152件中 31 - 40件表示
  • 武建一

    武建一から見た辻元清美辻元清美

    2009年に辻元清美議員に1000万円を越える献金をしていた武建一 フレッシュアイペディアより)

  • 吉岡達也

    吉岡達也から見た辻元清美辻元清美

    1983年に、辻元清美らと共に創立メンバーとして、ピースボートを設立する。きっかけは、前年の「教科書問題」としている。中国や韓国や北朝鮮、フィリピン、ユーゴスラビアやアフガニスタンの紛争地域も含め、精力的に、現地を訪問している。旧ユーゴスラビア取材の体験を、「殺しあう市民たち」という単行本に、出版する。1996年に辻元清美が国会議員に転進してからも、代表格として、ピースボートの活動を担う。吉岡達也 フレッシュアイペディアより)

  • 田母神論文問題

    田母神論文問題から見た辻元清美辻元清美

    また政府が辻元清美衆議院議員の質問主意書に対し提出した答弁書では、論文の応募は「空幕長の職務として行ったものではなく、私人として行ったもの」とした。また、今回の投稿が「政治の方向に影響を与える意図で特定の政策を主張する」などの政治的目的には当たらず、自衛隊法で制限されている政治的行為にも該当しない」としながらも、「要職にある者は、私人の立場でも公的な立場での意見表明と受け取られるおそれがある」としている。また鈴木宗男衆議院議員の質問に対して提出された答弁書では「(論文では)先の大戦に関して政府認識と明らかに異なる見解が述べられているほか、(集団的自衛権をめぐる)憲法に関する重要な事項について不適切な形で見解を述べている」と指摘。その上で「論文発表は、防衛省・自衛隊への国内外からの信頼を著しく傷つけた」としている。田母神論文問題 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤公一

    加藤公一から見た辻元清美辻元清美

    2009年の第45回衆議院議員総選挙では前回敗れた木原を破り、4選。鳩山由紀夫内閣で法務副大臣に任命され、菅内閣でも再任。2010年9月、菅第1次改造内閣発足により法務副大臣を退任し、内閣総理大臣補佐官(国家戦略及び国会対策担当)に就任。同年10月、 菅直人の後任の民主党東京都連会長に就任した。2011年1月発足の菅第2次改造内閣でも首相補佐官に再任されたが、東日本大震災の発生を受け、前内閣官房長官の仙谷由人が内閣官房副長官に起用され、仙谷の起用に伴い官房副長官の藤井裕久は首相補佐官に転じた。首相補佐官の定員は5名で、当時加藤の他に寺田学、細野豪志、芝博一、辻元清美の4名の首相補佐官が置かれていたため、藤井の首相補佐官就任に伴い、入れ替わる形で加藤が首相補佐官を退任した。加藤公一 フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ニュースペーパー

    ザ・ニュースペーパーから見た辻元清美辻元清美

    主な役は鳩山由紀夫、麻生太郎、安倍晋三、橋下徹、金正日、石破茂、玄葉光一郎、野田佳彦、河村たかしなど。辻元清美、ヒラリー・クリントンなど女性役も演じる。ザ・ニュースペーパー フレッシュアイペディアより)

  • ロンQ!ハイランド

    ロンQ!ハイランドから見た辻元清美辻元清美

    「押忍!花の四文字応援団」で、応援団の団長「団長介」を担当。最初は鉢巻姿で男らしかったが、次からは鉢巻が無くなり、七三頭、辻元清美の物真似を織り交ぜる。部下には、ガッツ博人とファイト晶太がいる。ロンQ!ハイランド フレッシュアイペディアより)

  • 鳩山由紀夫内閣の歴史

    鳩山由紀夫内閣の歴史から見た辻元清美辻元清美

    福島瑞穂が閣僚を罷免されたことを受け、社民党が全国幹事長会議で連立解消を決定。これに伴い辻元清美国土交通副大臣も翌31日に辞任した。鳩山由紀夫内閣の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の政治

    2011年の政治から見た辻元清美辻元清美

    27日 - 前年に社民党を離党した辻元清美衆議院議員が民主党に入党。2011年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 文化芸術懇話会

    文化芸術懇話会から見た辻元清美辻元清美

    さらに、同日に行われた衆議院我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会の審議では、民主党の寺田学と辻元清美が、内閣総理大臣の安倍晋三らに対して報道の事実確認を求め、認識などを質問した。報道された事実について、安倍は「確認していない」などと答えたため、午後の審議冒頭にて衆議院我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員長の浜田靖一が「(報道された)そのような趣旨の発言があったことが分かった」と認め「甚だ遺憾だ」と発言した。文化芸術懇話会 フレッシュアイペディアより)

  • 朝はトコトン菊水丸

    朝はトコトン菊水丸から見た辻元清美辻元清美

    各界を代表する論客が曜日ごとに電話で出演した。月曜日は当時長野県知事であった作家の田中康夫、火曜はノンフィクションライターの家田荘子、水曜は吉本興業所属のタレント西川のりお、後にプロ野球解説者の福間納と交替となった。木曜は芸能リポーターの梨元勝。金曜は衆議院議員であり、菊水丸とも親交の深かった辻元清美が出演したが秘書給与流用疑惑が週刊新潮によって報じられ、本人はこのコーナーのでその報道を否定していたが、その翌週から番組もしくは菊水丸と辻元本人との連絡がとれなくなり、そして再び出演することはなかった。後日、菊水丸の携帯電話に辻元本人からのメッセージが吹き込まれ、菊水丸はその録音を番組内でそのまま流したため辻元との間で若干軋轢が生じることとなった。(その後の辻元の経過は辻元清美秘書給与流用事件の項を参考のこと。)その後金曜は新たに当時吉本興業常務であった木村政雄の担当となった。しかししばらくして木村は吉本興業を退社することとなり、そのためこの電話出演もともに終了となった。また木村はこの件とは無関係でこの番組への電話出演をすっかり忘れ出演しなかった、ということがあった。そしてその後金曜は、当時大阪府知事であった太田房江が出演することとなった。朝はトコトン菊水丸 フレッシュアイペディアより)

152件中 31 - 40件表示

「辻元清美」のニューストピックワード