前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
77件中 1 - 10件表示
  • サンクチュアリ (民進党のグループ)

    サンクチュアリ (民進党のグループ)から見た輿石東輿石東

    2012年9月の代表選では、8月27日に原発ゼロの早期確立、TPPへの慎重対応、集団的自衛権の行使容認反対などを内容とする政策提言「私たちが考える『日本の民主主義のために民主党が進むべき道』」を発表し、8月31日の会合で赤松の擁立も視野に海江田万里を本部長とする選対本部の設置を決定した。最終的にグループ代表の赤松自ら出馬したが、再選を目指す野田佳彦が圧勝した。代表選後の内閣改造ではグループからの入閣はなく、党役員人事では輿石東が幹事長に留任、赤松が党副代表に就任した。サンクチュアリ (民進党のグループ) フレッシュアイペディアより)

  • 民主党ワイン産業振興議員連盟

    民主党ワイン産業振興議員連盟から見た輿石東輿石東

    2010年11月18日に設立総会が開催され、輿石東会長により、「世界に誇れるワインを、全国、世界に発信していきたい」と日本ワインの発展に力強く協力していくことを表明。民主党ワイン産業振興議員連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 新政局懇談会

    新政局懇談会から見た輿石東輿石東

    国のかたち研究会(菅グループ)やリベラルの会(近藤グループ)とは同一歩調を取ることが多かったほか、小沢グループとは国連待機軍構想など安全保障政策で一致を見たり、参議院議員団の重鎮である輿石東が小沢一郎との信頼関係を構築したりするなどして協調することもあったが、その他の保守系グループとは対立することが少なくなかった。新政局懇談会 フレッシュアイペディアより)

  • 民主党政権交代に責任を持つ会

    民主党政権交代に責任を持つ会から見た輿石東輿石東

    2011年8月31日、野田佳彦代表による民主党執行部は党内融和を図っているとして、渡辺浩一郎会長は会16人の会派離脱願の撤回を輿石東民主党幹事長に申し入れ了承された。民主党政権交代に責任を持つ会 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢鋭仁

    小沢鋭仁から見た輿石東輿石東

    2012年11月14日、民主党を離党して日本維新の会に合流する意向を表明した。11月19日には民主党に離党届を提出し、民主党は11月21日の常任幹事会で離党届を受理せず除籍処分とすることを決定した。閣僚経験のある民主党議員の維新の会への入党は、小沢が初めてである。同年12月の第46回衆議院議員総選挙では、小沢の離党を問題視した民主党幹事長・輿石東(参議院山梨県選挙区選出)の主導により、民主党は山梨1区に内閣官房副長官の斎藤勁を擁立。このため非自民票が分裂し、自民党新人の宮川典子に2万票超の大差で敗北。2000年の第42回衆議院議員総選挙以来、守り続けていた山梨1区で議席を失ったが、重複立候補していた比例南関東ブロックで復活し、7選した。選挙後、日本維新の会国会議員団国会対策委員長に就任。なお2013年時点で民主党の派閥「国家研」には引き続き籍を置いていた。小沢鋭仁 フレッシュアイペディアより)

  • 参議院

    参議院から見た輿石東輿石東

    佐藤栄作首相は、「参議院を制する者は政界を制する」と語り、たびたび重宗雄三参議院議長のもとに出向き、法案成立の協力をあおいだ。また、竹下登首相は「参議院を笑う者は参議院に泣く」と語り、参議院を軽視することを戒めた。衆議院優越規定があるが、法案の採決における衆議院優越規定について出席議員の3分の2以上という高いハードルを課していること、参議院に解散がなく任期の長いことが影響している。参議院に首相に対抗しうるボスが出てくる傾向は、のちに、村上正邦や青木幹雄、輿石東らでもみられている。参議院 フレッシュアイペディアより)

  • 国立追悼施設を考える会

    国立追悼施設を考える会から見た輿石東輿石東

    輿石東(民主党→民進党)国立追悼施設を考える会 フレッシュアイペディアより)

  • フランセス・デ・スーザ

    フランセス・デ・スーザから見た輿石東輿石東

    2014年(平成26年)10月に来日した。10月1日に参議院を訪問し、山崎正昭参議院議長、輿石東参議院副議長らと会談した。10月3日には中山泰秀外務副大臣と会談し、日英の長い友好関係の歴史をさらに深化させることで合意した。ついで10月5日から6日にかけて中華民国(台湾)を訪問した。台湾を訪問したイギリス貴族院議長は彼女が初めてである。馬英九総統や王金平立法院長(国会議長)と会談し、また国立台湾大学政治学部で講演を行った。フランセス・デ・スーザ フレッシュアイペディアより)

  • 高嶋良充

    高嶋良充から見た輿石東輿石東

    2010年3月17日、民主党副幹事長の生方幸夫が産経新聞のインタビューに対し、「自民党の中央集権を批判したはずが今の民主党は中央集権であり、鳩山由紀夫首相が小沢幹事長を注意すべき」「小沢幹事長の政治資金問題についての説明で納得してない人や幹事長を辞めろという声が圧倒多数だから、しかる場所できちんと話すことが第一」と答え、翌18日には、「小沢幹事長は国民にもう一度説明し、納得が得られなければ辞めるのが当然であり、民主党内でも多数いる」と発言した。これを受けて高嶋は生方と党本部で会談。メディアのインタビューで「国民は小沢さんが不起訴になったから全部シロとは思っていない」「北海道教職員組合の問題は、これも一番上は輿石東さん」と話した生方へ「副幹事長でありながら外に向かって執行部批判するのはおかしい」と副幹事長職の辞任を求めたが、生方は「元秘書らが逮捕されている小沢は責任を何も問わず、外部に向かって批判したら辞めろというのはおかしくないですか」と反発したため、民主党執行部で対応を協議し生方を解任した。しかし、2010年3月23日、民主党内外や世論の批判を受けて民主党執行部は解任を撤回し、副幹事長職を続投させることを決めた。高嶋良充 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤公一

    加藤公一から見た輿石東輿石東

    2011年9月、国会対策委員長代理に就任。しかし、直後の第178回国会の会期延長をめぐり、国会対策委員長の平野博文に辞表を提出。辞表は受理されず、輿石東幹事長により1ヶ月間の謹慎処分が下された。加藤公一 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
77件中 1 - 10件表示

「輿石東」のニューストピックワード