1526件中 101 - 110件表示
  • 麦秋

    麦秋から見た農家農家

    麦秋(ばくしゅう)とは、麦の穂が実り、収穫期を迎えた初夏の頃の季節のこと。麦が熟し、麦にとっての収穫の「秋」であることから、名づけられた季節。雨が少なく、乾燥した季節ではあるが、すぐ梅雨が始まるので、二毛作の農家にとって麦秋は短い。麦秋 フレッシュアイペディアより)

  • 李無影

    李無影から見た農民農家

    李無影(り むえい、1908年1月14日 - 1960年4月21日)は、朝鮮の小説家。号は無影、本名は龍九。同時代の多くの作家が同人を形成していたのに対し、李は孤独に文学修行を極めた。その筆は貧苦を嘗める農民へ向かい、「農村文学の先駆者」と形容される。李無影 フレッシュアイペディアより)

  • 井上俊夫

    井上俊夫から見た農家農家

    大阪近郊の農家に生まれる。1942-46年兵役。野間宏、小野十三郎に師事。大阪文学学校、帝塚山学院短期大学で教える。1957年詩集『野にかかる虹』で第7回H氏賞受賞。日本現代詩人会・日本の詩祭2006で先達詩人として顕彰される。井上俊夫 フレッシュアイペディアより)

  • ユハニ・アホ

    ユハニ・アホから見た農民農家

    牧師の子で、フィンランドの小説家、劇作家であるアレクシス・キヴィの影響を受け1884年に鉄道が開通した時の農民をリアリズムに表現した処女作『鉄道(:en:Rautatie)』を著した。ユハニ・アホ フレッシュアイペディアより)

  • ヴィルヘルム・シュティーバー

    ヴィルヘルム・シュティーバーから見た農民農家

    プロイセンが次に目を付けたのはフランスであった。ビスマルクの命を受けたシュティーバーは2人の士官を連れてフランスに向かった。ギリシャ人商人を装いフランスに入ると、シュティーバーはビスマルクの許可を得て数千の農夫を雇い、フランス農民の手伝いをさせた、さらに、2人の士官は密かに大量の売春婦や「育ちの良い」女性を雇い、国境沿いのフランス軍の連隊がいる町へ派遣した。これらのエージェントは合わせて35000人に及び、スパイ網は主要都市に陣取る退役軍人達によって管理された。普仏戦争が始まるまでには、フランス軍の動員から、フランス軍の内部事情、食料の牛がどこに飼われているかといった事に至るまで、全てはプロイセンに筒抜けとなっていたのである。ヴィルヘルム・シュティーバー フレッシュアイペディアより)

  • 78会

    78会から見た農家農家

    30代の将来の農と食を考える一般消費者が、栃木県矢板市の協力農家の圃場を借り、一般消費者の手で残留農薬226項目で【0】の完全無農薬・無化学肥料の農法(武藤農法)を活用して田んぼでの米作りに挑戦し、合わせて畑での作物づくりも実施。78会 フレッシュアイペディアより)

  • 国民統一進歩党

    国民統一進歩党から見た農民農家

    社会民主主義、アラブ民族主義、反帝国主義を掲げる左派政党で、経済自由化やグローバル化、国営企業民営化には反対の立場を取っている。支持者は、ナーセル時代に行われた土地改革や教育改革の恩恵を受けた農民や工場労働者が多く、支持者の政治的立場はやマルクス主義者、アラブ民族主義・アラブ社会主義者など左派系が多い。国民統一進歩党 フレッシュアイペディアより)

  • 2/5

    2/5から見た農民農家

    「四公六民」とは江戸時代の年貢率の一つ。田畑の収穫量の四割を租税として領主に納め、六割を農民個人の収入とするもの。江戸幕府(1603年)創設以来、徳川吉宗が享保の改革の一環として1728年(享保13年)に「五公五民」にするまで続いた。2/5 フレッシュアイペディアより)

  • 千葉家住宅

    千葉家住宅から見た農家農家

    江戸時代の南部地方特有の住居と馬屋を平面L字形に連結した農家建築「曲り家」を代表する建物として知られている。江戸時代後期に、斜面地に築かれた石垣上の平地にある面積540m² の大型の住居で、25名の人と20頭の馬がこの一軒の家で生活していた。以前は住居として使われていたが、2013年6月より遠野市の管理となり、住人はいない。おり、敷地と建物の一部を公開している。付属建物や石垣などを含め、屋敷構えがよく残されており、2007年に建物と宅地が国の重要文化財に指定された。敷地の一部はNHK大河ドラマ「花の乱」の撮影に使われ、当時のセットが保存されている。千葉家住宅 フレッシュアイペディアより)

  • 身代わり王

    身代わり王から見た農民農家

    凶兆が現れた時、まず本来の王は平民や農民に扮装し葦の小屋に入って平民としての生活を送る。そして凶兆を代わりに受ける身代わり王を即位させる。この身代わり王は儀式が終わるまでの間、少なくとも表面上は完全な正式の王として扱われた。一方農民に扮している本来の王も、家臣達と命令書を取り交わし、影響力は喪失しなかった。この間、国王に対する尊称も「我が主たる王」ではなく「我が主たる農夫」となった。身代わり王 フレッシュアイペディアより)

1526件中 101 - 110件表示

「農家」のニューストピックワード