1526件中 131 - 140件表示
  • 神余の弘法井戸

    神余の弘法井戸から見た農家農家

    「昔々、この地に訪れた僧侶がある農家に立ち寄り、食事を求めたところ里人の快いもてなしを受けた。ところが出された料理には塩気がないものばかりだったため、里人に尋ねると塩が買えないと答えた。これを聞いた僧侶は礼に塩水を授けようと川に錫杖を突き刺し祈ると塩水が噴出し井戸ができた。後日、僧侶が弘法大師とわかり、里人は感謝の意をこめて無量山来仰寺を建立したという」。神余の弘法井戸 フレッシュアイペディアより)

  • レッディ王国

    レッディ王国から見た農民農家

    このとき、レッディの指導者プローラヤ・ヴェーマ・レッディ(在位1325 - 1335)はアッダンキを拠点に、農民と牧畜民からなる大軍を組織し、デリー・スルタン朝の勢力に立ち向かった。レッディ王国 フレッシュアイペディアより)

  • 高 (土地生産力)

    高 (土地生産力)から見た農民農家

    また、戦国時代に入ると明の永楽通宝が関東を中心に普及し、良貨として選ばれた。年貢公事も永楽銭で徴収されることが多くなり、貫高は永高と変わった。永高はしかし貫高の一種であり、貫高制・永高制は極めて簡便だったが、全体の穫稲量すなわち生産高や耕地農民の取り分の考慮がないという欠点があった。高 (土地生産力) フレッシュアイペディアより)

  • 中倉清

    中倉清から見た農家農家

    鹿児島県肝属郡東串良村の農家の四男として生まれる。中倉家は士族であったが、明治維新後は農業で身を立てた。清が5歳とのときに父次吉が破傷風で死亡し、その後何年間か祖父母に育てられる。他の兄弟と違って清は気性が激しく、祖父の権蔵は自分の性格に似ている清を特に可愛がった。権蔵は1877年(明治10年)の西南戦争の際、刀を担いで西郷隆盛軍に加わろうとしたが、西郷軍は童顔を見かねて従軍を許さなかったという。中倉清 フレッシュアイペディアより)

  • 遊撃隊 (長州藩)

    遊撃隊 (長州藩)から見た農民農家

    文久3年6月(1863年7月)、高杉晋作が身分を問わない奇兵隊を創設すると、これに触発された来島又兵衛が同年10月に周防国宮市(現山口県防府市宮市)において、町人・農民・浪士らを組織して遊撃隊を結成、初代総督となる。土佐藩を脱藩した池内蔵太や中島信行、元天誅組の上田宗児らが加わっている。遊撃隊 (長州藩) フレッシュアイペディアより)

  • 荘家の一揆

    荘家の一揆から見た農民農家

    荘家の一揆(しょうけのいっき)とは、荘園公領制において、農民が荘園領主に対して年貢・公事の減免や非法な代官の罷免を求めた一揆のこと。荘家の一揆 フレッシュアイペディアより)

  • シプリアニ

    シプリアニから見た農家農家

    輸入された当時はヒンドスタンが日本の競馬界を席巻しており、父ネヴァーセイダイもシプリアニが輸入された1962年に英愛リーディングサイアーになったものの、日本ではまだ実績がなかった。それらの事情と自身の地味な競走成績が重なり、初期のころのシプリアニは、その産駒ともども大して期待をされていなかった。のちの代表産駒のトウメイは貧相な馬体から「ネズミ」と呼ばれ、中央入厩当初は担当厩務員がつかないという、期待馬とは程遠い扱いであった。ヒカルイマイにいたっては農家に片手間で育てられ、馴致すらされない有り様であったという。シプリアニ フレッシュアイペディアより)

  • 松岡忠男

    松岡忠男から見た農家農家

    鳥取県西伯郡大篠津村(現在の米子市大篠津町)の農家に生まれた。父は3歳頃渡米したので、母が中心で下男を雇って農業経営(養蚕業)をし、祖父は町の名誉職で毎日を費やしていた。松岡忠男 フレッシュアイペディアより)

  • フラミニオ・ベルトーニ

    フラミニオ・ベルトーニから見た農民農家

    1935年にシトロエンが小型大衆車開発のため立ち上げたTPV(Toute Petite Voiture 、超小型車)計画に、エンジニアであるアンドレ・ルフェーブルとともに参画した。これが後の傑作小型車「2CV」である。シトロエンの副社長(計画途中から社長)のピエール・ブーランジェ(Pierre-Jules Boulanger )がTPVに示した開発方針は「こうもり傘に4つの車輪を付ける」という突飛なものであり、正装した農民のために要求されたデザイン事項は、長身のブーランジェがトップハットをかぶって乗っても天井にぶつからないことであった。ベルトーニはイタリア人であったが戦中もTPVに関わり、1948年のサロン・ド・ロト(パリ・モーターショー)で「2CV」として発表された。2CVのデザインは当初その新奇性から「醜いアヒルの子」、「いわしの缶詰」等と酷評されたが、後にはその合理性から高く評価されるに至った。フラミニオ・ベルトーニ フレッシュアイペディアより)

  • 三大聖火

    三大聖火から見た農民農家

    三大聖火の序列第3位。農民階級の守護聖火。ザラスシュトラがホラーサーンで叙任。ネーウ・シャープフルにあった。943年まで燃えていたが、その後消息不明。三大聖火 フレッシュアイペディアより)

1526件中 131 - 140件表示

「農家」のニューストピックワード