1080件中 61 - 70件表示
  • 欠落

    欠落から見た農民農家

    江戸時代には幕藩体制維持のために主従関係の強化と貢租納付義務の貫徹は支配体制維持の観点から必要不可欠な方針であり、その実現のためには領民を居住地に固定化させることが前提となっていた。これに真っ向から反する欠落は領主側から見れば決して認められるものではなかった。欠落は重大な犯罪とみなされ、主君を持たない武士である浪人や農民・商人などの被支配民の欠落は厳しく取締の対象とされた。それでも、こうした欠落は江戸時代を通じて日本各地で発生していた。なお、主君に仕える一般の武士の出奔はこの発覚した時点で直ちにその家は改易処分となるのが通例で「浪人の欠落」扱いを受けた。更に藩によっては当主でなくても、元の当主である隠居や当主の母親の出奔であったとしても縁坐による改易処分を受ける例も存在したのである。欠落 フレッシュアイペディアより)

  • フォックスハウンド (犬種)

    フォックスハウンド (犬種)から見た農民農家

    キツネ狩りは雄鹿狩りに代わって興ったスポーツで、発足当時キツネは鹿とは違っていくら獲っても大丈夫であると考えられていた上、害獣であり農民を困らせることがしばしばあったため、スポーツ化して大々的に駆除をすることが考案されて行われるようになった。フォックスハウンド (犬種) フレッシュアイペディアより)

  • 米価審議会

    米価審議会から見た農家農家

    米価審議会(べいかしんぎかい)は、農林水産省の諮問機関としてかつて存在した審議会の一つ。農林水産大臣の諮問に応じて米価などの主要食糧の価格(農家から政府が買い入れる「政府買入価格(生産者価格)」(→生産者米価/生産者麦価)・政府が卸売に売り渡す「政府売渡価格(消費者価格)」(→消費者米価/消費者麦価))に関する基本方針を審議した。米価審議会 フレッシュアイペディアより)

  • 大庭政世

    大庭政世から見た農民農家

    大庭 政世(おおば まさよ、明治15年2月14日(1882年) - 昭和14年5月19日(1939年)は、島根県津和野町出身の農民運動家。日本初の産業組合病院の設立に尽力した。大庭政世 フレッシュアイペディアより)

  • バウシー・テリア

    バウシー・テリアから見た農夫農家

    主に闘犬として、犬同士で闘われるために使われていた。闘犬として用いられるのは攻撃性の高い雄犬で、1対1で激しい戦いを行った。時には相手が死ぬまで攻撃をやめさせないデスマッチが行われることもあった。バウシーを闘犬として用いたのは農作業を営む農夫が中心で、娯楽のひとつとして闘犬を催していたといわれている。この他、通常のテリア犬種と同じく地中猟犬としても用いられていた。作業形態はさまざまなものを訓練させることが出来たといわれるが、詳細は不詳である。バウシー・テリア フレッシュアイペディアより)

  • ハイダマーカ

    ハイダマーカから見た農民農家

    ハイダマーカの蜂起の主な原因は、ポーランド政府、カトリック系貴族、ならびにユダヤ系管理者が正教徒のウクライナ人に対して行った民族的・宗教的迫害であった。そのために、不満を募るウクライナ・コサック、聖職者、農民、農奴、町人、職人、芸人などが小規模な部隊を編成し、反政府の蜂起を繰り返した。ハイダマーカ フレッシュアイペディアより)

  • 隠れ穴

    隠れ穴から見た農家農家

    家そのものは、あちこちに部屋を継ぎ足していったような形状をしており、鶏小屋や牧場・果樹園もあるなど古風な農家のようでもある。魔法使いの家らしく、室内には(マグルから見れば)奇妙なものが多数置いてあるものの、全体的には質素である。隠れ穴 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木国博

    鈴木国博から見た農家農家

    神奈川県横須賀市の農家の家に生まれる。柔道を経験した後、「空手バカ一代」の影響で極真会館横須賀支部に入門。1990年の全日本選手権で敗れたことがきっかけで、職を辞し内弟子に。その後、全関東大会で2連覇を達成。鈴木国博 フレッシュアイペディアより)

  • 社会大衆党 (韓国)

    社会大衆党 (韓国)から見た農民農家

    革新政党の再建を目標に、旧進歩党幹部と民主革新党の一部が結集して結成された。1960年6月17日に創党準備委員会を組織、同年11月24日に発足した。結成宣言文では「4月民主革命の完遂を阻止・反転させようとする一切の反動勢力と、革命の進行を抑制・沈滞させ、狭小な党派的利益だけを得ようとする一切の日和見主義的保守勢力と果敢に戦うこと」を誓い、また、「農民・労働者・勤労インテリ・中小商工業者および良心的資本家などの代弁者となるも、それは決して階級主義的立場を意味しない」ことを明らかにし、「民主革命の完遂と平和的統一の実現及び民主的福祉社会の実現という歴史的民族的課題を担当、完遂すること」を決議した。また、政治綱領及び政策として社会大衆党 (韓国) フレッシュアイペディアより)

  • 岡山平野

    岡山平野から見た農民農家

    近世には1584年(天正12年)からその翌年にかけて岡山城(石山城)主の宇喜多秀家によって現在の早島町付近が開墾され、「宇喜多堤」が築造された。1620年代以降は備中松山藩による児島湾西岸の藤戸・天城・加須山(倉敷市)等の干拓を皮切りに、児島湾北岸の御野郡・上道郡で小規模な干拓が開始された。1640年代以降、財政難に見舞われていた岡山藩の石高増強策として大規模な新田開発が展開された。3代藩主池田光政に仕えていた津田永忠の指揮の下、幸島新田(岡山市東区)、沖新田(岡山市中区・東区)が開発され、1820年代には興除新田(岡山市南区・倉敷市)などが開発された。干拓地には領内出身を中心とした農民を入植させ、土地改良および塩害防止のため「堀田」と呼ばれる特殊な耕作形態がとられた。岡山藩の石高は31万5200石であったが、1854年(宝永8年)時点で12万1696石の収穫増加を達成した。この時代までに岡山平野には備前国の城下町として岡山が、備中国の物資の集散地として、また幕府の天領として倉敷が中心地となった。岡山城下は宇喜多秀家による旭川の付け替え、たたら製鉄に伴う「かんな流し」、樹木の伐採などの要因によって河床の上昇が続き、たびたび洪水に見舞われた。岡山平野 フレッシュアイペディアより)

1080件中 61 - 70件表示

「農家」のニューストピックワード