229件中 31 - 40件表示
  • 四輪自転車

    四輪自転車から見た乗り物乗り物

    四輪自転車(よんりんじてんしゃ)、又は4輪車、 クアドライサイクル( quadricycle)、クアドラサイクル(quadracycle)、クアドロサイクル(quadrocycle) は4輪の人力によって走行する乗り物四輪自転車 フレッシュアイペディアより)

  • エクステリア

    エクステリアから見た乗り物乗り物

    エクステリア()とは、乗り物の外装・外観のことであるが、外装については、製品や建築などの外装もあるため、単に外装や外装デザインと呼ぶ場合は注意が必要である。インテリアの対義語。エクステリア フレッシュアイペディアより)

  • 通路

    通路から見た乗物乗り物

    乗物の内部では、座席と出入り口を結ぶ経路が通路である。例えば鉄道の旅客車では各車両内の座席の中央を通路が貫通し、旅客はこの通路を通って各々の座席に移動する。なおそれら乗物では、通路も乗物の内部であるため、座席が満席で利用できない場合などでは便宜的に利用者が立って乗る場所にもなるが、通勤形電車では限られる座席数から、敢えて座席を減らして通路を広めに取り、大量輸送に対応している(満員電車)。通路 フレッシュアイペディアより)

  • レームダック

    レームダックから見た乗り物乗り物

    同様に、財政的な危機状態であったり、あるいは累積債務が増大している法人を指すほか、破損や故障などで動かなくなった乗り物を指すなど、一般的な慣用句としても広く用いられる表現となっている。レームダック フレッシュアイペディアより)

  • 窓

    から見た乗物乗り物

    脱出窓 : 乗物などに設けられており、通常ははめ殺しとなっているが、非常時にはレバー操作などで窓枠やフレームごと取り外せる。また、ビルディングなどでは脱出用設備(綱梯子)やシューターなどが用意されている窓がある。これらは大きく開く構造となっていて、廊下や通路にあり、下向きの赤い三角のシールが窓に張ってある。はしご車が被災者を救助するために利用する場合もある。 フレッシュアイペディアより)

  • 折り畳み

    折り畳みから見た乗り物乗り物

    折りたたみ傘、折りたたみ杖、トラベルギターの一種などは携帯する際の利便性を向上させたもので、乗り物でも同様の目的で数々が開発されてきた。1979年に発明されて人気を博した自転車「ブロンプトン」、キックスケーターの「レイザー (Razor)」、小型飛行機の「ICON A5」など。フォールディングタイプカヤックにも、日本伝統の折り紙(17世紀に発達したといわれる)の方式を応用したものが登場している。大日本帝国陸軍では九五式折畳舟という二分割の組立式の舟もあった。ベビーカーや車椅子など、座面に布地を用いることで折りたたみを実現しているものもある。折り畳み フレッシュアイペディアより)

  • ヨーイング

    ヨーイングから見た乗り物乗り物

    ヨーイング () とは、乗り物など前後・左右・上下が決まった物体が、上下を軸として(つまり、水平面内で)回転すること。ヨー () とも。なお、左右を軸にした回転がピッチング () またはピッチ ()、前後を軸にした回転がローリング () またはロール () である。ヨーイング フレッシュアイペディアより)

  • アセンソール

    アセンソールから見た乗り物乗り物

    アセンソール(スペイン語:、昇降機の意)はチリ共和国バルパライソ州バルパライソの市街地にあるケーブルカーのような乗り物アセンソール フレッシュアイペディアより)

  • 圧縮空気推進

    圧縮空気推進から見た輸送機器乗り物

    圧縮空気推進(あっしゅくくうきすいしん)とはタンクに貯蔵した圧縮空気を使用して、空気エンジンで乗り物を推進することである。圧縮空気式の輸送機器 (compressed air vehicles; CAV) における、燃料と混合して燃焼させることで生じたガスの膨張でピストンを駆動する方式も含む。製造社は90%の効率と主張する。圧縮空気推進 フレッシュアイペディアより)

  • 化石燃料

    化石燃料から見た輸送機器乗り物

    それまでも東欧などで比較的浅く埋蔵されていた石油が地域住民により灯油として使われていたが、後に機械掘りやボーリングの技術が開発され、これが普及すると各地で地中深くから石油を掘り出す油井が造られ、大量生産されるようになると価格も下がり、また燃料として使われる成分は常温で液体のため(気化しやすい成分については圧縮すると液化し LPG として使われる)使い勝手が良いことなどもあって、特に輸送機器や発電、従来は薪や木炭などが主に使われていた暖房・給湯など、様々な用途の燃料として大量消費されるようになった。石油は世界を動かすまさしく根幹となり、石油を産出する産油国は経済的に大きな力を持つようになった。1973年には第四次中東戦争が勃発するが、このときアラブ石油輸出国機構が石油戦略を行い原油価格を大きく引き上げたことで世界経済が大混乱に陥ったいわゆるオイルショックは、このことを端的に示している。化石燃料 フレッシュアイペディアより)

229件中 31 - 40件表示

「輸送用機器」のニューストピックワード