77件中 51 - 60件表示
  • 鳩山おろし

    鳩山おろしから見た輿石東輿石東

    5月31日昼過ぎ、鳩山、小沢、輿石東参院議員会長が会談が開かれ、鳩山は2人に辞意を伝えた。この際、鳩山は小沢にも幹事長辞任を求めた。この会談は5分程度であったため、報道では「今後の政権運営の確認」と伝えられた。鳩山おろし フレッシュアイペディアより)

  • 第190回国会

    第190回国会から見た輿石東輿石東

    無所属 - 5 (議長:山崎正昭、副議長:輿石東を含む)第190回国会 フレッシュアイペディアより)

  • 新ナニワ金融道

    新ナニワ金融道から見た輿石東輿石東

    大阪府教職員組合のドンで極左過激派。国旗国歌を辞めさせようと強硬手段に出て教職を追われた恨みで橋舌を潰そうとするが圧力で『君が代歌唱指導員』に任命され取り込まれてしまう。世間話でも話すことが「日の丸は軍国主義の象徴」しかせず千谷達からも疎まれる。モデルは輿石東新ナニワ金融道 フレッシュアイペディアより)

  • 行田邦子

    行田邦子から見た輿石東輿石東

    2010年9月、岡田克也幹事長の下、民主党副幹事長に就任。2011年、輿石東幹事長の下でも副幹事長に再任された。また外国人による土地取得に関するプロジェクトチーム事務局長、公務員宿舎のあり方に関するワーキングチーム副座長を務める。2012年、参議院会派「民主党・新緑風会」幹事長代理に就任。また行革調査会筆頭事務局次長、森林・林業調査会事務局次長、地方自治体臨時・非常勤職員問題ワーキングチーム座長を務める。行田邦子 フレッシュアイペディアより)

  • 小林正 (政治家)

    小林正 (政治家)から見た輿石東輿石東

    山梨県教職員組合(山教組)と政治団体の山梨県民主教育政治連盟(県政連)が民主党の輿石東参院幹事長支援のため教員から組織的に選挙資金を集めていた問題で、2005年2月、政治資金規正法違反(虚偽記載)の罪で県政連会長ら3人を山梨県警に刑事告発したメンバーの1人でもある。但し、山教組はそもそも田中委員長の出身母体でもあるなど日教組内でも右派の有力な本拠でもあり、小林もかつてはその擁護に回った一人でもあった。小林正 (政治家) フレッシュアイペディアより)

  • 樽床伸二

    樽床伸二から見た輿石東輿石東

    2011年の地方統一選挙で大阪府議会、大阪市議会、堺市議会における民主党の議席がほぼ半減する敗北を喫したため、民主党大阪府連代表を引責辞任した。同年の民主党代表選挙に一時立候補を検討したが、最終的には出馬を見送った。2011年8月31日、民主党代表に選出された野田佳彦は参議院議員の輿石東を幹事長に起用し、樽床は輿石を補佐するために新設された役職である幹事長代行に起用された。樽床伸二 フレッシュアイペディアより)

  • 生方幸夫

    生方幸夫から見た輿石東輿石東

    2010年3月17日、産経新聞のインタビューに対し、「自民党時代に中央集権を批判したのに今の民主党は中央集権だ」、「小沢幹事長の政治資金問題についての説明で納得してない人や幹事長を辞めるべきだという声が圧倒的に多く、しかる場所できちんと話すことが第一」、「民主党は日本教職員組合からあまり献金を受けてはいけない」、「北海道教職員組合の問題は、これも一番上は(出身母体が日本教職員組合の)輿石さん(参院議員会長)ですからね…」と答え、翌18日には、「小沢幹事長は国民にもう一度説明し、納得が得られなければ辞めるのが当然であり、民主党内でも多数いる」と発言した。生方幸夫 フレッシュアイペディアより)

  • 参議院議員団

    参議院議員団から見た輿石東輿石東

    2007年の第21回参議院議員通常選挙で民主党が第1党になり、参議院議員会長の江田五月が民主党初の参議院議長に選出された。ねじれ国会の中、小沢一郎(当時代表)に近い後任の参議院議員会長輿石東が菅直人とともに代表代行に就任するなど参議院議員団の影響力が格段に高まった。参議院議員団 フレッシュアイペディアより)

  • 政権戦略研究会

    政権戦略研究会から見た輿石東輿石東

    2012年12月の第46回衆議院議員総選挙では羽田と渡部が政界引退を表明し、現職閣僚の樽床と城島が落選したほか、原口も小選挙区で落選して比例復活となった。12月の代表選後の党役員人事では中川が幹事長代行に就任した。2013年7月の第23回参議院議員通常選挙では石井が落選し、輿石東の参議院副議長就任に伴う参議院議員会長選では北澤が出馬したが輿石に近い郡司彰に敗れた。政権戦略研究会 フレッシュアイペディアより)

  • 日本社会党

    日本社会党から見た輿石東輿石東

    なお、この選挙で特筆すべきは公認候補だけで56人という空前の数の新人が誕生したことである。後述のように、この後社会党は政権参加を経ながらも、曲折の後に凋落の一途を辿り、中堅・若手議員の多くが民主党に参加する。社会党出身議員はその重要な母体となるが、中でも90年初当選組は大きな役割を担い、やがて2009年に実現する民主党政権でも、政権中枢の要職に就くことになる(この選挙での初当選議員として、仙谷由人、松本龍、岡崎トミ子、赤松広隆、細川律夫、輿石東、大畠章宏、鉢呂吉雄らがいる。但し鉢呂は当選時無所属)。日本社会党 フレッシュアイペディアより)

77件中 51 - 60件表示

「輿石東」のニューストピックワード