1080件中 31 - 40件表示
  • 昭和

    昭和から見た農家農家

    太平洋戦争によって著しく落ち込んだ経済は、朝鮮戦争・ベトナム戦争をきっかけとして回復し、さらに1960年(昭和35年)から1970年代初頭(昭和40年代後半)まで高度経済成長を遂げ、アメリカ合衆国に次ぐ経済力と技術力を備えるようになった。その要因としては、農地改革や労組の拡大によってかつては貧しく、弱い立場に置かれていた労働者や農民が大消費者層として解放され、国内市場が戦前に比べて飛躍的に拡大したことや、産業の高い技術開発力が大きく作用し、家電、自動車などは国際的にもトップを争う位置にまで達したことが挙げられる。人々が豊かになるにつれ、生活と文化の洋風化・アメリカ化が進んだ。後にはそうした基盤の上に日本独自の文化が見直されるようにもなった。二度にわたるオイルショックを境に高度経済成長時代は終わり、安定成長時代を経てバブル景気へと突入した。昭和 フレッシュアイペディアより)

  • ギリシア神話

    ギリシア神話から見た農民農家

    人間の起源について古代ギリシア人は、神々が存在した往古より人間の祖先は存在していたとする考えを持っていたことが知られる。これはヘーシオドスの『仕事と日々』にもそのような表現が存在する。他方、『仕事と日々』は構成的には雑多な詩作品を蒐集したという趣があり、『神統記』や『女傑伝』が備えている整然とした、伝承の整理付けはなく、しかし、当時の庶民(とりわけ農民)の抱いていた世界観や人間観が印象的な喩え話のなかで語られている。ギリシア神話 フレッシュアイペディアより)

  • 三島由紀夫

    三島由紀夫から見た農家農家

    祖父・定太郎は、兵庫県印南郡志方村(現・兵庫県加古川市志方地域)の農家の生まれ。帝国大学法科大学(現・東京大学法学部)を卒業し、内務省に入省、内務官僚となる。1893年(明治26年)、武家の娘である永井なつと結婚。福島県知事、樺太庁長官等を務めたが、疑獄事件で失脚した(後に無罪の判決)。三島由紀夫 フレッシュアイペディアより)

  • ダマされて巫女

    ダマされて巫女から見た農家農家

    晴風の通う高校。家が農家の生徒が多いらしい。ダマされて巫女 フレッシュアイペディアより)

  • ヤコブ・キェルセム

    ヤコブ・キェルセムから見た農家農家

    彼は陸上選手以外では農家やスポーツジャーナリストとして活動しており、地元のスポーツ史についての本を出版している。ヤコブ・キェルセム フレッシュアイペディアより)

  • 農業集落

    農業集落から見た農家農家

    日本における農業集落は、農業を営む農家を中心とした村落構造の一種である。農業集落 フレッシュアイペディアより)

  • 緑軍

    緑軍から見た農家農家

    緑軍(ロシア語:')は、ロシア革命後のロシア内戦の時期に旧ロシア帝国領内外で活動した、農民やコサックを中心とした非正規の軍事組織の通称である。緑の蜂起軍()、緑のパルチザン()、緑色運動()、第三勢力(')とも呼ばれる。緑軍 フレッシュアイペディアより)

  • 神余の弘法井戸

    神余の弘法井戸から見た農家農家

    「昔々、この地に訪れた僧侶がある農家に立ち寄り、食事を求めたところ里人の快いもてなしを受けた。ところが出された料理には塩気がないものばかりだったため、里人に尋ねると塩が買えないと答えた。これを聞いた僧侶は礼に塩水を授けようと川に錫杖を突き刺し祈ると塩水が噴出し井戸ができた。後日、僧侶が弘法大師とわかり、里人は感謝の意をこめて無量山来仰寺を建立したという」。神余の弘法井戸 フレッシュアイペディアより)

  • 時の誘拐

    時の誘拐から見た農家農家

    漫画家志望の明るい青年。農家の離れを借りて自炊生活をしていた。昭和24年9月、その離れで自殺した。原因は厭世によるものとされた。高塔と知り合いだった。時の誘拐 フレッシュアイペディアより)

  • 麦秋

    麦秋から見た農家農家

    麦秋(ばくしゅう)とは、麦の穂が実り、収穫期を迎えた初夏の頃の季節のこと。麦が熟し、麦にとっての収穫の「秋」であることから、名づけられた季節。雨が少なく、乾燥した季節ではあるが、すぐ梅雨が始まるので、二毛作の農家にとって麦秋は短い。麦秋 フレッシュアイペディアより)

1080件中 31 - 40件表示

「農家」のニューストピックワード