154件中 81 - 90件表示
  • リック・フレアー

    リック・フレアーから見た輪島大士輪島 大士

    その後、NWA世界王者となった1981年10月、全日本プロレスへの再来日が実現(『ジャイアント・シリーズ』序盤戦への特別参加)。シリーズ中は天龍源一郎、テリー・ファンク、ジャンボ鶴田の3者の挑戦を受けている。以降もNWA世界王者として全日本プロレスに何度となく来日し、1982年から1987年にかけて、鶴田、天龍、リッキー・スティムボート、ブルーザー・ブロディ、テッド・デビアス、ザ・グレート・カブキ、ハーリー・レイス、長州力、谷津嘉章、タイガーマスク、輪島大士らを挑戦者に迎え、防衛戦を行った。リック・フレアー フレッシュアイペディアより)

  • 大ノ海久光

    大ノ海久光から見た輪島大士輪島 大士

    目立った活躍の少なかった現役時代とは対照的に、弟子育成に手腕を発揮し大きな功績を残す。現役中の1948年に「大ノ海道場」を設立し内弟子を育成。1952年5月場所の引退後は芝田山部屋を興し、のちに名跡を替え花籠部屋に変更。若い頃の四股名を譲った若乃花を筆頭に2横綱1大関を含め、三役以上を8人など関取(十両以上)を27人育てた。協会理事としても活躍した。1981年、停年(定年)間近に弟子で娘婿(後に解消)の輪島に部屋を譲るため廃業(退職)。間もなく死去した。従五位勲四等瑞宝章を追贈される。大ノ海久光 フレッシュアイペディアより)

  • 玉ノ富士茂

    玉ノ富士茂から見た輪島大士輪島 大士

    対横綱戦:7勝58敗(輪島4勝、北の湖2勝、三重ノ海1勝)*輪島の1勝は不戦勝玉ノ富士茂 フレッシュアイペディアより)

  • 大潮憲司

    大潮憲司から見た輪島大士輪島 大士

    金星:3個(輪島1個、北の湖2個)大潮憲司 フレッシュアイペディアより)

  • 荒勢永英

    荒勢永英から見た輪島大士輪島 大士

    実家は農家。高知中学校在学時より相撲を始め高知高校、日本大学と相撲部で活躍。大学卒業を目前にした1972年1月に花籠部屋へ入門し同月、幕下付出で初土俵を踏んだ。当初の四股名は本名の「荒瀬」。以来一度の負け越しも無く、1973年7月場所に24歳で入幕を果たした。大学時代の2年先輩でもある横綱・輪島の土俵入りで露払いを務め、太刀持ちを務めた日大(柔道部)中退の魁傑とともに「日大トリオの土俵入り」と話題になった。荒勢永英 フレッシュアイペディアより)

  • 嗚呼!!花の応援団

    嗚呼!!花の応援団から見た輪島大士輪島 大士

    連載当時の大相撲横綱・輪島大士がモデルと思われる。嗚呼!!花の応援団 フレッシュアイペディアより)

  • 外掛け

    外掛けから見た輪島大士輪島 大士

    1980年1月場所初日、関脇増位山が横綱輪島を左外掛けで破った一番1。外掛け フレッシュアイペディアより)

  • 日本大学文理学部

    日本大学文理学部から見た輪島大士輪島 大士

    輪島大士 - 第54代横綱、元プロレスラー日本大学文理学部 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤道郎

    佐藤道郎から見た輪島大士輪島 大士

    耳からタバコの煙が出る。大学時代先輩に手酷く殴られて鼓膜が破れたのをそのままにしてしまったため。大相撲の元横綱・輪島大士は大学時代の同期であり、当時から親交があった。佐藤道郎 フレッシュアイペディアより)

  • チョークスラム

    チョークスラムから見た輪島大士輪島 大士

    起源については、輪島大士の「ゴールデン・アームボンバー」(アームボンバー、後述を参照)とする説、シッド・ビシャス(サイコ・シッド、シッド・ジャスティス)の「ビシャス・バスター」とする説が存在する。田上明はゴールデン・アームボンバーからヒントを得たことを認めているが、ビシャス・バスターについては詳細は不明。チョークスラム フレッシュアイペディアより)

154件中 81 - 90件表示

「輪島大士」のニューストピックワード