92件中 31 - 40件表示
  • 慰安婦の年表

    慰安婦の年表から見た辻元清美辻元清美

    3月16日 日本政府は閣議において、社会民主党の辻元清美の慰安婦問題に関する質問主意書に対して、「政府が発見した資料の中には、軍や官憲によるいわゆる強制連行を直接示す記述は見当たらなかった」とする答弁書を出す。慰安婦の年表 フレッシュアイペディアより)

  • 服部良一 (政治家)

    服部良一 (政治家)から見た辻元清美辻元清美

    2009年:第45回衆議院議員総選挙に比例近畿ブロック単独で立候補する。社民党は比例近畿ブロックで1議席を獲得したが、大阪府第10区で当選した辻元清美以外の重複立候補していた小選挙区の候補者の得票が全員、有効投票総数の10%を下回ったため当選資格を失い、比例名簿の下位(4位)に登載されていた服部が初当選した。。服部良一 (政治家) フレッシュアイペディアより)

  • 林省之介

    林省之介から見た辻元清美辻元清美

    2002年に大阪10区選出の辻元清美が議員辞職したことにともなう補欠選挙で当選した松浪健太とコスタリカ方式を採ることが決まったが、2003年の第43回衆議院議員総選挙では比例下位にランクされて落選した。林省之介 フレッシュアイペディアより)

  • 石坂啓

    石坂啓から見た辻元清美辻元清美

    ピースボート主宰者で政治家の辻元清美とは個人的にも親交が深く、お互いの著書に推薦文や後書きを寄せあったりしている。辻元の秘書給与詐欺事件に際しては灰谷健次郎と共に、「裁判を支える会」の呼びかけ人を務めた。石坂啓 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本岳志

    宮本岳志から見た辻元清美辻元清美

    2004年参院選では現職にもかかわらず、社会民主党や新社会党支持者を中心に「辻元清美を非自民・護憲・平和の統一候補として当選させるために、出馬せず引退し、辻元支援に専念せよ。それができないのは独善的・セクト主義的で党利党略だ」と意見する者があった。しかし、辻元が秘書給与詐欺により執行猶予中であった上、彼女が社民党大阪府連会長時代より「自衛隊も安保も認めない共産党は無責任」と批判してきたこと、共産党の政党交付金(政党助成金)受領拒否を「ポピュリズム」と批判していることとなどを理由にこれを拒否。「こんな人物を推すことを『護憲共闘』と言い放ち、そんな発言をすることを『進歩的』だと思いこんでいる人たちの人格を疑う」と自身のサイトで強い不快感を露にした。結果は、辻元は71万8千票、宮本は44万2千票と両者落選し、辻元は自民党の北川一成に1万7千票差で及ばなかった。宮本岳志 フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ニュースペーパー

    ザ・ニュースペーパーから見た辻元清美辻元清美

    主な役は鳩山由紀夫、麻生太郎、安倍晋三、橋下徹、金正日、石破茂、玄葉光一郎、野田佳彦など。辻元清美、ヒラリー・クリントン、など女性役も演じる。ザ・ニュースペーパー フレッシュアイペディアより)

  • 大分県第2区

    大分県第2区から見た辻元清美辻元清美

    第42回以降、衛藤対重野の戦いが続いている。第45回は重野が民主党・国民新党の協力も受け初の選挙区当選、大阪10区・沖縄2区と共に、社民党が議席を持つ選挙区の一つとなった。ただし、この選挙後に大阪10区の辻元清美が社民党を離党し、同党が議席を持つ選挙区は2つに減った。大分県第2区 フレッシュアイペディアより)

  • 小田実

    小田実から見た辻元清美辻元清美

    一貫して市民の立場をとることを信条としている。左翼と見做される場合が多い。マルクス主義には懐疑的で、「マルクス主義における党組織論は、カトリックと似ている」、「マルクス主義者は真理を独占していると考えているが、人間の行動の動機は、財産欲による場合よりも性欲による場合が多い」などと述べている。代々木ゼミナールの講師として、大学浪人中だった辻元清美を、左翼運動界へとスカウトした。2005年の衆議院議員選挙では、土井たか子が事実上の政界引退を表明したことに遺憾の意を表し、社会民主党支持を明らかにしている。小田実 フレッシュアイペディアより)

  • 幹事長

    幹事長から見た辻元清美辻元清美

    副幹事長- 辻元清美、古本伸一郎、若井康彦、小川淳也、津田弥太郎幹事長 フレッシュアイペディアより)

  • 戸田久和

    戸田久和から見た辻元清美辻元清美

    秋田県立秋田高等学校から大阪大学人間科学部に進学。在学中は新左翼のノンセクト・ラジカルとして学寮廃止阻止などの運動に従事。卒業後、連帯ユニオンの委員などを経て、1999年門真市議会議員選挙に立候補、最下位で当選。所属会派はないが辻元清美らの支援を受ける。2003年の門真市議会議員選挙ではトップ当選し、二期目を務める。かつては「鮮烈市民派」と称していたが、現在は「鮮烈左翼」と称している。戸田久和 フレッシュアイペディアより)

92件中 31 - 40件表示

「辻元清美」のニューストピックワード