前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
145件中 1 - 10件表示
  • 輪島 大士

    輪島大士から見た大鵬幸喜

    同時に大関に昇進した貴ノ花とは、土俵を離れれば親友同士でもあった。「角界のプリンス」と言われた貴ノ花が、大横綱の大鵬や27歳の若さで急逝した玉の海と激闘を重ねたが、これとは対照的に「蔵前の星」と呼ばれた輪島は、ほんのわずかなタイミングのズレで大鵬とは対戦がなく、玉の海とも平幕時代に一度顔を合わせたのみだった。それがかえって新しい時代を象徴する力士といった感を強くした。輪島大士 フレッシュアイペディアより)

  • 輪島 大士

    輪島大士から見た石橋貴明

    福澤朗の「好きな魚は?」の問いに、真顔で「マグロ!」(ブリと言う時もあった)、「好みの女性のタイプは?」の問いに、真顔で「金髪!」と叫ぶ姿が視聴者の笑いを誘った。この番組で、輪島お見合い企画を開催し、現在の夫人と再婚。また、とんねるずの石橋貴明からワジーと言うあだ名で呼ばれ出し、ワジーと言う愛称が、現役時代を知らない世代にも広く定着する。輪島大士 フレッシュアイペディアより)

  • 輪島 大士

    輪島大士から見た樹木希林

    ピップフジモト「ピップエレキバン」(1995年)- 樹木希林と共演。輪島大士 フレッシュアイペディアより)

  • 輪島 大士

    輪島大士から見た双津竜順一

    1978年に入ると、輪島は3月場所の右膝靭帯の怪我や、年齢から来る体力、とりわけ持久力の衰えなどから、北の湖の後塵を拝することが多くなる。この年ライバル北の湖は5連覇を達成した。しかし輪島は、この頃から右四つ左上手の取り口に進境を示し、千代の富士・栃光・栃赤城・双津竜など右四つ得意の力士には、むしろ自ら右四つに行き制する取り口が増えた。1979?1980年の晩年は、体力の衰えをこのいぶし銀の上手さと気力とで補い、前半戦は上位陣の中でも最も安定した相撲ぶりを見せることが多かった。若手が次々と台頭する中、1979年7月、1980年11月と二度の優勝を重ねたことは立派であると言えよう。また、輪島の部屋と大学の後輩である荒勢が北の湖にほとんど勝てず、輪島の援護射撃ができなかったことや、輪島が苦手にしていた豊山も北の湖には全く勝てないなど、輪島に不運な一面が多々あった点も否めなかった。輪島大士 フレッシュアイペディアより)

  • 輪島 大士

    輪島大士から見た高見山大五郎

    輪島自身はそれほど大柄な部類ではなかったものの、千代の富士や鷲羽山などの小兵力士には絶対的な強さを見せたが、高見山などの巨漢力士に対しては脆さを見せることも多かった。高見山には、当時最多記録だった金星12個のうち7個を与えており、当時の同一力士への金星配給の最多記録を樹立してしまったほどだった。輪島大士 フレッシュアイペディアより)

  • 輪島 大士

    輪島大士から見た渕正信

    「お守り」として馬場が付いたタッグでのデビュー戦や、移動の際に一般レスラーのようにバスでなく新幹線を使うなどの特別待遇があった。このためマスコミは「他の選手が反発し、レスラー仲間がほとんどいない」などと悪意的に報じ、巡業中の輪島の様子を心配する記事が週刊プロレスにも掲載されている。しかし仲田龍によれば、輪島自身が馬場や会社から特別待遇を受けていることにあまり快く思わない他の選手のことを気にしていたらしく、若手レスラーに食事を奢ったり、随分年下のレスラーや社員にも敬語を使い、年下である渕正信らのアドバイスを熱心に聞くなど、周囲に大変気を遣っていたそうであり、また練習もきちんと行っていたとのことであり、「全く仲間がいなかった」「練習をしなかった」というレッテルは間違いであることが分かる。輪島大士 フレッシュアイペディアより)

  • 輪島 大士

    輪島大士から見た輪島功一輪島 功一

    この番組には輪島功一も準レギュラーで出演していたが、石橋貴明は輪島功一の方は「功一」と呼び、輪島大士の方を「ワジー」と呼んでいた。ちなみに、輪島功一とは従兄弟ということであったが、芸能活動を始めた時期が近かったために口裏を合わせて従兄弟にしたとのことである。しかし、この説明は、輪島直幸を含む3人が従兄弟である、と横綱現役の頃から言われていたという事実と矛盾する、輪島功一とは元々友人であった為「コウちゃん」「ヒロシ」と互いに呼びあっている。輪島大士 フレッシュアイペディアより)

  • 輪島 大士

    輪島大士から見た木梨憲武

    なお、木梨憲武と輪島の共演はほとんどなく、木梨が輪島をどう呼んでいたかは不明。後に輪島が回想録等で話したところによると当初は元横綱のプライドがあり出演を固辞していたが貴明等が輪島の現役時代のファンであると口説かれ出演を応諾したという。輪島大士 フレッシュアイペディアより)

  • 輪島 大士

    輪島大士から見た五木ひろし

    望郷賦(1978年) ※ミノルフォンより発売。作曲者「松山かずお」は、五木ひろしのペンネームである。輪島大士 フレッシュアイペディアより)

  • 輪島 大士

    輪島大士から見た魁傑將晃

    またこの頃、貴ノ花と同部屋の魁傑(後の年寄・放駒)の3人で“阿佐ヶ谷トリオ”と呼ばれた。輪島大士 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
145件中 1 - 10件表示

「輪島大士」のニューストピックワード