171件中 51 - 60件表示
  • バス窓

    バス窓から見た乗り物乗り物

    車体以外にも多岐にわたる技術革新がふんだんに盛り込まれていたこれらは、旧来の車両を一気に過去のものとするほどの質的向上を見せたことから、輸送機械の革命児としてもてはやされ、北米で爆発的に普及していった。バス窓 フレッシュアイペディアより)

  • 通路

    通路から見た乗物乗り物

    乗物の内部では、座席と出入り口を結ぶ経路が通路である。例えば鉄道の旅客車では各車両内の座席の中央を通路が貫通し、旅客はこの通路を通って各々の座席に移動する。なおそれら乗物では、通路も乗物の内部であるため、座席が満席で利用できない場合などでは便宜的に利用者が立って乗る場所にもなるが、通勤形電車では限られる座席数から、敢えて座席を減らして通路を広めに取り、大量輸送に対応している(満員電車)。通路 フレッシュアイペディアより)

  • IEC 61508

    IEC 61508から見た輸送機器乗り物

    IEC 61508は、IEC(国際電気標準会議)が制定した、プロセス産業における電気(electric)・電子(electronic)・プログラマブル電子(programable electronic)(以下、E/E/PE)の機能安全に関する国際規格である。E/E/PEの機能または故障・障害によって人命に大きな影響を与えるものなどを対象とする。例えば、輸送機器、化学プラント、医療機器などにおけるE/E/PEが相当する。機械だけで構成する装置は対象外である。IEC 61508 フレッシュアイペディアより)

  • 三菱ふそう・6D2系エンジン

    三菱ふそう・6D2系エンジンから見た輸送機器乗り物

    三菱ふそう・6D2系エンジン(みつびしふそう・6D2けいエンジン)は、三菱自動車工業(現三菱ふそうトラック・バス)の大型トラック・バス、或いは輸送機器・建機(フォークリフト、ラフテレーンクレーン)にOEM搭載、産業用などに幅広く愛用されているディーゼルエンジンである。なお、4バルブの6D40型もこちらで解説する。三菱ふそう・6D2系エンジン フレッシュアイペディアより)

  • グリコ (菓子)

    グリコ (菓子)から見た乗り物乗り物

    くらしシリーズ、のりものシリーズ - 昭和の市民生活(家電製品や乗り物など)をモチーフとする。乗り物シリーズの乗用車と付属するフィギュアのスケールは鉄道模型でのHOスケールに相当する。グリコ (菓子) フレッシュアイペディアより)

  • 電動輸送機器

    電動輸送機器から見た輸送機器乗り物

    電動輸送機器(でんどうゆそうきき、Electric Vehicle; EV)は、電気エネルギーで駆動する輸送機器である。電動輸送機器 フレッシュアイペディアより)

  • パワーウェイトレシオ

    パワーウェイトレシオから見た乗り物乗り物

    パワーウェイトレシオ(出力荷重比、馬力荷重)とは、自動車などの動力性能のうち、主に加速能力を表す指標として用いられる比率である。オートバイ、船舶、航空機など自動車以外の輸送機械、あるいはエンジン単体の素性や性能を表す場合にも用いられる。パワーウェイトレシオ フレッシュアイペディアより)

  • シル

    シルから見た乗り物乗り物

    車体窓下のものは「ウインドウシル」、車体裾のものを「サイドシル」と呼ぶ。ウインドウシルは帯材またはかまぼこ形の断面を持つプレス材で、サイドシルは箱形の閉断面が一般的である。乗り物にドアが装備されるようになると、サイドシルは「ドアシル」とも呼ばれるようになる。シル フレッシュアイペディアより)

  • 四輪自転車

    四輪自転車から見た乗り物乗り物

    四輪自転車(よんりんじてんしゃ)、又は4輪車、 クアドライサイクル( quadricycle)、クアドラサイクル(quadracycle)、クアドロサイクル(quadrocycle) は4輪の人力によって走行する乗り物で、初期の自転車は速度が出なかった為に、安定性を得る為と特性に合っていた為に1つの解決策として作られた。四輪自転車 フレッシュアイペディアより)

  • ラムエアインテーク

    ラムエアインテークから見た乗り物乗り物

    ラムエアインテーク()とは、乗り物が移動する際に発生する空気の流れを利用して、エンジンのインテークの内側に静的な圧力が発生するように設計された外気導入経路の一種である。ラムエアインテーク フレッシュアイペディアより)

171件中 51 - 60件表示

「輸送用機器」のニューストピックワード