1526件中 121 - 130件表示
  • ヤコブ・キェルセム

    ヤコブ・キェルセムから見た農家農家

    彼は陸上選手以外では農家やスポーツジャーナリストとして活動しており、地元のスポーツ史についての本を出版している。ヤコブ・キェルセム フレッシュアイペディアより)

  • ウクライナ・コサック

    ウクライナ・コサックから見た農民農家

    その後、ウクライナは貴族を中心に徐々にロシアに同化されていき、エカチェリーナ2世の時代までにはウクライナ・コサックの伝統は崩壊状態となった。特に、プガチョフの反乱にが関係したことは致命的であった。ロシア・コサックがロシア帝国の軍事組織として残り、現代でも存在しているのに対し、ウクライナ・コサックは完全に解体され、その多くは農民に戻ったといわれる。一部は南ブーフ川やドニエストル川、のちに黒海方面へ逃れ、その地で新しいシーチを開いた。コサック逃亡の伝統に則り、トルコ領へ逃れたものもあった。また、カフカース方面へ逃れたものの一部は、後にクバーニ・コサックと合流した。ウクライナ・コサック フレッシュアイペディアより)

  • 耕作放棄地

    耕作放棄地から見た農家農家

    耕作放棄地(こうさくほうきち)とは、農作物が1年以上作付けされず、農家が数年の内に作付けする予定が無いと回答した田畑、果樹園。世界農林業センサスで定義づけられている。耕作放棄地 フレッシュアイペディアより)

  • 労農同盟

    労農同盟から見た農民農家

    労農同盟(ろうのうどうめい)とは共産主義において用いられている用語。これは社会主義革命の達成のために労働者階級と農民が同盟を結んで組織して、権力者に対して立ち向かうということ。中華人民共和国というのは、労農同盟による勢力によって建国された国家であり、現行の中国の憲法でも労農同盟によって国家は運営され続けているということになっている労農同盟 フレッシュアイペディアより)

  • 島田正辰

    島田正辰から見た農民農家

    出自に関しては石見国の農民出身で、生活の糧を求めて京まで流れ、商家に奉公した後、侍として公家に仕えたとする説の他、美濃国の神主(もしくは山伏)の子に生まれ、烏丸家で養われた後九条家代々の臣・島田家に婿養子として入り、当主となったなど諸説あり、明らかになっていない。生年も享年が35もしくは38とされ、はっきりしていない。島田正辰 フレッシュアイペディアより)

  • リバーパーク真見

    リバーパーク真見から見た農家農家

    雲出川上流部に位置し、下流には瀬戸が渕がある。白山町真見は農業が盛んな地域ではあるが、後継者不足などの課題があり、2001年(平成13年)に真見地区の農家全戸と当時の白山町が共同で設立した。同じ公共の施設として、近辺に「わかすぎの里」などがあったが、プールの開放が終了された。リバーパーク真見 フレッシュアイペディアより)

  • アストロノーカ

    アストロノーカから見た農家農家

    主人公は、宇宙一の農家を目指し宇宙の果ての小惑星に入植してきた宇宙農家(アストロノーカ)。ゲームの最終目的は「全宇宙野菜コンクール」で優勝することであり、そのために宇宙野菜の育成、交配による品種改良、コンクールへの出品および野菜を食い荒らす害獣・バブーの退治を繰り返すこととなる。『コスモぐらし 〜オンライン的野菜生活〜』によれば、本作の時代設定は26世紀。アストロノーカ フレッシュアイペディアより)

  • 深淵 (ゲーム)

    深淵 (ゲーム)から見た農家農家

    深淵では独自の世界観に合致した作成済みキャラクターが用意されており、これを「テンプレート」と呼ぶ。基本ルール(予感の書)には32種のテンプレートが用意されている。テンプレートはサプリメントによってさら多くのものが追加される。キャラクターを新しく作る作成ルールは基本ルールにはなく、追加サプリメントで用意される。これと運命を組み合わせればそれほど手間取らずに(キャラクター名やより細かい設定を決めるなどすれば)すぐにセッションに参加することができる。テンプレートの中には騎兵、傭兵といった戦闘向きのものだけでなく農夫や商人、踊り娘などといった非戦闘系のものもある。また死体を操るものや魔族復活を企む魔族の信徒など普通のファンタジーTRPGではプレイするのに躊躇するような危険なテンプレートも用意されている。深淵 (ゲーム) フレッシュアイペディアより)

  • 神谷伝兵衛

    神谷伝兵衛から見た農民農家

    安政3年2月11日(1856年3月17日)、三河国松木島村の名主の六男として生まれた。父は兵助(ひょうすけ)、母は石(いし)。神谷家の先祖は武士であったが、江戸時代初めには農民として代々名主をつとめた家柄であった。しかし父・兵助は多趣味で家業を顧みることがなかったため、家は貧困に苦んだため幼くして働きに出た。8歳にして酒樽造りの弟子として働き、次いで姉の嫁ぎ先で商業の見習をし11歳のとき商人として独立した。綿の仲買人や雑貨の行商などを行っていたが、16歳の時に失敗して全財産を失う。明治6年(1873年)4月、兄の勧めもあり横浜にあったフランス人の経営するフレッレ商会酒類醸造場で働いた。ある時、病気で衰弱して命に関わるまでになった折り主人の勧めた葡萄酒により体調を回復させてその滋養を知る。神谷伝兵衛 フレッシュアイペディアより)

  • 山蔦重吉

    山蔦重吉から見た農家農家

    宮城県玉造郡岩出山町の農家の長男として生まれる。尋常小学校を卒業後、剣道を学び始める。山蔦重吉 フレッシュアイペディアより)

1526件中 121 - 130件表示

「農家」のニューストピックワード