171件中 71 - 80件表示
  • ジャパンプロレス

    ジャパンプロレスから見た輪島大士輪島 大士

    田上明のプロフィールは「ジャパンプロレス入団」となっているが、これは当時、大相撲廃業後すぐに全日本入門を志願したことで(元横綱輪島大士の全日本入門もあり)馬場が角界の目を気にして取った暫定的な措置である。入団した1987年8月は既に団体機能が崩壊し、興行会社として存続していた状態であり、従って籍はジャパンに置いていたが実質的には全日本所属選手だったということになる。ジャパンプロレス フレッシュアイペディアより)

  • アマチュア相撲

    アマチュア相撲から見た輪島大士輪島 大士

    輪島博(横綱・輪島大士、花籠部屋、石川県)アマチュア相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤賢司

    遠藤賢司から見た輪島大士輪島 大士

    1991年、インディーズレーベルのソリッドから遠藤賢司バンド名義で二枚組ライヴアルバム『不滅の男 遠藤賢司バンド大実況録音盤』を発表。1989年から1990年にかけてのライブ音源を収録。当時のメンバーは湯川、嶋田であったが、正式メンバーに加入する前の石塚もゲスト参加している。本作収録の「輪島の瞳」は、当時プロレスに転向して世間の嘲笑的注目を浴びていた元横綱輪島大士に捧げたものであり、演奏時間は25分以上にもおよぶ。また同年には、インディーズレーベルのナツメグから、遠藤賢司バンド名義でマキシシングル「史上最長寿のロックンローラー」も発表。60cm四方の超特大ジャケットで、ジャケット裏の特製双六は根本敬による。収録されている楽曲も25分を超えるものであった。アナログ盤も製作され、米国発売された。遠藤賢司 フレッシュアイペディアより)

  • 若獅子茂憲

    若獅子茂憲から見た輪島大士輪島 大士

    小兵だが、立合い一瞬の蹴手繰りや立合いから回転の速い突っ張りで動き回って引き落としや蹴返しを決めるといった堂々たる取り口だった。また右前褌を取り、一気に攻め込む正攻法の相撲も時折見せた。1976年3月場所では、西前頭13枚目で11勝4敗の好成績を挙げた(三賞受賞は逸している)。この場所では若獅子の他、旭國斗雄(東関脇、13勝2敗で西横綱・輪島大士との優勝決定戦に敗れたものの技能賞を受賞、場所後大関に昇進した。)・鷲羽山佳和(東小結、10勝5敗で敢闘賞受賞。)・北瀬海弘光(西前頭11枚目、11日目に輪島を破り金星を挙げるなど12勝3敗で殊勲賞受賞。)と小柄な力士達が揃って活躍して優勝争いを盛り上げ、「小兵力士旋風」が吹き荒れた。そして同年7月場所では東前頭6枚目で三重ノ海剛司や大受久晃を破るなど11勝4敗の好成績を挙げ、生涯唯一の三賞となる敢闘賞を受賞。三役昇進当確の星を挙げて翌9月場所、初めて小結に昇進した。しかし、3勝12敗と大敗を喫し1場所で平幕に陥落。三役経験は結局この1場所だけに終わっている。以降は前頭上位?中位での土俵が続き、1978年7月場所では3年ぶりに十両に陥落した。その後、十両上位?中位で何度か好成績を残すも番付運に泣かされ、1981年7月場所で再び入幕するまで3年以上かかってしまった。1982年7月場所中、右膝を故障。それ以降、本来の相撲がまったく取れなくなり怪我と戦いながらの相撲が続いた。そして1983年3月場所は西十両9枚目の地位で迎えたが、膝の調子が思わしくなく途中休場もあったため5勝8敗2休と関取の地位を維持するには困難な成績となり、場所後に35歳で現役を引退した(但し、5月場所の番付発表後に引退を表明したため、同場所の番付には東幕下2枚目に「若獅子」の名が載っている)。若獅子茂憲 フレッシュアイペディアより)

  • 三杉磯拓也

    三杉磯拓也から見た輪島大士輪島 大士

    その後、1981年(昭和56年)5月場所から、「東洋(あずまなだ)」と改名。1983年(昭和58年)11月場所では十両へ陥落し、1984年(昭和59年)3月場所より、四股名を「三杉磯」へと戻し、1985年(昭和60年)9月場所で再入幕を果たした。同年12月には、現役引退後に花籠部屋を継いでいた元兄弟子・輪島(元横綱)の不祥事に伴い花籠部屋が消滅したため、同門の放駒部屋へ移籍した。三杉磯拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 若乃花幹士 (2代)

    若乃花幹士 (2代)から見た輪島大士輪島 大士

    一時期肝炎を患って伸び悩んだものの、1977年1月場所には関脇で3場所連続の11勝4敗の成績を挙げ、場所後に大関に昇進した。大関時代は柔らかい足腰、切れ味鋭い投げ技で、北の湖・輪島全盛期のなかで活躍。実力と共に人気も急上昇してCMにも多数出演し、テイチクレコードからはドクター南雲(南雲修治)による応援歌「ソウル若三杉」がリリースされ、また若三杉自身もローオンレコードから「泣きぼくろ」で歌手デビューもした。大関2場所目となる1977年5月場所には13勝2敗で初優勝し、以後横綱昇進を期待される。若乃花幹士 (2代) フレッシュアイペディアより)

  • 琴風豪規

    琴風豪規から見た輪島大士輪島 大士

    金星:6個(北の湖3個、輪島2個、2代若乃花1個)琴風豪規 フレッシュアイペディアより)

  • マービンJr.

    マービンJr.から見た輪島大士輪島 大士

    生まれも育ちも東京で、母方の祖父の影響で相撲に興味を持った。7歳の時に東京都文京区の相撲クラブに入る。1995年春には日本テレビ系「とんねるずの生でダラダラいかせて!!」で、番組準レギュラーの第54代横綱・輪島大士の指導を受けたことがある。当時は口調が舌っ足らずで、自己紹介で「7歳」と言ったつもりが「ララ歳」としか聞こえず、出演者の笑いを誘った(この時はとんねるずの石橋貴明も同行しており、マービンがとんねるずのみなさんのおかげでしたの博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜に出演した際に石橋から「小学生の時に会ったことがあるよね」と言われたという)その後わんぱく相撲で活躍し、“下町の曙”の異名を取った。埼玉栄高校相撲部時代には、インターハイ団体戦で連覇を達成するなど活躍した。同校の1年先輩に澤井=後の豪栄道がいる。後年本人は「(澤井は)ちょっとやんちゃで後輩からは少し怖がられていたけど、なぜか僕はすぐ気に入られて可愛がってもらいました」と振り返っている。稽古場では澤井と300回ほど手を合わせたが、5回だけ勝った相撲は嬉しくて全部覚えていると、2017年に芸人たちと千代の国とで行ったトークライブで語っている。マービンJr. フレッシュアイペディアより)

  • 王道プロレス

    王道プロレスから見た輪島大士輪島 大士

    1980年代に王道プロレスという激しいプロレスの源流となったのは天龍源一郎が掲げた「天龍革命」と言われている。1987年、長州力たちジャパンプロレス勢が新日本プロレスへUターン。全日本マットから激しさが失われつつあった際に天龍は「輪島(輪島大士)・ジャンボ(ジャンボ鶴田)と闘うしかない」とアピールし、日本人同士による闘いによって全日本を盛り上げようとしたのである。そして天龍は本気になった鶴田と闘いたいとの思いから「ジャンボは風呂に浮いているヘチマ」などと口撃、天龍は馬場が嫌っていた口によるアピールなどを駆使してでも全日本に激しいプロレスを取り戻そうとしたのであった。天龍が鶴田にハッパをかけたことにより鶴田たちと天龍同盟による抗争が激しくなると自然と全日本に激しい闘いが戻り、そして1989年に入ると全日本は「明るく、楽しく、激しいプロレス」というスローガンを掲げ、リングアウトや反則による決着は「暗いプロレス」であると定義づけして廃するのである。そして、本気になったと言われている鶴田と天龍が三冠ヘビー級王座を争うようになり、1989年6月5日、日本武道館での試合が「プロレス大賞」年間最高試合に選出され、激しいプロレスを定義付けしたと言われる。王道プロレス フレッシュアイペディアより)

  • 琴櫻傑將

    琴櫻傑將から見た輪島大士輪島 大士

    それでも同年7月場所は14勝1敗で、唯一負けた相手である北の富士との優勝決定戦で勝利して優勝を決め、横綱に対する不安の声を一蹴した。しかし琴櫻の不安は的中して、体力の衰えも重なって長く務めることができず、横綱在位は僅か8場所で、1974年7月場所前に引退を表明した。対戦力士の中で一番苦手としていたのは三重ノ海で、対戦成績は7勝11敗・横綱昇進までは3勝9敗だった。1975年2月1日に引退相撲が開催され、太刀持ちに北の湖、露払いに輪島を従えて最後の横綱土俵入りを執り行った。断髪式では師匠が死去していたため、二所ノ関が止め鋏を入れた。琴櫻傑將 フレッシュアイペディアより)

171件中 71 - 80件表示

「輪島大士」のニューストピックワード