171件中 81 - 90件表示
  • 花籠部屋

    花籠部屋から見た輪島大士輪島 大士

    1952年(昭和27年)5月場所限りで引退した二所ノ関部屋所属の元幕内・大ノ海が、年寄・8代芝田山を襲名すると共に幕内・若乃花など数名の内弟子を連れて分家独立して芝田山部屋を創設する。1953年5月に8代芝田山が11代花籠に名跡変更するとともに、部屋名も花籠部屋に変更された。11代は、横綱・若乃花、横綱・輪島、大関・魁傑、関脇・若秩父、関脇・荒勢などといった錚々たる面々の関取を育て上げ、花籠部屋を阿佐ヶ谷勢と言われる一大勢力へと成長させた。。花籠部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 放駒部屋

    放駒部屋から見た輪島大士輪島 大士

    1985年12月には12代花籠(元横綱・輪島)が自身の年寄名跡を借金の担保にしていた問題の責任を取って廃業したために、一門の総帥であった二子山(横綱・初代若乃花)に指名されて、閉鎖された花籠部屋の弟子全員を引き取ることになり、放駒部屋は小部屋から一気に大部屋へと躍進した。1980年代には横綱・大乃国や小結・花乃湖などの関取を輩出したものの、1990年代に入ってからは部屋の勢力が衰え、2001年1月場所において新十両へ昇進した駿傑が部屋最後の関取となった。放駒部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 花ノ国明宏

    花ノ国明宏から見た輪島大士輪島 大士

    相撲好きの父親から幼少期より鍛えられた。藤井寺市立道明寺中学校卒業時の、1975年(昭和50年)3月場所花籠部屋から初土俵を踏む。輪島が横綱時代後半に差し掛かったあたりから十両昇進まで付き人を務めていた。重い腰を生かした典型的な四つ相撲で、右四つからの正攻法の攻めで番付を上げていった。花ノ国明宏 フレッシュアイペディアより)

  • 世界最強タッグ決定リーグ戦

    世界最強タッグ決定リーグ戦から見た輪島大士輪島 大士

    ジャイアント馬場&輪島大士組 11点世界最強タッグ決定リーグ戦 フレッシュアイペディアより)

  • 1980年の相撲

    1980年の相撲から見た輪島大士輪島 大士

    幕内最高優勝 : 輪島大士(14勝1敗,14回目)1980年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 三重ノ海剛司

    三重ノ海剛司から見た輪島大士輪島 大士

    1970年7月場所には新三役となる西小結へ昇進し、大鵬・玉の海を破って初の殊勲賞を受賞した。その後も幕内上位に定着し、1971年11月場所には西小結の位置で11勝4敗の好成績を挙げて初の技能賞を受賞し、長谷川・貴ノ花・輪島・魁傑と共に大関候補として大いに期待され、これらの力士は三角大福にあやかって「貴輪三魁(きりんさんかい)」と呼ばれた。しかし、1972年から肝臓病が悪化して、1973年9月場所から1975年3月場所までは平幕に在位した。三重ノ海剛司 フレッシュアイペディアより)

  • 八百長

    八百長から見た輪島大士輪島 大士

    この様に、板井・菅師弟は八百長を告発はしても必ずしもその「八百長力士」の実力まで否定しているわけではなく、輪島や千代の富士らの実力はむしろ肯定している。板井は千代の富士について「ガチンコでも一番強かった」としており、菅は輪島について、その人間性については「とにかくデタラメな男」「金と女にだらしない」と酷評、八百長についても「輪島は(普段の豪遊の影響もあって)金がないため、星の「買取」ではなく「貸し借り」で八百長を行っていた」と暴露しながらも、星の貸し借りが出来たのも「前場所で借りた星をいくつか返しても、ガチンコで横綱を維持する最低ラインである10勝を挙げる自信があったからだ」としており、自身の対戦経験からも「本当に強かった」「14回しか優勝できなかったのが不思議」と評している。八百長 フレッシュアイペディアより)

  • がんばれ!!タブチくん!!

    がんばれ!!タブチくん!!から見た輪島大士輪島 大士

    もっとも、阪神時代末期からスポーツ新聞で書きたてられていたことから(金銭トレード キロ当たり250円か?等)トレードに対してはかなり敏感になっていた。他にも当時の大相撲の横綱・輪島とタブチをトレードするというネタが描かれている。がんばれ!!タブチくん!! フレッシュアイペディアより)

  • 1964年東京オリンピック

    1964年東京オリンピックから見た輪島大士輪島 大士

    聖火リレーには、輪島大士、貴ノ花利彰、三遊亭小遊三、谷沢健一、山崎裕之(いずれも当時は中学生もしくは高校生)などの後の著名人もランナーとして参加・力走している。1964年東京オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 巴富士俊英

    巴富士俊英から見た輪島大士輪島 大士

    色白で朴訥な風貌、192cm・153kgの大柄な体格で非常に優れた素質を持ち、実力の開花を周囲から大きく期待されていた。投げ技が得意で、特に藤島親方(のち二子山親方・元大関・貴ノ花)が「元横綱・輪島の下手投げに似ている」と評した下手投げの強さは絶品だった。土俵際での掬い投げも得意とし、1993年3月場所では新大関の貴ノ花相手に、土俵際からの掬い投げで逆転勝ちも収めている。巴富士俊英 フレッシュアイペディアより)

171件中 81 - 90件表示

「輪島大士」のニューストピックワード