃富士勝健 フレッシュアイペディアより)

  • 外掛け

    外掛けから見た輪島大士輪島 大士

    1980年1月場所初日、関脇増位山が横綱輪島を左外掛けで破った一番1。外掛け フレッシュアイペディアより)

171件中 51 - 60件表示

「輪島大士」のニューストピックワード