171件中 61 - 70件表示
  • 1948年のスポーツ

    1948年のスポーツから見た輪島大士輪島 大士

    1月11日 - 輪島大士(石川県、相撲)1948年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 1981年のスポーツ

    1981年のスポーツから見た輪島大士輪島 大士

    3月10日 - 大相撲の横綱輪島大士引退1981年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 高見山大五郎

    高見山大五郎から見た輪島大士輪島 大士

    1983年11月場所12日目の大潮戦で負傷し途中休場、左ヒジの変形関節症と捻挫後遺症により、1984年1月場所8日目から途中休場して十両に陥落したが、1968年1月場所に新入幕して以来、16年間、97場所にもわたる幕内在位は、当時の大相撲最長記録。また、のべ12個の金星を獲得し、一時は現役力士の最多記録だった。金星のうち7個は輪島から獲得している。また、輪島とは19勝24敗(不戦勝1個を含む)とほぼ互角だった。高見山大五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 福の花孝一

    福の花孝一から見た輪島大士輪島 大士

    金星:5個(玉の海2個、北の富士2個、輪島1個)福の花孝一 フレッシュアイペディアより)

  • 鷲羽山佳和

    鷲羽山佳和から見た輪島大士輪島 大士

    小柄ながら正攻法の相撲で、突っ張りや押し、いなしと言った多彩な技で長く土俵を沸かせた。北の湖には1975年11月場所8日目に金星を獲得、また新小結だった1976年3月場所4日目にも勝利している。この大横綱をして、「あの人は僕とは相撲の見方が違う」と言わしめた力士だった。ただし輪島に対しては極端に成績が悪く、初顔から18度戦って終に、一度も勝てずに終わった。鷲羽山佳和 フレッシュアイペディアより)

  • 石川孝志

    石川孝志から見た輪島大士輪島 大士

    その後、ジャイアント馬場の意向もあり、武者修行のため渡米。元NWA王者パット・オコーナーのトレーニングを受け、11月17日にはボブ・オートン・ジュニア戦でアメリカマットでデビュー。約1年の全米サーキットを行う。凱旋帰国は1978年国際プロレスの日本リーグ争覇戦で、全日本勢と共に参戦した。1979年に全日本プロレスに正式入団。勢いのあるファイトが持ち味の中堅選手として活躍し、特にアジアタッグ戦線の常連になる。また、トレーニング理論に一家言を持っていたことから、プロレス雑誌でトレーニング方法紹介の連載を持っていたこともある。全日本プロレスでの活動後期は、同じ日大相撲部出身で、力士時代も同部屋であった輪島とタッグを組むことも多かった。石川孝志 フレッシュアイペディアより)

  • 金城興福

    金城興福から見た輪島大士輪島 大士

    他にも対2代若乃花(若三杉)は2勝29敗、対三重ノ海は2勝17敗、対輪島は2勝15敗(初顔から連続金星の後、15連敗)など上位陣に対しての成績が極端に悪かった。そのためか、三役には定着できずに終わった。金城興福 フレッシュアイペディアより)

  • 1975年の相撲

    1975年の相撲から見た輪島大士輪島 大士

    1月、入場料(平均36%)値上げ、懸賞金2万5000円にアップ。1月場所番付で、大関が貴ノ花1人となったため、西横綱輪島が〈横綱大関〉と番付に書かれる。十両隆ノ里俊英が白星と黒星を一日交代にするいわゆる〈ヌケヌケ〉の星をあげる。場所後、魁傑將晃が大関に昇進。1975年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 引分 (相撲)

    引分 (相撲)から見た輪島大士輪島 大士

    なお、引分を記録した力士が優勝争いにからんだ最後の例は、1958年11月場所の初代若乃花で、7日目に出羽錦と(3度目の)引分があって14日目を終わって12勝1敗1分、13勝1敗の3代朝潮と千秋楽結びの一番となり、勝てば朝潮を半星差で逆転して優勝だったが(朝潮は引分でも優勝)敗れている。また前述の幕内最後の引分を記録した1974年9月場所の三重ノ海も最終的に11勝3敗1分で、14勝1敗の輪島に2勝半の差ながら優勝次点に当たる成績を残している。引分 (相撲) フレッシュアイペディアより)

  • 輪島 功一

    輪島功一から見た輪島大士輪島 大士

    現在は東京・西荻窪で『輪島功一スポーツジム』を運営。後進の指導に当たる一方、だんご店『だんごの輪島』経営、『東日本ボクシング協会』前会長、さらには芸能界でのタレント活動と幅広く活躍中。大相撲の横綱・輪島として活躍した輪島大士と従兄弟と言っていたことがあるが、後に本人が語った所によれば、2人が同じ苗字でプロスポーツで頂点に立ち、タレント活動をしていたことと共通点が多いため従兄弟という設定で売り出したとのこと(元々2人は友人同士だったため、本人は横綱のことを「ひろし」と呼び、横綱には「こうチャン」と呼ばれていた)。しかし、この説明は、輪島直幸を含む3人が従兄弟である、と横綱現役の頃から言われていたという事実と矛盾する。輪島功一 フレッシュアイペディアより)

171件中 61 - 70件表示

「輪島大士」のニューストピックワード