229件中 71 - 80件表示
  • 駕籠

    駕籠から見た乗り物乗り物

    駕籠(かご)は、人を乗せて人力で運ぶ乗り物のこと。人が座る部分を一本の棒に吊し、複数人で棒を前後から担いで運ぶ。駕籠 フレッシュアイペディアより)

  • タンカー

    タンカーから見た輸送機械乗り物

    タンカー (tanker) とは、液体を輸送する輸送機械(船など)のこと。船体内に大型のタンク(液槽)を設置していることからタンカーと呼ばれる。タンカー フレッシュアイペディアより)

  • クノールブレムゼ

    クノールブレムゼから見た輸送用機器乗り物

    クノールブレムゼ(独:Knorr-Bremse AG)は、ドイツ・ミュンヘンに本社を置く輸送用機器製造業。クノールブレムゼ フレッシュアイペディアより)

  • D-LIVE!!

    D-LIVE!!から見た乗り物乗り物

    国際的人材派遣会社『ASE』(エース)に所属するマルチドライバー・斑鳩悟が、あらゆる乗り物を使いこなして任務を遂行する様子を描くアクション漫画である。脚本制作には、七月鏡一、たかしげ宙、横溝邦彦らが参加している。D-LIVE!! フレッシュアイペディアより)

  • 手つなぎ鬼

    手つなぎ鬼から見た乗り物乗り物

    スタートと同時に、子は一斉に鬼から遠く離れるべく逃げ出す。鬼は一定時間(これは開始に先立って参加者間で定められる。たとえば「10数える間」)その場にとどまり、その後で子を追いかける。鬼・子ともに移動は自由だが、逃げる範囲(開始前に「この公園の中」など明確に定められるか、あるいは漠然と不文律的に定められている)を逸脱することは禁じられている場合が多い。また、自転車など乗り物の利用は禁じられている(この手つなぎ鬼の場合、自転車を使用しても何の効果は現れないため、ルールになっていないことも多い)。鬼は子の体の一部分に触れることで子を捕まえることができる。鬼ごっことは違い、捕まった子は鬼と一緒に手をつないで、子を捕まえる。これを繰り返すことでゲームは進行する。また、手つなぎ鬼のゲーム終了は明確に定められていない。参加者が疲れる、飽きる、家に帰る時間が来る等の理由で自然に終了するのが普通である。成績を定めるような基準はなく、順位の決定などは行われない。手つなぎ鬼 フレッシュアイペディアより)

  • 緊締装置

    緊締装置から見た輸送機器乗り物

    緊締装置(きんていそうち、)とは、陸上輸送・海上輸送・航空輸送それぞれの分野において、鉄道・トラック・船舶・貨物機等の輸送機器を使用してコンテナ・大型容器他、バラ積貨物・大型資材等の各種貨物や荷物を安全に輸送するために、コンテナや貨物を輸送機器に繋いだり固定したりするために用いられる器具である。緊締装置 フレッシュアイペディアより)

  • ペイロード (航空宇宙)

    ペイロード (航空宇宙)から見た乗り物乗り物

    ペイロードとは、ヴィークルのうち、それ自身の移動以外に、なんらかの物を積載して移動させる目的のものにおいて、その積載物のことである。語の直接の意味としては、pay: 対価の支払い、load: 荷 で、日本語に直訳して有償荷重ともされる。また、その質量ないし重量のことも指し、可搬重量や有効荷重ともされる。ペイロード (航空宇宙) フレッシュアイペディアより)

  • 機械

    機械から見た輸送機械乗り物

    産業革命はまず、紡織機械の改善からスタートした。1733年にジョン・ケイが飛び杼を開発したのを皮切りに、1764年にはジェームズ・ハーグリーブスがジェニー紡績機を開発して紡績工程が改善され、1771年にはリチャード・アークライトが水力紡績機を開発することで紡績機械は人力から動力を利用するものへと変化した。1769年にはジェームズ・ワットが復水器を独立させた新しい蒸気機関を開発し、これによって真に強力な動力源を得た人類は工業化を行うことが可能となった。1785年にはエドモンド・カートライトが蒸気機関を動力とした力織機を開発した。蒸気機関を交通に応用することも行われ、1804年にはリチャード・トレビシックが蒸気機関車を発明し、1807年にはロバート・フルトンが蒸気船を実用化することで、輸送機械と呼ばれる新たな機械が誕生した。また、1800年にはヘンリー・モーズリーが実用的なねじ切り旋盤を発明したことによってボルトとナットの生産が容易になり、機械化の基盤となった。このことから、モーズリーは工作機械の父とも呼ばれる。機械 フレッシュアイペディアより)

  • シュロ

    シュロから見た乗り物乗り物

    樹皮はシュロ縄として古くから利用されている他、ウレタンフォームの普及以前は、金属ばねなどとの組み合わせで、乗り物用を含む椅子やベッドのクッション材としても一般的であった。シュロ フレッシュアイペディアより)

  • ベンゾピレン

    ベンゾピレンから見た輸送機器乗り物

    本物質は意図的に作られるものではなく、主に有機物質の燃焼の過程で、炭化水素化合物が不完全燃焼し生成される。発生源は多岐に亘り、化石燃料や木材の燃焼、食料(動植物)の調理、その他の動植物の燃焼の過程で発生する。燃料を燃やす鉱工業や石油精製、自動車などの輸送機器、山火事やゴミ焼却や焚き火などが主な発生源で、そのほか調理時の煙や焦げ、タバコの煙など、火のある所全般が発生源となる。特に能動的に煙を吸う喫煙や煙を利用する燻製が憂慮されている。ベンゾピレン フレッシュアイペディアより)

229件中 71 - 80件表示

「輸送用機器」のニューストピックワード