前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1080件中 1 - 10件表示
  • 中原謙助

    中原謙助から見た農家農家

    山口県厚狭郡厚東村(現宇部市)の農家小林八九郎、フデの次男として生まれた。小学生の頃、野村家の養子になる。中原謙助 フレッシュアイペディアより)

  • 石破二朗

    石破二朗から見た農家農家

    7月29日 - 鳥取県八頭郡大御門村大字殿(のち郡家町大字殿、現八頭町郡家殿)の農家に生まれる。農業・石破市造、マサの次男。石破二朗 フレッシュアイペディアより)

  • グスタフ3世 (スウェーデン王)

    グスタフ3世 (スウェーデン王)から見た農民農家

    グスタフ3世は母ロヴィーサ・ウルリカの期待の星として幼い頃から教育される。そして25歳の時、父王アドルフ・フレドリクの死去により、国王の座にたどり着くことになる。当時はスウェーデンの政権を農民、市民と貴族らによる身分制議会が握っており、事実上は貴族らの影響が強かった。ロヴィーサ・ウルリカは国王が内政など国を動かすべきだと考えていた(彼女もクーデターを起こしたが失敗している)。グスタフ3世 (スウェーデン王) フレッシュアイペディアより)

  • ロシアのクラシック音楽史

    ロシアのクラシック音楽史から見た農民農家

    狭義のロシア民謡は農村で歌われてきた叙情歌をさし、「ナロードナヤ・ペースニャ」と呼ばれる。ブィリーナのような叙事歌謡は含まない。フォークロアとしてのロシア民謡を中心的に担ってきたのは農民であったが、職人やスコモローフなど、中世までに農民以外の社会層によっても歌われた。農村で歌われていた叙情歌には、儀礼歌と非儀礼歌があり、儀礼歌には、婚礼や葬礼、徴兵などに際して歌われる家族儀礼歌、農耕に関わる年中行事に際して歌われる農耕儀礼歌がある。叙情歌のジャンルは多様であり、恋愛、家庭生活、風刺的あるいは滑稽な内容を持つ歌などがある。ロシアのクラシック音楽史 フレッシュアイペディアより)

  • 百姓

    百姓から見た農民農家

    日本においては当初は中国と同じ天下万民を指す語であった。しかし、古代末期以降、多様な生業に従事する特定の身分の呼称となり、具体的には支配者層が在地社会において直接把握の対象とした社会階層が百姓とされた。この階層は現実には農業経営に従事する者のみならず、商業や手工業、漁業などの経営者も包括していた。だが、中世以降次第に百姓の本分を農とすべきとする、実態とは必ずしも符合しない農本主義的理念が浸透・普及し、明治時代以降は、一般的に農民の事を指すと理解されるようになった。百姓を農民の意味とした初見は、現在のところ9世紀末に編纂された『三代実録』である。百姓 フレッシュアイペディアより)

  • ズッコケ中年三人組

    ズッコケ中年三人組から見た農家農家

    ハチベエとケイコの長男。ハチベエの母校である高山高校が共学化・改称した三栄高校に入学する。運動は人並みで勉強は壊滅的という取り柄ナシ。弟に対して強烈な劣等感を持っている。そのために不登校に陥り一時期グレかけるも、小学校時代の親友の死というショッキングな体験を経て「友の(畜産養豚農家になるという)夢を引き継ぐ」という自らの夢を見出して立ち直る。高校卒業後は稲穂県の北(ミドリ市から高速経由で1時間弱掛かるらしい。)にある農業大学校に進学し、そこで寮生活を送る。ズッコケ中年三人組 フレッシュアイペディアより)

  • 宮澤喜一

    宮澤喜一から見た農家農家

    父・宮澤裕は広島県沼隈郡金江村(現・福山市金江町)の小さな農家に生まれた。宮澤によると「父は小さな百姓の長男でね、いまでもその生家が残っていますが、山の中の本当の一軒家です。とにかく私が参議院に出てから(昭和28年)はじめて電灯を引いてもらったようなところなんですよ」という。祖父の宮澤鹿吉の時代は、生活は楽でなかった。宮澤喜一 フレッシュアイペディアより)

  • 阿川弘之

    阿川弘之から見た農家農家

    しかし父甲一の生家の阿川家は代々の農家であり、近江源氏直系の鎌倉武将一族の末裔であるということについては、弘之はやや疑問をもっている。弘之によると、「近江源氏直系の鎌倉武将一族と伊佐のお寺の墓石の下に眠る私のひいぢいさんひいひいぢいさんたちが縁つづきであることを必ずしも疑ふわけではなかつたけれど時代のへだだりが大き過ぎる。太七さんの言ふ「初代」と宮司さんの言ふ「初代」とではおよそ五百年のひらきがある。宇治川の先陣乗りの長兄が持つてゐた遺伝子が自分に伝はつて来てゐるといふ想定はどうも実感を伴ひにくかつた。阿川弘之 フレッシュアイペディアより)

  • 長山六郎

    長山六郎から見た農家農家

    佐斐神村(現在の鳥取県境港市佐斐神町)に生まれる。農を業とし、地方の名族である。幼少の頃から学問を好み、黒住教を信仰する。長山六郎 フレッシュアイペディアより)

  • ウクライナ人民共和国軍

    ウクライナ人民共和国軍から見た農民農家

    ウクライナ人民共和国の軍隊は、構成部隊が必ずしも個人の強い意思によって積極的に編成されたものでもなかったため、ボリシェヴィキの煽動によって容易に崩壊し、一時はキエフを失うこととなった。また、のちに農民たちの一部はドイツやポーランドと連合したウクライナ人民共和国政府への反感から、ネストル・マフノのウクライナ革命反乱軍(黒軍)に合流した。その他、共和国の滅亡後は、軍の多くの者が白軍に入ったと言う。ウクライナ人民共和国軍 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1080件中 1 - 10件表示

「農家」のニューストピックワード