145件中 61 - 70件表示
  • 輪島 大士

    輪島大士から見たサンデーモーニング

    その後、アメフト・Xリーグのクラブチーム「ROCBULL」の総監督に就任し、現在はキューバの相撲ナショナルチーム監督のほか、能登観光協会大使、石川県観光親善大使を務め、地元の鮮魚販売会社スギヨのCMにもスギヨふるさとの味大使として登場している。また一時期TBS系「サンデーモーニング」等で相撲解説を担当していた。2008年に還暦を迎えたが、還暦土俵入りは行われなかった。輪島大士 フレッシュアイペディアより)

  • 輪島 大士

    輪島大士から見た引退

    1981年3月場所中に引退し、停年(定年)退職間近であった師匠とバトンタッチする形で花籠部屋(※現在の花籠部屋とは別)を継承した。年寄名も先代の名をそのまま継承し、「花籠 昶光」(はなかご ひさみつ)を名乗った(のちに花籠 大嗣(- ひろし)と改名)。しかし、1982年4月妻(師匠・大ノ海の長女)は自殺未遂(その後離婚)、1985年11月に角界では前代未聞の、年寄名跡「花籠」を実妹の経営する料亭の借金の担保にしていたことが表面化し、日本相撲協会は臨時の理事会を開き、委員から平年寄への2段階降格処分と無期限謹慎処分を決議した(これほどまでの重大な処分が下された影には、輪島が当時抱えていた他の金銭問題や、現役時代からの私生活での豪遊ぶり等も不興を買ったという説もある)。結局これが原因で、その年12月に廃業(部屋は消滅、力士は花籠部屋出身の魁傑が開いた放駒部屋へ移籍)、さらに若乃花や輪島らの横綱を陰で支えた師匠の妻・中島トミが1986年5月23日の夕刻に首を吊り自殺するという悲劇を生んだ。輪島大士 フレッシュアイペディアより)

  • 輪島 大士

    輪島大士から見た料亭

    1981年3月場所中に引退し、停年(定年)退職間近であった師匠とバトンタッチする形で花籠部屋(※現在の花籠部屋とは別)を継承した。年寄名も先代の名をそのまま継承し、「花籠 昶光」(はなかご ひさみつ)を名乗った(のちに花籠 大嗣(- ひろし)と改名)。しかし、1982年4月妻(師匠・大ノ海の長女)は自殺未遂(その後離婚)、1985年11月に角界では前代未聞の、年寄名跡「花籠」を実妹の経営する料亭の借金の担保にしていたことが表面化し、日本相撲協会は臨時の理事会を開き、委員から平年寄への2段階降格処分と無期限謹慎処分を決議した(これほどまでの重大な処分が下された影には、輪島が当時抱えていた他の金銭問題や、現役時代からの私生活での豪遊ぶり等も不興を買ったという説もある)。結局これが原因で、その年12月に廃業(部屋は消滅、力士は花籠部屋出身の魁傑が開いた放駒部屋へ移籍)、さらに若乃花や輪島らの横綱を陰で支えた師匠の妻・中島トミが1986年5月23日の夕刻に首を吊り自殺するという悲劇を生んだ。輪島大士 フレッシュアイペディアより)

  • 輪島 大士

    輪島大士から見た番付

    ちゃんこ番等の雑務を免除され寝食を大学の宿舎で過ごさせるという異例の特別待遇で入門し、幕下を2場所連続で全勝優勝して当時の最短記録で十両入り、十両も4場所で通過して初土俵からわずか1年で新入幕を果たした。1972年9月場所では千秋楽に貴ノ花との水入りの大相撲を制して、場所後に貴ノ花とともに大関に昇進した(大関昇進を機に、番付の四股名を「輪島博」から「輪島大士」に改名)。大関になって4場所目の1973年5月場所を全勝優勝で飾り場所後に横綱に推挙され、初土俵からわずか3年半という超スピード出世で横綱へ上りつめ、史上初の学士・本名横綱が誕生した。輪島大士 フレッシュアイペディアより)

  • 輪島 大士

    輪島大士から見た年寄名跡

    1981年3月場所中に引退し、停年(定年)退職間近であった師匠とバトンタッチする形で花籠部屋(※現在の花籠部屋とは別)を継承した。年寄名も先代の名をそのまま継承し、「花籠 昶光」(はなかご ひさみつ)を名乗った(のちに花籠 大嗣(- ひろし)と改名)。しかし、1982年4月妻(師匠・大ノ海の長女)は自殺未遂(その後離婚)、1985年11月に角界では前代未聞の、年寄名跡「花籠」を実妹の経営する料亭の借金の担保にしていたことが表面化し、日本相撲協会は臨時の理事会を開き、委員から平年寄への2段階降格処分と無期限謹慎処分を決議した(これほどまでの重大な処分が下された影には、輪島が当時抱えていた他の金銭問題や、現役時代からの私生活での豪遊ぶり等も不興を買ったという説もある)。結局これが原因で、その年12月に廃業(部屋は消滅、力士は花籠部屋出身の魁傑が開いた放駒部屋へ移籍)、さらに若乃花や輪島らの横綱を陰で支えた師匠の妻・中島トミが1986年5月23日の夕刻に首を吊り自殺するという悲劇を生んだ。輪島大士 フレッシュアイペディアより)

  • 輪島 大士

    輪島大士から見た同志社大学

    姓は輪島で石川県出身ではあるが輪島市出身ではなく、同じ能登半島の七尾市石崎町出身である。金沢高等学校・日本大学と相撲部で活躍。大学では2年連続で学生横綱に輝くなど14個のタイトルを獲得した。学生横綱を決めた一番の相手は、同志社大学の逸見憲治(逸見政孝の実弟)であった。日大卒業前の1970年、花籠部屋(師匠は元幕内・大ノ海)に入門し、同年1月場所に幕下付出(60枚目格)で初土俵を踏んだ。東京農業大学出身の元小結・豊山(後の年寄・湊→立田川)は大学時代からのライバルである。輪島大士 フレッシュアイペディアより)

  • 輪島 大士

    輪島大士から見た自殺

    1981年3月場所中に引退し、停年(定年)退職間近であった師匠とバトンタッチする形で花籠部屋(※現在の花籠部屋とは別)を継承した。年寄名も先代の名をそのまま継承し、「花籠 昶光」(はなかご ひさみつ)を名乗った(のちに花籠 大嗣(- ひろし)と改名)。しかし、1982年4月妻(師匠・大ノ海の長女)は自殺未遂(その後離婚)、1985年11月に角界では前代未聞の、年寄名跡「花籠」を実妹の経営する料亭の借金の担保にしていたことが表面化し、日本相撲協会は臨時の理事会を開き、委員から平年寄への2段階降格処分と無期限謹慎処分を決議した(これほどまでの重大な処分が下された影には、輪島が当時抱えていた他の金銭問題や、現役時代からの私生活での豪遊ぶり等も不興を買ったという説もある)。結局これが原因で、その年12月に廃業(部屋は消滅、力士は花籠部屋出身の魁傑が開いた放駒部屋へ移籍)、さらに若乃花や輪島らの横綱を陰で支えた師匠の妻・中島トミが1986年5月23日の夕刻に首を吊り自殺するという悲劇を生んだ。輪島大士 フレッシュアイペディアより)

  • 輪島 大士

    輪島大士から見た2009年

    2009年1月18日、大相撲初場所8日目のNHK大相撲中継にデーモン小暮閣下と共に出演し、解説を務めた。輪島が本場所の土俵を観戦することは年寄花籠を名乗っていた当時の1985年11月場所以来、23年2ヶ月ぶりのことであった。不祥事によって廃業した大相撲関係者がNHKの大相撲中継に出演することはほとんどないため、異例の出演となった。輪島大士 フレッシュアイペディアより)

  • 輪島 大士

    輪島大士から見た新日本プロレス

    また輪島デビュー前に全日本プロレスから取材拒否を受けていた週刊プロレスの巻頭記事で、当時全日本と業務提携していたジャパンプロレスの大型新人であった馳浩が「輪島さんと同じリングに上がるんですか!?」と否定的な言動をしたという記述がされたが、これは後に馳本人により否定される。ジャパンプロの長であった長州力も新日本プロレスから北尾光司を契約解除する際に北尾と比較して「輪島は一生懸命やっていたからな」と語るなど、リング上ではすれ違いに終わったジャパン勢からもその姿勢は認められていた。輪島大士 フレッシュアイペディアより)

  • 輪島 大士

    輪島大士から見た日本熱学工業

    日本熱学工業「コインクーラー」(1974年) - 新珠三千代と共演。輪島大士 フレッシュアイペディアより)

145件中 61 - 70件表示

「輪島大士」のニューストピックワード