57件中 11 - 20件表示
  • 小室寿明

    小室寿明から見た輿石東輿石東

    1991年、島根県議会議員選挙に松江市選挙区から日本社会党公認で出馬し、初当選。1996年、社会党解党に伴う社会民主党結党に参加するが、同年に離党し新党さきがけを離党した菅直人や鳩山由紀夫、社民党を離党した輿石東や横路孝弘元北海道知事らが結党した旧民主党に参加。小室寿明 フレッシュアイペディアより)

  • 斎藤勁

    斎藤勁から見た輿石東輿石東

    次期総選挙には出馬しない意向を示していたが、衆議院解散後間もなく山梨県第1区の党公認候補として擁立されることが決定した。同選挙区を地盤としていた小沢鋭仁が、離党(除籍)し日本維新の会へ移籍したため党の支部長が空席となっており、幹事長で旧日本社会党時代から交流のある輿石東の要請を受けて、内諾したと言われる。一方で、輿石と犬猿の仲である小沢を選挙区で当選させないための「刺客」候補とも言われており、結果民主票の切り崩しに成功し小沢の選挙区当選を阻止している。なお、小沢は比例復活を果たしたのに対し、斎藤自身は落選している。斎藤勁 フレッシュアイペディアより)

  • 三党合意

    三党合意から見た輿石東輿石東

    三党合意は、社会保障と税の一体改革に関する三党間の合意である。同合意は、2012年(平成24年)3月30日に野田内閣が提出した消費税増税法案等の法案について三党が修正協議を行い、その結果をもって法案成立させるために行われた。同年6月初めから、社会保障分野と税制分野に分けて三党の実務者が断続的に協議を行い、同年6月15日には三党の実務者間で「社会保障・税一体改革に関する確認書」(社会保障・税一体改革に関する三党実務者間会合合意文書)が交わされた。同年6月21日には、民主党の輿石東幹事長、自由民主党(自民党)の石原伸晃幹事長、公明党の井上義久幹事長が合意文書を「誠実に実行」することなどについて合意し、「三党確認書」に署名した。この合意に基づいて、同法案を含む8法案は、同年6月26日に衆議院で三党の賛成により可決、同年8月10日に参議院で可決成立した。三党合意 フレッシュアイペディアより)

  • 小林正

    小林正から見た輿石東輿石東

    山梨県教職員組合(山教組)と政治団体の山梨県民主教育政治連盟(県政連)が民主党の輿石東参院幹事長支援のため教員から組織的に選挙資金を集めていた問題で、2005年2月、政治資金規正法違反(虚偽記載)の罪で県政連会長ら3人を山梨県警に刑事告発したメンバーの1人でもある。但し、山教組はそもそも田中委員長の出身母体でもあるなど日教組内でも右派の有力な本拠でもあり、小林もかつてはその擁護に回った一人でもあった。小林正 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺博史

    渡辺博史から見た輿石東輿石東

    4月8日、民主党国会同意人事検討小委員会が開催され、小委員長の仙谷由人は「小委員会の意見としては、白川総裁に同意、渡辺副総裁も同意が可能というのが大勢だった」と公表した。しかし、小沢代表の強い意向を背景に、国会対策委員長の山岡賢次と参院議員会長の輿石東の2名が強硬に不同意を主張したことから、民主党役員会にて副総裁人事案への不同意が決まった。民主党幹事長の鳩山由紀夫は「努力が実らず申し訳ない思い」と謝罪した。渡辺博史 フレッシュアイペディアより)

  • 新政局懇談会

    新政局懇談会から見た輿石東輿石東

    2002年(平成14年)、旧社会党及び旧総評系労組出身者を中心に、大橋巨泉や生方幸夫ら非労組のリベラルな思想を持つ議員もメンバーに加え、横路を会長、赤松広隆、鉢呂吉雄、斎藤勁、大橋らを世話人として再発足した。菅グループや平岡・近藤グループとは同一歩調を取ることが多く、小沢グループとも国連待機軍構想で合意に至るなど安全保障政策等で共同研究を行っていることや、輿石東が親小沢の代表的人物として知られるなど、他のグループにも割に協調することが多い。しかし、タカ派の前原グループや党内保守系の鳩山グループ、羽田グループ、かつての宿敵旧民社党系の川端グループなどとは対立することが少なくない。新政局懇談会 フレッシュアイペディアより)

  • 土屋敬之

    土屋敬之から見た輿石東輿石東

    民主党所属時代から、公然と日本教職員組合(日教組)批判を行っている。輿石東民主党参議院議員会長(日教組出身)が、日教組大会で「教員の政治的中立などありえない」と発言したことに、「法規を無視した悪辣な発言」と抗議電報を打っている。この件に関しては、2010年の第二回定例議会で、輿石の一連の発言は「教育の中立を確保するための法律」など教育関連法規に「反する」との教育長答弁を得た。土屋敬之 フレッシュアイペディアより)

  • 第21回参議院議員通常選挙

    第21回参議院議員通常選挙から見た輿石東輿石東

    常任幹事会代表=小沢一郎、代表代行=菅直人、常任幹事会副代表=岡田克也/川端達夫/赤松広隆/北澤俊美/円より子、常任幹事会幹事長=鳩山由紀夫、政策調査会長=松本剛明、国会対策委員長=高木義明、参議院議員会長=輿石東第21回参議院議員通常選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木克昌

    鈴木克昌から見た輿石東輿石東

    2012年4月2日、野田佳彦首相が推進する消費税増税法案の閣議決定に反対し、党幹事長代理を辞任する意向を表明。輿石東幹事長に辞表を提出するが慰留され、23日に受理されるまで幹事長代理の職に留まった。同年7月、消費税増税法案を含む社会保障・税一体改革関連法案の採決では反対票を投じ、7月2日に民主党に離党届を提出するが、離党届は受理されず、除籍処分が決定。鈴木克昌 フレッシュアイペディアより)

  • 宮川典子

    宮川典子から見た輿石東輿石東

    入塾中に自由民主党山梨県参議院選挙区第2支部長に就任。卒塾した2010年(平成22年)には自由民主党公認候補として第22回参議院議員通常選挙に参議院一人区・山梨県選挙区から出馬し比例新人堀内恒夫と連動。教育改革を訴え、対抗馬の輿石東の出身であり支持母体でもある日本教職員組合の批判を展開したが3700票の僅差で敗れた。宮川典子 フレッシュアイペディアより)

57件中 11 - 20件表示

「輿石東」のニューストピックワード