154件中 61 - 70件表示
  • プロレス・スターウォーズ

    プロレス・スターウォーズから見た輪島大士輪島 大士

    甦れ!黄金の左の巻(巻末コメント:輪島大士プロレス・スターウォーズ フレッシュアイペディアより)

  • アマチュア相撲

    アマチュア相撲から見た輪島大士輪島 大士

    輪島博(横綱・輪島大士・花籠部屋・石川県)アマチュア相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 1981年のスポーツ

    1981年のスポーツから見た輪島大士輪島 大士

    3月10日 - 大相撲の横綱輪島大士引退1981年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 1974年のスポーツ

    1974年のスポーツから見た輪島大士輪島 大士

    幕内最高優勝:輪島大士(12勝3敗,5回目)1974年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 1973年のスポーツ

    1973年のスポーツから見た輪島大士輪島 大士

    5月30日 - 大相撲の輪島大士が初の学生相撲出身横綱に1973年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • タイガー・ジェット・シン

    タイガー・ジェット・シンから見た輪島大士輪島 大士

    1981年7月に全日本プロレスに移籍し、再び上田とのタッグでジャイアント馬場&ジャンボ鶴田組からインタータッグ王座を獲得。1980年代前半はザ・シークやテリー・ファンクら外人選手との対戦で、シンの持ち味が発揮されることがあったが、ほぼ同時期に新日本プロレスから移籍したスタン・ハンセンらの影に隠れ、全日本プロレスでは精彩を欠く存在であった。輪島大士の国内デビュー戦の相手に抜擢されたり、全日本プロレスにUターンしたアブドーラ・ザ・ブッチャーとの凶悪タッグを結成するものの、人気低下に歯止めがかからず、一時的な話題を提供するだけに留まった。特に1980年代後半は以前と比べると流血試合が大幅に減った上に体重が増加し、シンの持ち味であるスピーディーな暴れっぷりは徐々に衰えていった。タイガー・ジェット・シン フレッシュアイペディアより)

  • 不戦勝 (相撲)

    不戦勝 (相撲)から見た輪島大士輪島 大士

    優勝制度が設けられて以後、不戦敗(途中休場を含む)を記録した優勝力士として、横綱輪島と横綱千代の富士(現九重)の2人がいる。不戦勝 (相撲) フレッシュアイペディアより)

  • 懸賞 (相撲)

    懸賞 (相撲)から見た輪島大士輪島 大士

    (唯一の例外として昭和45年の輪島vs長浜(豊山))。原則として一場所15日間、毎日懸賞を出すことが求められていたが、2000年からは5本以上であれば1日だけでも懸賞を出す事ができ、また同じ取組に複数本懸賞を出せるようになった。その形式は、後援する力士の取組すべてにかけたり、出場力士にかかわらず結びの一番には必ずかけるなど、さまざまである。懸賞 (相撲) フレッシュアイペディアより)

  • 栃富士勝健

    栃富士勝健から見た輪島大士輪島 大士

    1961年5月場所初土俵。小兵力士の多い春日野部屋において珍しい大型力士として早くから注目されていた。幕下までは順調に昇進するもここで苦労する。特に1967年3月場所では東幕下筆頭で6勝1敗と好成績を挙げながら、番付削減のあおりを受けて翌場所は東幕下3枚目に下げられた。しかし腐らずその場所7戦全勝で幕下優勝し、翌1967年7月場所に新十両昇進を果たした。さらに1968年9月場所には新入幕を果たしたが1場所で陥落、2場所後の1969年1月場所に再入幕して11勝を挙げ、翌3月場所9日目に柏戸をうっちゃり、最初の横綱挑戦で金星を挙げた。だが同年9月場所には十両に陥落し、1971年1月に再々入幕、5月は自己最高位の前頭3枚目となり、初日に大鵬と対戦した。大鵬の突き押しをしのいで押し返すと大鵬は尻餅をつき、柏鵬の両方から1度だけの対戦で金星を得るという記録を残した。大鵬は同場所5日目に貴ノ花に寄り倒しで敗れた後引退を表明したが、尻から落ちるという敗け方を下位力士相手に2度も喫したことで限界を実感したとされ、栃富士戦が引退に与えた影響も大きい。貴ノ花や輪島は十両から平幕の頃彼を苦手としており、貴ノ花に対しては4勝3敗、輪島に対しては4勝1敗の成績を残している。栃富士勝健 フレッシュアイペディアより)

  • 豊山広光

    豊山広光から見た輪島大士輪島 大士

    同年9月、幕下付出から所要わずか3場所、幕下で2場所連続全勝優勝して十両に昇進。その後は1年ほど十両にあり、十両上位?中位で幾度か好成績を残すも番付運が悪く入幕の機会を逸し続けていたが、1971年11月場所で漸く入幕を果たした。1972年7月、師匠で大学の先輩でもある時津風親方の現役時の四股名「豊山」に改名。突き押しから右四つに組んで吊り寄りを見せる正攻法の相撲を得意としたが、不器用な面があり、特に土俵際に寄り立てた際に肩が使えず天井を向いて腹を突き出して決めに行くことから詰めが甘かった。それでも地力があったこともあり、長く幕内で活躍した。大学時代からのライバルであった横綱・輪島(日本大学卒業)との一番には特に激しい闘志を燃やし、金星4個を獲得するなど善戦。一方で横綱・北の湖には全く歯が立たず、幕内どうしでの対戦成績は21戦全敗を記録した。豊山広光 フレッシュアイペディアより)

154件中 61 - 70件表示

「輪島大士」のニューストピックワード