154件中 51 - 60件表示
  • 定岡 正二

    定岡正二から見た輪島大士輪島 大士

    輪島大士(生ダラでサダーズの異色コンビを結成した)定岡正二 フレッシュアイペディアより)

  • 内外タイムス

    内外タイムスから見た輪島大士輪島 大士

    かつてはプロレス記事を扱っている数少ない日刊紙として知られた(1980年代までは、同紙と東京スポーツ・デイリースポーツのみ)。輪島のプロレス入り以降、多くの新聞がプロレスを扱うようになったが、本紙も継続してプロレスを扱い続けており、ケータイでのコンテンツとするなど目玉商品となっている。なお、新オーナーのアムス・インターナショナルもかつては格闘技(スマックガール)のスポンサーをしていたが、スマックガールの崩壊もあり、紙面とは関係ないと思われている。内外タイムス フレッシュアイペディアより)

  • トム・マギー

    トム・マギーから見た輪島大士輪島 大士

    1988年3月、全日本プロレスに再来日し、輪島大士やジョン・テンタと対戦。1989年もWWFのハウス・ショーに単発出場したが、戦績は芳しくなかった。トム・マギー フレッシュアイペディアより)

  • ネルソン・ロイヤル

    ネルソン・ロイヤルから見た輪島大士輪島 大士

    リタイア後はノースカロライナ州ムーアズヴィルにてウエスタンショップの "Nelson Royal Western Store" を経営しつつ、トレーナーとして後進の指導・育成にも携わった。輪島大士のコーチも務め、輪島のデビュー翌年の1987年1月と8月には弟子を伴って全日本プロレスに久々に来日している。ネルソン・ロイヤル フレッシュアイペディアより)

  • 鶴龍コンビ

    鶴龍コンビから見た輪島大士輪島 大士

    1987年、長州が全日本との契約を破棄して新日本に復帰。天龍はその穴を埋めるため阿修羅・原と組んで龍原砲を結成、鶴田や輪島大士らとの抗争に入る。鶴龍コンビは解散し、1990年の天龍の全日本離脱まで復活することはなかった。この後鶴田は田上明らとともに「鶴田軍」を率いる。鶴龍コンビ フレッシュアイペディアより)

  • 若獅子茂憲

    若獅子茂憲から見た輪島大士輪島 大士

    小兵だが、立合い一瞬の蹴手繰りや立ち合いから回転の速い突っ張りで動き回って蹴返しを決めるといった堂々たる取り口だった。また右前褌を取り、一気に攻め込む正攻法の相撲も時折見せた。1976年3月場所では、西前頭13枚目で11勝4敗と大勝した(三賞受賞は逸している)。この場所では若獅子の他、旭國斗雄(東関脇、13勝2敗で西横綱・輪島大士との優勝決定戦に敗れたものの技能賞を受賞、場所後大関に昇進した。)・鷲羽山佳和(東小結、10勝5敗で敢闘賞受賞。)・北瀬海弘光(西前頭11枚目、11日目に輪島を破り金星を挙げるなど12勝3敗で殊勲賞受賞。)と小柄な力士達が揃って活躍して優勝争いを盛り上げ、「小兵力士旋風」が吹き荒れた。そして同年7月場所では東前頭6枚目で三重ノ海剛司や大受久晃を破るなど11勝4敗と再び大勝ちし、生涯唯一の三賞となる敢闘賞を受賞。三役昇進当確の星を挙げて翌9月場所、初めて小結に昇進した。しかし、3勝12敗と大敗を喫し1場所で平幕に陥落。三役経験は結局この1場所だけに終わっている。以降は前頭上位?中位での土俵が続き、1978年7月場所では3年ぶりに十両に陥落した。その後、十両上位?中位で何度か好成績を残すも番付運に泣かされ、1981年7月場所で再び入幕するまで3年以上かかってしまった。1982年7月場所中、右膝を故障。それ以降、本来の相撲がまったく取れなくなり怪我と戦いながらの相撲が続いた。そして1983年3月場所は西十両9枚目の地位で迎えたが、膝の調子が思わしくなく途中休場もあったため5勝8敗2休と関取の地位を維持するには困難な成績となり、場所後に35歳で現役を引退した(但し、5月場所の番付発表後に引退を表明したため、同場所の番付には東幕下2枚目に「若獅子」の名が載っている)。引退後は年寄・鳴戸を借り株で襲名し二子山部屋の部屋付きの親方として後進の指導に当たった他、指導普及部委員も務め、最後は名跡を借りていた関係もあるのか、同門の峰崎部屋に部屋付き親方として移籍していた。若獅子茂憲 フレッシュアイペディアより)

  • 龍原砲

    龍原砲から見た輪島大士輪島 大士

    1987年3月に長州力らジャパンプロレス勢が全日本を離脱した際、長州参戦以前の日本人対外国人を主流とした全日本プロレスに戻ることに危機感を抱いた天龍と原が全日本マットの活性化を図り結成され、ジャンボ鶴田や輪島大士らに抗争を仕掛けていった。TV収録の無い地方興行でも、連日30分近い熱戦を繰り広げ、ファン支持を集めた。全日本での活動期間は1988年11月に原が全日本を解雇されたため1年5か月と短かったが、全日本のファイトスタイルを馬場・鶴田のアメリカンスタイルから三沢光晴らのプロレス四天王につなぐ架け橋役を果たした功績は大きい。1987年9月にスタン・ハンセン&オースチン・アイドルを破ってPWF世界タッグ王座、1988年8月に鶴田&谷津嘉章を破って世界タッグ王座を獲得している。龍原砲 フレッシュアイペディアより)

  • 1980年のスポーツ

    1980年のスポーツから見た輪島大士輪島 大士

    幕内最高優勝 : 輪島大士(14勝1敗,14回目)1980年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • スポーツ行進曲

    スポーツ行進曲から見た輪島大士輪島 大士

    この行進曲は通称「日本テレビスポーツのテーマ」といい、番組オープニングのテロップでは「NTVスポーツのテーマ」と表記されることが多かった。プロレスラー・ジャイアント馬場の「王者の魂」以前の入場曲、もしくは輪島大士のプロレスラー時代の入場曲としても知られる。全日本プロレスにおいてはバトルロイヤル形式の試合時の入場にも使われたことがある。スポーツ行進曲 フレッシュアイペディアより)

  • パット・オコーナー

    パット・オコーナーから見た輪島大士輪島 大士

    ジャイアント馬場との親交も深く、馬場のランニング・ネックブリーカー・ドロップのアイデアはオコーナーから示唆されたという。馬場の全日本プロレス旗揚げにも選手として協力し、また大相撲横綱・輪島大士がプロレス入りした際、馬場から託されて彼のトレーニングを引き受けた。馬場が全日本旗揚げ直後に行った「世界ヘビー級争覇戦」(初代PWFヘビー級王座の決定戦となった)の対戦相手8人にも(当時すでに40代半ばであったにもかかわらず)起用されている。パット・オコーナー フレッシュアイペディアより)

154件中 51 - 60件表示

「輪島大士」のニューストピックワード