152件中 61 - 70件表示
  • 万景峰号

    万景峰号から見た辻元清美辻元清美

    1992年6月より主として日本の新潟と北朝鮮の元山の間に就航(不定期)していた(片道27時間)。旅客輸送では、在日本朝鮮人総聯合会(朝鮮総聯)が窓口となり、取り扱うのは、在日朝鮮人の祖国訪問(親族訪問等)や親戚への物資の輸送、朝鮮学校の修学旅行等であった(後に入港禁止につき運行停止)。元山・新潟間とは別に、神戸港からの在日朝鮮人の里帰りや朝鮮高級学校の修学旅行に伴う航行を行ったことがあるほか、朝鮮総連など日本人を含む日本在住者による北朝鮮を支持する団体等も北朝鮮訪問に使用していた。後に衆議院議員となる辻元清美等が設立したピースボートは、1996年に万景峰号をチャーターし運航した事がある。この時は、旅客に加えていわゆる「苦難の行軍」と呼ばれる食糧不足を支援する物資も積載しての航行であった。元山・新潟間の国際航路では、一般向けの乗船募集(商業運航)は行っていない。2005年に平壌の金日成スタジアムで開催される予定であったサッカーワールドカップアジア地区最終予選の北朝鮮対日本戦を観戦する一般日本人向けに、乗船を受け入れる計画があったが、第三国開催・無観客試合となった為、実施されなかった。万景峰号 フレッシュアイペディアより)

  • 辻元よしふみ

    辻元よしふみから見た辻元清美辻元清美

    辻元清美衆院議員とは縁戚関係はないが、早大時代に「弟さんですか」とよく聞かれたという。辻元よしふみ フレッシュアイペディアより)

  • 丸川珠代

    丸川珠代から見た辻元清美辻元清美

    2015年7月13日、自民党のネット番組「平和安全法制のナゼ?ナニ?ドウシテ?」で「ピースボートに乗った民主党の辻元清美が自衛隊に守ってもらった」と発言。辻元から「乗船もしていないし、指示もしていない」と抗議を受け、謝罪に追い込まれた。丸川珠代 フレッシュアイペディアより)

  • 2018年名護市長選挙

    2018年名護市長選挙から見た辻元清美辻元清美

    現職市長の稲嶺に対する候補者の人選は難航の末、現職5期目の名護市議会議員の渡具知武豊への推薦が決まり、無所属で自由民主党、公明党、日本維新の会の推薦を受け初出馬した。選挙に際して渡具知陣営には二階俊博自民党幹事長、菅義偉内閣官房長官、小泉進次郎自民党筆頭副幹事長ら政権幹部が続々と応援に入り、小泉は「知事と政府の代理戦争ではなく、町づくりのための政策論争だ」と強調し、「もう代理戦争は終わらせよう」と訴えた。一方の稲嶺陣営は翁長知事ら「オール沖縄」勢力に加え、志位和夫日本共産党委員長、小沢一郎自由党代表、吉田忠智社民党党首、増子輝彦民進党幹事長、辻元清美立憲民主党国対委員長、山本太郎自由党共同代表などが応援に入り、基地移設反対を訴えた。2018年名護市長選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 宮崎岳志

    宮崎岳志から見た辻元清美辻元清美

    憲法改正と集団的自衛権の行使に反対。2016年の安保法の衆院採決の際にも玉木雄一郎、辻元清美、大串博志、泉健太らとプラカードを掲げて猛反対した。宮崎岳志 フレッシュアイペディアより)

  • 阿比留瑠比

    阿比留瑠比から見た辻元清美辻元清美

    2011年3月16日および同21日付産経新聞朝刊掲載の論評記事の中で、辻元清美議員が1992年のカンボジア視察で復興活動をしていた自衛官に侮辱的な発言をし、阪神大震災の被災地では反政府ビラをまいたと、一部インターネット掲示板上でのみ流布している虚偽情報をあたかも事実であるかのように書いた。辻元はこれについて事実無根の記事を掲載され、名誉を毀損されたとして産經新聞社と阿比留に対し3300万円の損害賠償を求めて提訴した。阿比留瑠比 フレッシュアイペディアより)

  • 内閣総理大臣夫人秘書

    内閣総理大臣夫人秘書から見た辻元清美辻元清美

    安倍昭恵内閣総理大臣夫人の活動に関する質問主意書 辻元清美、2017年2月27日内閣総理大臣夫人秘書 フレッシュアイペディアより)

  • 水野和夫

    水野和夫から見た辻元清美辻元清美

    2015年12月9日には憲政記念会館において、辻元清美議員の「政治活動20年へ、感謝と飛躍の集い in 東京」という政治資金規正法に基づく資金集めのパーティに参加している。水野和夫 フレッシュアイペディアより)

  • 萩野浩基

    萩野浩基から見た辻元清美辻元清美

    島根県鹿足郡津和野町(旧津和野町域)にある曹洞宗の寺院・永明寺に生まれる。世田谷学園中学校・高等学校、駒澤大学卒業を経て、1970年(昭和45年)早稲田大学大学院政治学研究科修士課程を修了。玉川大学、共立女子大学、駒澤大学、早稲田大学などの講師を経て、1977年(昭和52年)東北福祉大学助教授となり、1979年(昭和54年)東北福祉大学教授。同大学長補佐を経て、1994年(平成6年)から東北福祉大学学長を務める。この他にもロンドン大学、セントオラフ大学客員教授、早稲田予備校講師(英語)なども歴任。南京師範大学名誉教授。中華人民共和国国務院哲学博士。早稲田大学時代のゼミ生には辻元清美・山本譲司などがいる。萩野浩基 フレッシュアイペディアより)

  • 中川智子

    中川智子から見た辻元清美辻元清美

    1996年(平成8年)10月20日の第41回衆議院議員総選挙で、社会民主党公認で比例近畿ブロックから出馬し初当選。当時の社会民主党党首であった土井たか子の影響を強く受け、福島瑞穂、辻元清美、保坂展人、北川れん子らと共に「土井チルドレン」と呼ばれた。2000年の第42回衆議院議員総選挙では兵庫6区から出馬。選挙区では保守新党の小池百合子(現:東京都知事)に敗れたが、重複立候補していた比例近畿ブロックで復活し、再選。社民党では政策審議会副会長を務めた。中川智子 フレッシュアイペディアより)

152件中 61 - 70件表示

「辻元清美」のニューストピックワード