154件中 71 - 80件表示
  • 1976年のスポーツ

    1976年のスポーツから見た輪島大士輪島 大士

    幕内最高優勝:輪島大士(13勝2敗,8回目)1976年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • マービンJr.

    マービンJr.から見た輪島大士輪島 大士

    生まれも育ちも東京で、母方の祖父の影響で相撲に興味を持った。1995年春には日本テレビ系「とんねるずの生でダラダラいかせて!!」で、番組準レギュラーの第54代横綱・輪島大士の指導を受けたことがある。当時は口調が舌っ足らずで、自己紹介で「7歳」と言ったつもりが「ララ歳」としか聞こえず、出演者の笑いを誘った。その後わんぱく相撲で活躍し、“下町の曙”の異名を取った。埼玉栄高校相撲部時代(1年先輩に澤井=後の豪栄道)には、インターハイ団体戦で連覇を達成するなど活躍した。マービンJr. フレッシュアイペディアより)

  • 麒麟児和春

    麒麟児和春から見た輪島大士輪島 大士

    1974年(昭和49年)9月場所新入幕、好成績でいきなり横綱輪島にあわせられるなど(この一番は注文相撲であっけなく輪島の勝ちとなったが、横綱らしくない取り方と解説者から「注文」をつけられた)すぐに幕内上位に定着、突っ張りを得意としたきっぷのいい押し相撲(左四つでも相撲が取れた)で入幕以来7場所連続勝ち越して関脇まで昇進し三役と三賞の常連になる。輪島とは初顔の対戦以来、10度目の対戦(1976年9月場所)まで7勝3敗とカモにしていた(その後は逆にカモにされ、1不戦敗を含む1勝12敗)。麒麟児和春 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木信也

    佐々木信也から見た輪島大士輪島 大士

    花田勝(元・横綱三代目若乃花)・貴乃花光司兄弟の生誕に関して、講演で「貴乃花は輪島の子供」等の風説を流した。実母の藤田憲子や実父の貴ノ花は深く傷つき後に佐々木は謝罪したという。藤田の著書『凛として…』によれば、彼女はDNA鑑定も検討したほどであったという。佐々木信也 フレッシュアイペディアより)

  • 金城興福

    金城興福から見た輪島大士輪島 大士

    柔軟な体質と重い腰を持っており将来の大関候補として期待され、1979年1月場所後、春日野部屋出身の先輩と同じ「栃光」の四股名を襲名した。先代・栃光(引退後、年寄・千賀ノ浦を襲名したが、1977年3月に死去)は、隣県の熊本出身ということもあり、親方時代によく可愛がってくれたという。しかし、その後は半身相撲で攻撃に積極性がないことが災いして(稽古不足が指摘される面もあった)成績は大きく伸びず、自分より番付上位の力士には歯が立たない状態が続いた。特に北の湖とは29回対戦して一度も勝てず、これは一方的な連続敗戦の記録となっている。他にも対若乃花は2勝29敗、対三重ノ海は2勝17敗、対輪島は2勝15敗(初顔から連続金星の後15連敗)など上位陣に対する成績の悪さ故に三役で安定した成績が挙げられず、結局三役に定着できないまま終わった。半身になって相手の出方を待って下手投げを打つのが得意で、よく無用な蹴手繰りや蹴返しも見せていた。番付下位の力士に対しては安定した成績を挙げ、怪我も少なく、新入幕の場所から59場所連続で約10年もの間にわたり幕内の地位を保った。金城興福 フレッシュアイペディアより)

  • 黒姫山秀男

    黒姫山秀男から見た輪島大士輪島 大士

    出稼ぎに出た父親が戻ってこず、中学卒業後に家の家計を助けるために大相撲入りを決断し、1964年3月場所で初土俵を踏んだ。四股名は師匠の立浪親方(元横綱・羽黒山)による命名で、師匠が本人に「故郷の近くに山でもあるか」と訊ねた際、本人が「黒姫山があります」と答えたことで決まった。順調に出世し、1969年3月場所に新十両、同年7月場所に新入幕を果たした。立合いからのぶちかましは強烈で、その威力から蒸気機関車の代名詞である「デゴイチ」との異名をとった。また、額の広いことで「デボネア」とのあだ名もあった。横綱・大関陣との対戦でも必殺のぶちかましで活躍し、横綱・北の湖に8勝、横綱・輪島に7勝、横綱・若乃花には5勝し、金星を6個獲得した。また、大関時代の大受には3戦3勝し、大関・貴ノ花には通算で16勝(23敗)を挙げている。黒姫山秀男 フレッシュアイペディアより)

  • 富士櫻栄守

    富士櫻栄守から見た輪島大士輪島 大士

    2代若乃花をたびたび苦しめ、9つの金星のうち3つを若乃花から挙げた。若乃花の新横綱場所である1978年7月場所では初日に対戦して若乃花に横綱初黒星をつけた。また1974年1月場所では、3横綱(北の富士・輪島・琴櫻)を全て倒した。陸奥嵐との対戦に強く、同じ関脇を最高位としながら11戦全勝と一方的な記録を残した。富士櫻栄守 フレッシュアイペディアより)

  • 福の花孝一

    福の花孝一から見た輪島大士輪島 大士

    金星:5個(玉の海2個、北の富士2個、輪島1個)福の花孝一 フレッシュアイペディアより)

  • 横綱土俵入り

    横綱土俵入りから見た輪島大士輪島 大士

    輪島大士(1981年(昭和56年)9月場所後) 露払:若乃花幹士(2代) 太刀持:北の湖敏満横綱土俵入り フレッシュアイペディアより)

  • 放駒部屋

    放駒部屋から見た輪島大士輪島 大士

    1985年12月には12代花籠(元横綱・輪島)が自身の年寄名跡を借金の担保にしていた問題の責任を取って廃業したために閉鎖された花籠部屋から所属力士を引き取った。1980年代には横綱・大乃国や小結・花乃湖などの関取を輩出したものの、1990年代に入ってからは部屋の勢力が衰え、2001年1月場所において新十両へ昇進した駿傑が部屋最後の関取となった。放駒部屋 フレッシュアイペディアより)

154件中 71 - 80件表示

「輪島大士」のニューストピックワード