101件中 51 - 60件表示
  • 輿石東

    輿石東から見た臓器移植法

    2009年6月18日 - 記者会見で「臓器移植法案を最優先でやらなければいけないとは思っていない。急がなければ死んでしまうという話でもない」と述べ、民主党が国会に提出している母子加算手当を復活させる生活保護法改正案の審議状況をにらみつつ、臓器移植法改正案の審議に臨む考えを示したが、翌19日の民主党参院議員総会では、18日に衆議院で可決された臓器移植法改正A案への対応について「(内容が)重い法案だ。きちんと議論し、方向性を出さなければいけない」と述べ、18日の発言を修正した。輿石東 フレッシュアイペディアより)

  • 輿石東

    輿石東から見た教育長

    山梨県韮崎市出身。山梨県立韮崎高等学校卒業。在学時にはサッカー部に所属。都留市立都留短期大学(現:都留文科大学)初等教育科卒業。在学時には、小学校教員免許取得を目指して勉強しながら空手や相撲などのスポーツにも取り組む。後に都留文科大学同窓会長や同窓会顧問をつとめる。兄は山梨県韮崎市教育長を務めた輿石薫。輿石東 フレッシュアイペディアより)

  • 輿石東

    輿石東から見た参議院議長

    党参議院議員会長も引き続き兼務し、実質的に党運営の全権を任され絶大な権限と影響力を持つこととなった。党のみならず、閣僚人事にも強い主導権を持ち、自らに近い衆・参院議員を次々と重要ポストにつけてきた。また、側近平田健二の参議院議長就任も輿石の推薦による。輿石東 フレッシュアイペディアより)

  • 輿石東

    輿石東から見たねじれ国会

    2007年の第21回参議院議員通常選挙で民主党が大勝し「ねじれ国会」が発生すると、党参議院議員会長の輿石の存在がにわかに注目され、政治的影響力を増大させていった。輿石は当時の党代表だった小沢一郎との関係を重視し、小沢の肝いりの法案であるアフガニスタン復興支援特別措置法案を対自民への共闘対象となる野党としての日本共産党や社会民主党と対立してまでも参議院で可決させたり、財務省出身の渡辺博史を日銀副総裁とする人事案では小沢の意向をふまえて党内の同意論を抑えて不同意を主導した。同じく2007年には菅直人ともに代表代行に就任(兼任)。小沢、菅、鳩山のトロイカに並ぶ実力者となる。その後も常に執行部の中心にあり続け、政局を大きく左右するほどの力をもつキーマンとなる。2009年に小沢が代表を辞任するが、鳩山由紀夫新代表の下でも代表代行兼参院議員会長に留任。輿石東 フレッシュアイペディアより)

  • 輿石東

    輿石東から見た山梨県全県区

    支持基盤の日本教職員組合(日教組)を背景に、1990年の第39回衆議院議員総選挙に日本社会党公認で山梨県全県区から出馬し、初当選。本人は教員という仕事に愛着を持っており出馬には消極的だったが、周囲の説得で出馬に至った。輿石東 フレッシュアイペディアより)

  • 輿石東

    輿石東から見た

    1973年、1298平米のうち779平米が、農業振興地域整備法(農振法)に基づく農用地(農振農地)に指定され、農地以外への利用が原則不可能となる。1975年、農振農地以外の農地のうち313平米を、母屋の建築時に正規の手続きを経て宅地に転用。残りの985平米は名義上義弟が所有。1989年、実質的な所有者は輿石に。農地以外への利用が禁止されている農振農地を含めて、や車庫、舗装道路を設置。2009年10月以降、相模原市農業委員会による指導を受け、名義上の所有者である義弟は農振農地以外の190平米について宅地への転用許可を得たが、農振農地である779平米は違法状態である。輿石東 フレッシュアイペディアより)

  • 輿石東

    輿石東から見た山梨県立韮崎高等学校

    山梨県韮崎市出身。山梨県立韮崎高等学校卒業。在学時にはサッカー部に所属。都留市立都留短期大学(現:都留文科大学)初等教育科卒業。在学時には、小学校教員免許取得を目指して勉強しながら空手や相撲などのスポーツにも取り組む。後に都留文科大学同窓会長や同窓会顧問をつとめる。兄は山梨県韮崎市教育長を務めた輿石薫。輿石東 フレッシュアイペディアより)

  • 輿石東

    輿石東から見た鳩山おろし

    2009年9月に発足した民社国連立政権では、小沢幹事長を支える幹事長職務代行を兼任し政権を支えた。普天間基地移設問題では参議院での法案審議への影響から、社民党の連立離脱を引き起こしかねない県内移設の5月決着に極めて慎重な姿勢であった。2010年5月以降、基地移設問題や献金問題で支持率低迷していた鳩山首相に「参議院選挙の情勢は厳しい」と退陣を迫り、同年6月8日に総辞職においこんだ。(鳩山おろし輿石東 フレッシュアイペディアより)

  • 輿石東

    輿石東から見た小選挙区制

    1993年の第40回衆議院議員総選挙では再選を果たしたが、小選挙区制導入後初めて実施された1996年の第41回衆議院議員総選挙で落選。この選挙の直前、社会党から名称を変更した社会民主党を離党し旧民主党の結党に参加するが、落選後に離党。輿石東 フレッシュアイペディアより)

  • 輿石東

    輿石東から見た新党さきがけ

    1996年(平成8年)10月20日 - 第41回衆議院議員総選挙(山梨1区・選挙直前に社民党離党して結党参加した旧民主党公認)さきがけ離党の比例単独の小沢鋭仁や新進党離党の同選挙不出馬の赤池誠章からも支援受けたが、比例復活もならず落選。45,288票。輿石東 フレッシュアイペディアより)

101件中 51 - 60件表示

「輿石東」のニューストピックワード